保育参加がありました

カテゴリー: 年中, 年少, 年長
2012年 秋 戸外に一歩足を踏み出すと、目にしない時はないくらい 園庭のあちらこちらで、 見かけただんご虫。 今では、すっかり影を潜め、季節は確実に 移り変わっていることを 感じさせられます。 そんな、寒空の中、手のひらに一匹のだんご虫を乗せ じっと観察している 子ども二人。 「こんなに寒くなってきた のに、まだいたのね・・・」 純粋に感動し、そう言葉を添えました。 その後、小枝や枯葉で、お布団や遊び場を作り、            さらにそのだんご虫の観察を続ける二人。 単に、観察という一言では括りきれない あたたかく・・・ほのぼのと・・・ゆったり・・・豊かな・・・ そんな時の流れを過ごしているようでした。

幼稚園で、毎年、この時期に行っている、「保育参加」 「保育参観」でなく、「保育参加」 保護者の方に、子どもの園生活に実際に入り込んでいただき、 子どもの感じる楽しさや、悔しさ・葛藤・感動などの、 心の体験をしっかり感じていただける、大切な時間・・・と 位置づけて行っています。

毎日、少人ずつ、 一緒に運動会ごっこ、製作・縄跳び・鬼ごっこ・集まりの活動・・・ その日その日の遊びに加わっていただいています。

            ~ 保護者の方のコメントより ~

◎子どもたちの想像は、膨らんで、想像した世界に入り込んで、考えて、感じて・・・本当、子どもたちの心・頭の柔軟さ、豊かさとを、思い知らされました。無知から始まったことが、どこまでも無限大に広がるんですね。 ◎いやーーー子どもって元気ですね。数年ぶりに本気で走りました。 大人になると、本気で何かをするって、なかなかないような・・・ 保育参加って本当、色々な体験をすることができて、ある意味、貴重です。 その時に、同じ空間に、同じ体験をすることで、心があったかくなったり、 不安でドキドキしたり、リアルタイムで見ることができて、私も感じることができます。ただ、たくさん子どもがいるので、自分のまわりの様子しか分かりませんが、後ろにもめがあったらなぁと・・・(笑) ◎カプラ、ほしくなりました(笑) カプラで遊ぶ子に入っていると、一人黙々と組み立てる子・組み立てて、さらにそれで遊ぶ子・お友だち3~4人と、家や人形に見立ててごっこ遊びをする子・ゲームのように順々に積み上げる子・・・と個性様々。人間関係もそれぞれ。 感覚や、創造力・集中力など、寝ているばかりの乳幼児から考えると、成長って、人間って面白いなと思いました。   保護者の方には、限られた短い時間の中ではありましたが、           子どもと共に流れるその時間に          どっぷり浸かり、寄り添っていただき、    また、その中から、多くの学びを得てくださり、感謝しています。                お疲れさまでした。

消防自動車がきたよ~

カテゴリー: 未分類

2012年11月 『平成24年秋季全国火災予防運動』期間にちなんで、 比治山大学で、広島市東消防署による消防訓練が行われました。 幼稚園の子どもたちも、ぜひ見学に・・・との お誘いを受け、参加しました。 大きなはしご車、救急車、ポンプ車など、大集合! 訓練とは、分かっていながらも、 とてもドキドキしながら見学しました。 「わっ、大変!!火事だ!」 「逃げ遅れた人を救出!!」在館者 無事 救出! 「あーーーよかったぁ・・・」 続いて、消防隊員の緊急脱出訓練 地上5階の屋上からロープをつたって 即行脱出 その姿は、あまりに精悍で、カッコよく、 緊迫した雰囲気の中、子どもたちは 羨望の眼差しでした 子どもたちは、思わず 「握手してください!」 せっかくだから、触らせてもらおうよ~ へえーこんなに大きいのか~ タイヤも大きいなぁ~

最後に、はしご車と記念にパチリ 消防隊員の方々に 「これからも、東区のことを守ってください!」と お願いすると、 「分かりました 頑張ります!」と 心強い言葉を言ってくださいました。 緊張感漂う消防訓練の見学は、 大変貴重なものでした。

かっぱまつり  (作品展 その後)

カテゴリー: 年中, 年少, 年長

作品展で、展示した年長さんのかっぱの世界

子どもたちは、かっぱのお祭りというイメージを持っていたようで、 『かっぱまつり』を開いて、年少さん・年中さんを招待してあげようと いうことになり・・・ かっぱの好物であるきゅうりを始め、 きゅうりジュース(笑)、かっぱキャンディー(笑)を作り、 おもてなしをすることになりました。 かっぱのお面も作って、かっぱ一色!!

