秋の遠足(年中組)

カテゴリー: 未分類

2017年 10月
幼稚園では、毎年秋に遠足があります。
今年は、先陣を切って年中組が園で一番初めに出かけました。

場所は、今年開館したばかりのマリホ水族館。
「夏休みに行ったよ」という子も数多くいましたが、
友だちと一緒に行く遠足は、また格別な楽しみがあります。
いよいよ、館内入口です。 ドキドキ…

館内は暗く、子どもの画像がほとんど撮れませんでしたが、

海の中の生き物たちの動き・表情に心躍らせ、

ドキドキ・ワクワクしながら

水槽に顔を近づけて見学している

子どもの息遣い、表情を

想像しながら画像を進めてください(苦笑)


なんと、団体事前予約特典、飼育員さんのお話とダイバーさんのショー

このダイバーさんが今から水槽に入られます。



わー、魚の動きが変わってきました。


さっきまでじっとしていたトラフザメが…

子どもたちの眼前を縦横無尽に泳いでくれた魚たち

ダイバーさんの実験、小松菜と鯵…魚はどっちをよく食べるかな?

わーーー、ダイバーさん、ピンチ!!!

園の子どもたちが、水槽のまん前を独り占めして見ることができました。

ダイバーさん、ありがとう~、バイバーイ ♡

なかなか見ごたえのあるショーでしたよ ☆

友だちと見る鯉だって、お家の人と見るのとは
また、一味も二味も違って楽しいものでした。

マリーナで秋の澄んだ空のもと、お弁当タイム

ふと空を見上げると、なんと、
飛行機2体でクロスするような飛行機雲がありました。

「海賊 X が僕らを探してるんじゃ!!」
運動会で踊った海賊の踊りや物語が
子どもの中ではまだまだ続いている様子…

今日の楽しかった遠足の体験も、
まだまだこれからの園生活に続いていきますよ~
作品展をお楽しみに!!

楽しかった運動会、その後

カテゴリー: 未分類

2017年 10月
先月末、幼稚園では秋晴れの青空のもと、
運動会が行われました。

子どもたちにとっての一大イベントである運動会は
とても充実したものであったようで
運動会後は運動会ごっこを何度もやって遊びました。





年長さんの競技だったつなひき

年少さん、年中さん、
がんばれー





「たーまいれ、する人
   よっといで~~~」

大賑わいの
玉入れ競争!!!






年少さんのお化け忍者の踊り、師はかわいいうめももさん ♡

年中さんのやった魅力的なバルーン、

みんなでやるとぎゅうぎゅうだね ☆

憧れのポンポンを手に

レッツゴー ♪ いいことあるさ~♪

いぇーい、決まったぜ!!


年長さんは、小さい組さんを慈しみながら…
年中さんは、来年への期待を高めながら…
年少さんは、楽しさを感じた初めての運動会…

それぞれの思いで取り組み楽しんだ運動会を、
またそれぞれの思いで再現した
運動会ごっこでした。
その思い、次年度へつづけ!

夏から秋へ

カテゴリー: 未分類

2017年 9月

比治山大学構内、幼稚園園庭の、
あちらこちらに
彼岸花が咲きました。


日照り続きだったり、
逆に雨が多かったりと
その年その年によって、
色々な天気があるのに
彼岸花ってスゴイですよね、
必ず彼岸を忘れず咲くのですもの。

毎年彼岸花を見ては、不思議だなぁと感心してしまいます。


季節は、夏から秋へと巡っています。

今、園で子どもたちは、月末の運動会に向かって
全力投球で過ごしています。

園で最後の運動会となる年長さん、
チャレンジ精神モリモリです。
その年長さんを横目に憧れいっぱいで張り切っている年中さん。
初めて運動会に参加する年少さん
当日どんな楽しさを知るのでしょう?





それぞれの学年が、それぞれの思いで取り組む運動会、
おうちの方、ご近所の方、来年度入園予定の皆様、
どうか精一杯応援してくださいね!!!

広島東洋カープ 優勝おめでとう

カテゴリー: 未分類

2017年 9月

この日がやってまいりました!!

