冬のある一日

カテゴリー: 未分類

2012年12月初旬

思いがけず、幼稚園に積雪がありました。 ひと足早い、サンタさんからの贈り物でしょうか? 幼稚園の園庭に、子どもたちの歓喜が湧き上がりました。 「積雪」・・・と言っても、ここは、東区。 雪遊びをするには、限度があります。 が・・・ 遊びの名人の子どもたちにかかっては、ほら、ご覧の通り

  なんたる  かわいい ゆきだるま    

子どもたちは、幼稚園の寒い場所もよく分かっていて、 寒い北風が吹くと、 「明日は、氷が出来るかもしれん」と、 ゼリー容器や、卵パックに、しこしこと水を張り、 氷作りもやっていますよ。

今月は、もうまとまった積雪は、期待できそうにありませんが、 1月・2月の、雪遊び・・・楽しみです!!!          

おひさまクラブ サンフレッチェ サッカークラブ

カテゴリー: 年中, 年長

幼稚園では、親子の触れ合いを目的とした、 おひさまクラブという活動があります。 おひさまのようにあたたかく皆さんに親しんでいただける 有意義な場になることを願い、 幼稚園や大学の施設で、 お子さんと一緒にイベントに参加したり、 思い切り遊んだりという活動です。

2012年12月 今回は、『親子で楽しく遊ぼう』と題して、 大学のアリーナを使って、鬼ごっこやボール遊びなどを、 サンフレッチェのコーチと一緒に体を動かして遊びました。

寒い時期、友だちとのサッカーが盛り上がってきた幼稚園生活 ちょうど、サンフレッチェ広島が、Jリーグで優勝したことも重なり、 参加した子どもたちも保護者の方も、 ワクワク感たっぷりで、クラブに、参加されました。 年中・年長と時間を分けて、活動しました。

前半は、年中さん まずは、コーチのあいさつから・・・   それが 終わると 早速 親子で、 ウォーミングアップ      かっこいいユニフォームに身を包まれると、              気分はすっかり、プロサッカー選手!!!      「ぼく かっこいいでしょ」  「似合うね!」           実際にボールに触れさせて もらい、 ボールと仲良し、友だちに なったよ! 保護者の方も、子どもとの遊びに集中し、自分も楽しむぞ!と 思う意気込みもあるからか、とてもいい表情です。 後半の、年長さん開始 サッカー教室だからでしょうか? 構えるポーズ一つとってみても、様になっていますよ! お家の方も、こんなに盛り上がっています         お家の方が 心底 楽しんでいるから・・・   子どもたちも、 ますます楽しく なるのです♪♪♪何事にも、本物に触れるということは、大切なことですね        子どものやる気にも火が付きます! よし! かかってこい!!!っという感じ?(笑)

サンフレッチェさん、ありがとうございました! ますますのご活躍、期待しています。

参加された子どもたち、お家の方々、 よい時間を持つことが出来てよかったですね

やきいも大会!!!

カテゴリー: 年中, 年少, 年長
2012年  下旬

待ちに待ったやきいも大会 やきいも大会では、毎年、年長さんが主になって進めていきます。 やきいも大会に向けて、年少さん・年中さんをお迎えするために チケットを作ったり、やきいも大会をお知らせするための ポスターを描いたり、おいも販売のための袋を作ったり、 やる気満々で、準備を進めて行きました。

「よーし チケット、作った!」 「ポスターも、 貼った!!」

「チケット配りにも行ったよ!!!」

「落ち葉や、枯れ木もたっぷり集めた!!!!」

やきいもコーナーも出来上がり、後は、当日を待つのみです。 さぁ、おいもを入れる準備も万端となり・・・ この状態にしたところで焼いたおいもは、本当に美味しいのです。

「年長さん、出番ですよー」 「よーし!おいしい おいもにするぞー」 「小さいクラスさんは、火に近付くと危ないから任せてね!」 「お兄ちゃんたちが、投げ入れてあげるよ。」 「わぁ、年長さんって頼もしい」 あっという間に焼きあがりました! アルミをはがすと・・・・・ほら、黄金に輝く やきいもです。 年長さん扮するおいも屋さんに、 来ました、来ました、小さなお客様 待ちきれない~という年少さんの声が聞こえてきそうです。 「はい、チケットいただきますネ!」「熱いから気を付けて食べるんだよ」 「皮をむいてあげようか?」 優しく接してもらった年長さんに・・・ ほら、この笑顔 ニンマリが止まりません(笑) 年中さんは、年少さんより一つ大きいこともあり、 出来ることも増えてきているので、皮むきだって頑張るぞ~ 「も~~!!!ほくほくでおいしいよ~」 「しあわせ~!!」 年長さんにとっては、幼稚園最後のやきいも大会 幼稚園のあらゆる場所で、頂きました。

田舎の里山あたりで、 ばぁちゃんがおやつに、と焼いてくれた焼き芋を、 近所の子供らが、隣の子も、また隣の子も・・・と 集っていただく、そんな感覚。 こういう体験が、子どもにとっての原体験となり、大きくなった時に、 その体験をポケットから取り出してくれるような時間になれば・・・

                        いよいよ お待ちかね! 年長さんは、第2部『何でも焼き大会』 ということで、子どもたちが、焼いてみたいものを考え、 残りの炭火で、焼いて食べることに・・・ コーンにマシュマロ、お餅にクッキー、するめに魚肉ソーセージ、 カステラやおにぎりを焼いて食べました。 砂糖が焦げて、園庭中甘い匂いが漂い、 いつまでも食欲のとどまりを見せない子どもたちでした。          

現園舎に見守られて行う焼き芋大会は、今年で最後。 古くて、色々なところにガタも来ているけれど ”どっしり” とした風格で、 子どもたちをあたたかく包んでくれているようでした。 子どもたちにとっても、今、目にする風景を心のほんの片隅に 残していてくれたらなぁと思います。

『子どもの頃に見た風景が、ずっと心の中に残ることがある。 いつか大人になり、さまざまな人生の岐路に立った時、 人の言葉ではなく、 いつか見た風景に励まされたり、勇気を与えられたりすることが きっとあるような気がする。』                    ( 引用  写真家 星野 道夫 )

おいも掘り

カテゴリー: 年中, 年少, 年長

2012年 11月上旬

6月に植えたサツマイモの収穫時期となりました。 前日、いも畑に様子をに行ってみると、 大きなおいもが出来ている予感・・・

さぁ!掘るぞ~ 見て見て~こんなの掘れたよ!
うわぁっ・・・持ちきれないや・・・ じゃじゃーーーん  こ~んなに!!

掘った後、年長さんは、おいものはかりっこ! グループ内で、一番大きいおいも 一番小さいおいも 一番面白いなと思う形のおいも さぁ、選んでみよう!

えーーーっ?! こんなに小さいおいも、はかれるかなぁ?

  「先生! 何グラム???」  おいもの重さに 興味深深 一方、年中さんでは、掘ったおいもをお家に持って帰る準備        (私…どのおいもにしようかしら…)             私は、このおいもに決めたわ!             面白い形でしょう・・・うふふ

うーーーん  大きすぎて、なかなか入らないよぅ 家庭生活の中で育つこと・・・ 集団生活の中で育つこと・・・ 子どもたちと、日々、生活する中で、それらを確かめながら、 豊かな環境を整えていけたらと思います。