さあ、かっぱ祭りのはじまり~ 「いらっしゃい!いらっしゃい!」 まずは、かっぱの好物、きゅうりの大放出だよ~

「かっぱの世界の入口まで、案内致します~」

「こちらは、かっぱ特製きゅうりジュースです」 「飲んだ人にしか味わえない(笑)おいしさだよ!」 「こちらは、かっぱキャンディー」 「お好きな味を、お一つどうぞ!」 「おいしいよ~」 「うまいな~」 「うーん  このジュース  最高!!」「どんな味?」 「ウフフ・・・」

年長さん扮する かっぱたちのおもてなしによる かっぱ祭りは 盛会裏に終わりました。

展示に使っていた教室は、やっぱりないと不便だね、 でも、作品はどうする?どうしようか? もったいないけど・・・ さようならしようか・・・ かっぱたちは、ホールに引っ越ししようや

作品展という一つの大きな活動は、 最後、子どもたちの手により片づけをし、 心に大きな満足感を残して、終わりました。

作品展(年長 かっぱの世界)

カテゴリー: 年長, 行事

10月下旬 作品展がありました。

年長のこの時期は、 友だちと共通の目的に向かって、工夫したり、協力したりして、 遊びを進めていこうとするようになっています。 そんな子どもたちにとって、この時期の作品展では、 かっこうの腕の見せ所!!

梅雨時期より、かっぱについて盛り上がっていた子どもたち。 幼稚園を賑わせている、この、かっぱたちを作ろう!と いうことで、今年のテーマは、 子どもたちの意見、全員一致にのもと 『かっぱの世界』に決定!!

そうと決まってからの子どもたちの勢いたるや、すざましい! 擦り切れるほど読み込んでいる大好きな妖怪図鑑の かっぱのページを参考に、 設計図を書き、作っていくことに・・・

さあ、かっぱの世界へ・・・ようこそ~ まずは、河童絵巻物でいろいろなかっぱについて紹介 かっぱの世界には、あおあお沼とあかあか沼があるそうな あおあお沼の入口

恐怖の大ガッパ カエルガッパ サルガッパ あかあか沼の入口 ひとつめガッパ 鬼ガッパ よっぱらいガッパ 深い沼に、今も住みつく かっぱたち・・・自分たちで作ったにもかかわらず、予想以上の出来栄えに 「こわいよねぇ」 「夜になったら動くんじゃないのか?」 「首が傾いとったで!」 「やっぱり!動いた証拠よ!!」 そんなやりとりはさすが、子どもならでは、です。

ひとつひとつ、色、材料、形、大きさなど こだわりにこだわり、話し合いに話し合いを重ねたからこそ ここまで満足のいくかっぱたちに仕上がったのだと思います。

秋の遠足~♪

カテゴリー: 年中, 年少, 年長

2012年10月から11月にかけて       各学年ごとに、遠足に行きました。 毎年、それぞれの学年の子どもの興味や、経験させてみたいこと ・場所を選んで、遠足の時期、場所を決めています。

年長組では、広島市現代美術館 「ス・ドホ特別展示」への見学 まずは、段原側より、スカイウォークへ・・・ 長ーいエスカレートに、ドッキドキ、 「こわーい!」 「下を見ない方がいいよ」 「手をつないであげる」・・・ 到着後は、係の人の話を真剣に聞いて、いざ入館!!

一つ一つの作品について、 子どもたちに大変わかりやすい説明をしてくださり、 大きな関心のもと、見進めていくことができました。 年中組は・・・広島市森林公園に行きました! 「うわぁ~、見て見て~」 年中さんも、この時期になると、友だちとの共感もいっぱい

わんぱく橋に挑戦!! な・な・なんと、36メートルのつり橋です 大きな行事を終えたこともあってか、頼もしさの感じられる年中さんです。 森林公園での楽しみの一つ・・・草すべり マイ段ボールのそりで、「いやっほーー!!」年少さんは、広島市安佐動物公園です! 先生と、子どもたちだけで、行く初めての園外 「わーーーーいたいた!」 あっちでも、こっちでも、手摺にかじりついて、 動物さんをしっかり見たよたくさん見学した後は、おいしいお弁当とおやつタイム おやつ交換も、とても盛り上がったようです 秋は、戸外で過ごすのにとても心地よいですね クラスや、学年の友だちとの『遠足』という共通体験が、 また、明日からの園生活に豊かに繋がっていくといいなと 思っています。