皆様、カープ2連覇
おめでとうございます。

子どもたちと、『ばんざーーーい』

子どもたちはいつも
カープの話題で大賑わい



「先生、バットとボール出して!!」
新聞ボールに新聞バット
色画用紙の応援旗はためかせ

子どもたちも先生たちも一緒に
カープ優勝の喜びを味わいました。

次は、クライマックス  応援、頑張ろうね!!




おめでとうのお赤飯に『V8』 
 誰のお弁当かな?ウフフ

卒園児の岩本貴裕選手!
幼稚園の保護者 職員
子どもたち、みな一丸となり
『カープ』を、
『岩本選手』を応援しています。
今までも、これからも!!!


「うちの選手は諦めないんですよ」
緒方監督の言葉にあるように「
うちの園児も諦めない」
遊びのこと…友だちとのことも…
優しさ、思いやり、心の強さ


『いきいき のびのび どきどき』
カープの選手のように大きくなっていきたいです!



ビオトープ観察会(2回目)

カテゴリー: 未分類

2017年 9月

2学期になり、お弁当も始まりました。
園生活のリズムをすっかり取り戻し、
身近な虫や葉っぱなど
夏から秋に変わりゆくものへの関心が
高まりつつある今日この頃。

昨年、幼稚園にビオトープを作って下さったカジオカ L.A.さんが、
今年2度目のビオトープ観察会を開いてくださいました。

この季節ならではの生き物の
関心がむくむくと
出始めていた
タイミングでの観察会。

子どもたちのためにと、
捕ってきてくださった生き物を
運び込まれると、
すぐに梶岡先生や、

清田先生、葉名先生の
周りに集まり…

「どこで捕まえてきたんですか?」
「これ、なんていう虫ですか?」
「こんなに大きいのは、
まだ幼稚園にはおらんのんよ」
「これ、噛みますか?」
……etc.



子どもたちの質問が
次から次へと飛び出します。

生き物に愛情たっぷりな
先生方ばかりですので、
一緒になってその興奮を感じながら
子どもたちの質問に、ひとつひとつ丁寧に答えてくださいます。

あまりに関心を示す姿に、
更なる関心を…と、
虫メガネを貸してくださいました。





















今回の観察会では、清田(せいた)先生が
メダカやヤゴ、オタマジャクシなど
水の中に住む生き物の説明。
葉名(はな)先生は、
土に住むミミズやダンゴ虫、
カナヘビなどの

お話をしてくださいました。


「こうやって、土をふるうとね…」

「ダンゴ虫が出てきたよ!!」







「さぁ、次は何が出てくるかな?」


















そのものへの関心の大きさがしっかり伝わってきます。




「なんで、~なるのでしょう?」

「どうして、~なっているのでしょう?」





先生方のお話は、センスオヴワンダーをかきたてられ

子どもたちの心は不思議、感動、でいっぱい

五感を通して触れること、そしてそこに疑問を持てるということ。

大変うれしい姿です。

今回も、一人に一匹ずつ生き物を放流してあげられるように、と

人数分の生き物を準備して下さっていて、

子どもの手によって、幼稚園のビオトープに放たれました。

幼稚園を棲みかとして生活を始めていく生き物たち
淋しくないように
見守り続けていこうね ♡

今回も、有意義な観察会を開いてくださった梶岡先生を始め、
清田先生、葉名先生には、感謝の想いでいっぱいです。
ありがとうございました。









































幼稚園2学期スタート

カテゴリー: 未分類

2017年 9月
幼稚園 2学期が始まりました。
夏休み中にも朝顔は、毎日のように花を咲かせ、
カブトムシは、
このように暮らしました。


そして、行く夏を惜しむかのように
たくさんたくさん卵を産み落としてくれました。

カブトムシ、世代交代です。

総勢約110匹の幼虫たちが、みんなと一緒に
まだまだ大きくなっていきますよー!!


狭い虫カゴでは窮屈か?と、
大きなお家にお引越し~
幼虫たちは、すぐにこの住処を
気に入ってくれたのか、
見る見るうちに土の中に
潜り込んでいきました!




さくらの森では、ぼさぼさに伸びていた枝をカット
すこーし、すっきりしたの、分かります?


さて、子どもたちはと言えば、にっこにこの笑顔で登園してきてくれました。
夏休みにあれした、これした、あそこ行った、ここ行った…etc.

話題は尽きることなく、おしゃべりの嵐(笑)でした。

ホールでの始業式では、
日に焼けた引き締まった顔が
お兄さんお姉さんらしく映り、
夏の経験が

子どもを大きくしてくれたことが
伝わってくるようで
大変うれしかったです。














子どもたちの張り切り度合いもアップ ↑



今日から年少 年中 年長
一人ずつ新しいお友だちが
入りました。

緊張しながらもはきはきと
自己紹介してくれました。
今日からよろしくね~




大学の子ども発達教育学科の
教育実習も始まりました。








始業…
子どもの様子、表情、心持ち…
1学期の始業とはがらりと
雰囲気の違ったものでした。

『 理由もなく会えるのが友だち ♡ 』


子どもと共に、心豊かな日々を過ごしていきたいと思っています。
今学期もどうぞよろしくお願いいたします。



オープンキンダーガーテン(リトミック)

カテゴリー: 未分類

2017年 8月
幼稚園では、2歳児親子対象(来年度入園年齢親子対象)に
オープンキンダーガーテンを開催いたしました。

保育室では、積み木遊びや魚釣り遊びを楽しみました。











魚釣り、楽しいな・・・


大きい魚が釣れるかな?














おっ!! 釣れたよ!!













今回は当大学の馬杉知佐先生をお招きして
『親子でリトミック』を行いました。



感覚を使った運動を
音に合わせて
おうちの方とのスキンシップ ♡

子どもも親も笑顔が広がります。






            














ふわふわの
オーガンジーを使って・・・










          

布を揺らしたり飛ばしたりかぶったり・・・















『子どもの笑顔は親の喜び』

親の喜びは鏡となって
子どもの心と共鳴し合います。
園で大事にしていきたいと
考えていることを
短時間ではありますが、
皆さんと共に味わえたこと、
とてもうれしく思います。
参加者の皆様、ありがとうございました。


来年度 入園予定の方対象の入園説明会があります。
1回目・・・9月15日(金) 10:00~11:00
2回目・・・9月21日(木) 10:00~11:00

*** 願書配付は9月15日(金)からです ***
*** 願書受付は10月3日(火)です ***

どうぞ、お越しください。お待ちしております。
問い合わせ : ℡082-229-5581

オープンキンダーガーテン

カテゴリー: 未分類

2017年 7月

幼稚園では、2歳児親子対象(来年度入園年齢親子対象)に
オープンキンダーガーテンを開催いたしました。

大学構内にある小さな森の茂みをくぐり抜けると…幼稚園です。

第一回目は、『プールで遊ぼう』
みんなが揃うまで、室内で積み木や魚釣りをして遊びました。


さぁ、水着に着替えて レッツ!!プール遊び!!

大賑わいのプール遊び

チャプチャプお水が心地よい ♡

参加者の皆様、とても暑い日でしたがありがとうございました。
第2回目は、8月20日(日曜日)
当大学短期大学部幼児教育科の馬杉知佐先生をご招致し、
『リトミックで遊ぼう』を予定しています。
是非是非ご来園ください。(ご予約下さい ℡082-229-5581)

年長組 おとまり会

カテゴリー: 未分類

2017年 7月
年長組では、一学期終業式の後
再度登園して、
おとまり会に参加します。
見送りするおうちの方のほうが、心配顔?!…

おとまり会では、自分たちの活動となっていけるよう
係を決め、できるところは子どもたちで進行していきます。
「おとまりかい、はじまります。まずはおやつです!」

おやつを食べて、カレーの準備に取り掛かります。

おいしいカレーを作るぞ!!


野菜もうまく切れたぞ!!










カレーができるまで大学アリーナで遊んだよ!


おーー!! なつかしのバルーン

年中の時より、力が強くなったね~☆

体操したり、

先生たちと、動くかごへの玉入れをしたり…

幼稚園に戻ってからは、お風呂プールタイム!!

プールおさめも兼ねて、プールの掃除もしました。

辺りも薄暗くなってきてカレーも出来上がりました。

みんなで食べるカレーはおいしい ♡
夜のお楽しみ会では、
係のお友だちがなぞなぞを出してくれたり、先生の手品があったり


そうこうしているところに
な・な・なんと
エス81星からやってきたという
将棋マンからの手紙が届きました。

将棋の駒を落としてしまい
園中を探して
集めてきてくれないか?
という依頼・・・

「え??夜の暗やみの中を…?」






ドキドキの中をいざ、暗やみへ…


「ねぇ、先に行ってみてよ…」
「無理よ、こわいもん」

「どうする…?」
「どうしよう…」


無事に駒を探し集め、ホッ
皆で屋上から眺める夜景や星空のなんと美しいこと


誰と寝ようか、どこで寝ようか…ソワソワ、ドキドキ


みんなで描いた星空の世界を見ながら眠りにつきます。

いっぱい遊んで、ぐっすり眠った子どもたち

朝は、元気にラジオ体操!!

さぁ、朝ご飯ですよ。


おいしく朝食をいただき、
大好きなみんなと遊んだら
もう、お家の方がお迎えに来る時間…

年中時そして、年長なりたての頃は、
「おとまり会、いやだ」と言っていた子も、
日が経つにつれ、また、
友だちとの仲間関係が深まっていくにつれて、
「一緒に寝ようね」 「花火楽しみだよね」などという気持ちに変わっていく過程を
目の端に入れながら当日を迎えました。

始まってしまえば、
あっという間に終わってしまったおとまり会。
「おとまり会、もう一回したい」という頼もしい言葉が
あちらこちらから聴こえてきました。

おうちの方におかれましては、大きなご心配もおありでしたでしょう。
一回りも二回りも大きくなった子どもたちをやさしく温かく
迎えて下さりありがとうございました。

夏がやってきた!!

カテゴリー: 未分類

2017年 7月
梅雨明け間近と思われる今日この頃
園庭の木々からは、
賑やかなセミの歌声が聞かれるようになりました。

そんなある日、
「せんせーーーい、ちょっと来て~~~」

見るときれいなセミの抜け殻が…
近くに…いたいた

また、子どもたちの植えた朝顔もぐんぐん伸びて…


開花し始めました。

「おはよう朝顔」と書かれた種を買ってきていたので、
子どもたちも、「おはよう朝顔が咲いてるよ!」と
興奮気味に教えてくれたり、

「おはよう」 「おはよう」 と花に声を掛けている子どももいました。


クラスでも飼育していたカブトムシの幼虫が
次々と成虫に変化していきました。

しかし、飼育ケースの土が少なすぎた年中組の幼虫は、
蛹室を作ることができずに
地表で蛹になり始めてしまいました。


あわてて、人工蛹室を作りました。

しかし、羽化不全で動かなくなってしまったカブトムシもいました。

卒園児の保護者から、譲っていただいたモリアオガエルの卵塊
職員が、たゆまぬ努力で霧吹きで湿らせた結果、

卵塊からズルッズルッと、オタマジャクシが生まれ出てくれました。
いきなり、ビオトープという天敵の住む世界への放流は
過酷かもしれない…と考えた過保護な(苦笑)私たちは、
まず水槽で少し成長させ放流しました。

生き物を飼育するということはとても難しく
私たちも日々反省と勉強の繰り返しでした。

一学期終わりの子どもを取り巻く自然環境は、
夏休みへのワクワクを、一歩も二歩も後押ししてくれるような
出会いになりました。

一学期終業式を行いました。
長い夏休み、
元気で過ごそうね!
と園長先生。

いつも園のことをよくしてくれている
年長さんに
年中『歯をみがきましょう』、
年少『バスごっこ』
歌のプレゼントをしました。

保護者の方におかれましても、
今学期もたくさんのご協力とご支援
ありがとうございました。


児童文学者の石井桃子さんの言葉をもって
一学期を終えようと思います。


【 子どもたちよ。
子ども時代をしっかりとたのしんでください。
おとなになってから、老人になってから、
あなたを支えてくれるのは子ども時代の『あなた』です』 】