待ちに待った焼きいも会

カテゴリー: 未分類

2016年 11月

おいもほりから約3週間、雨による順延で更に3日延び、
子どもたちの楽しみへの持続力に感心しながら当日を迎えた
今年の焼きいも会。


待ちに待っただけあり、子どもたちのソワソワ、ドキドキという、
心の高まる音が聴こえてくるほどの姿でした。



現業のおじちゃんのすることなすことに興味津々

燃え上がる焚き火の炎を年少は、屋上テラスから見学!

前日に、新聞紙とアルミホイルで包んで準備していたおいもを…
年長は、勇ましく自分たちの手で投入!


年中年少は、年長児にお手伝いしてもらい…

さぁ、ここから、いもが焼けるまでの間、大芸能大会(?!)

さぁ、寄ってらっしゃい!見てらっしゃい!!



神楽あり、ポンポンあり、ダンスありの中…


お待ちどうさま、
焼け上がりました!!!






ここからがまた大忙しだよ、年長さん

焼きいも屋さんに扮して、お客を待ちます。

看板作りも楽しんで作ったね、年長さん!
「やきいもさん」ゆるキャラまで登場(笑)

おいもチケットには、いも版画スタンプを押して返してくれました。

小さい組に接する年長児の立ち居振る舞いは、
心が身につけてくれている…そんな年長児の姿です。


焼きいも屋さんのおかげで、みんなおいもを手にすることができ早速いただきます


「あーおいしい」 「先生、おいしいね!」
その「おいしい」に込められた言葉は、
単に味だけのことを言っているのではないような、
そんな幸せに満ち溢れた表情でした。
年長さん、ありがとう!!






年長児は、自分の好きな場所で、
達成感を感じながら
芋をほおばる…

この秋の一日を、心のポケットにしまい、
大きくなった時に取り出してみるときが
いつか来るのかな?


去年の年長児が、
記念樹として残してくれたジューンベリーの葉が、
燃えるように紅葉していた秋の一日・・・

音楽会

カテゴリー: 未分類

2016年 11月

年少児では、廃材や木の実を使って作ったマラカス、
年中児でも、廃材で作ったギターやギロ、ピアノに太鼓。
それをそれぞれのクラスで使って遊んでいました。

先日の出張神楽をきっかけに、見る楽しみ、見てもらう楽しみを
感じ取りはじめた子どもたち。
クラスでの遊びも次第にクラスの垣根を越え、
誰かに見てもらいたいと思うようになり、
担任たちで相談して音楽会に
繋げていくことにしました。


まず、ステージに現れたのは、年中さん。

曲目は、「きのこ」 「さんぽ」
ピアノも笛もギターも実際は音は出ないのに、
それぞれの楽器から奏でられる音色がちゃんと聞こえてくるようでした。

年少年長の大勢のお客の前で、嬉しいやらちょっぴり恥ずかしいやら…

「お次は、年少さん、ステージにどうぞ!!」と呼ばれ

喜び勇んでステージへ…



「山の音楽家」
「勇気100%」の2曲を
楽しく合奏しました。







・・・とそこへ、やってきたのは
年長組大芝神楽団

ステージ上、ステージの下へと
縦横無尽に大暴れして、
音楽会に花を添えてくれました。


あらあら、続いて年長児スマイルチームが踊りの待機


最後の決めポーズ、頑張って!!

そして、最後に流星のごとく現れたのは年長児ダンスチーム


激しく、熱く、心のままに…(笑)
先生たちは、こんなやる気でかわいい子どもたちの姿を
笑いなくしては見られないのです。(笑)(笑)(笑)

年少、年中さんの音楽会に、単に招かれただけのはずの年長児が、
一番主役的な催しになっちゃたね…(すみません)と、年長担任。

いいえ、何をおっしゃいますやら。
身も心も開放的に過ごし、園生活自体を謳歌している年長児のこの姿こそが、
異年齢児に見せてあげたい姿の一つ。

好きな場所で好きな友だちと好きな遊びをする時間は大事。
でも、こんなこともあるんだよと他に目を向けてみることで
新たな好きが見つかるきっかけになる…
そういった集いの時間も大切な時間です。
次は、どんな遊びが始まっていくのかな?


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出張神楽

カテゴリー: 未分類

2016年 11月

幼稚園で起こる色々なことに、
わくわくさせられっぱなしの毎日

さて今日は・・・

 年長さんを中心に盛り上がって
いる「神楽」の遊び

初めは、自分たちがするだけで
楽しかったのですが、

次第に見てもらいたい
気持ちが高まり・・・

しかし、他学年はそれぞれの遊びに夢中、
そこで考えたのが
「出張神楽」

四角に切った広告がチケットとして次々に年少児に配られました。

「いつ、はじまるん?」  「チケット持ったよ!」
そこへ現れたのが・・・

「大芝神楽団とは、俺たちのことよ~~」



年少組全員そして教育実習生をも、とりこにした神楽団、
握手を求められ、応える態度はヒーローさながら・・・

憧れた年少児、年長さんをお手本に
早速神楽のまねごとが始まりました。




そんな最中、年中さんのお部屋からは楽しげな音楽が聴こえてきます。

お客さんを呼んで…の手作り楽器演奏会が開かれていました。


よほど気に入ったのか、年少児だけでも
何度も何度も神楽が続きます…



見てもらうこと、聴いてもらうこと
子どもたちだけでなく、大人だって
楽しいもの、嬉しいもの。
そして何より満足感もたっぷり
得られます。

年中さんの音楽会も継続して
楽しんでいることもあるし、

全学年で集合してみようかな…
(音楽会でも開いてみよう)
先生たちの心の声です。







秋の遊び(年中組のある一日)

カテゴリー: 未分類

2016年 11月
今年は、遅くまで暑い日が続き、秋への訪れがとてもゆっくりでしたね。
秋は、紅葉した葉っぱや、
たわわに実った木の実

いい具合に乾燥した砂など、
自然の遊び環境がたくさん整うため、

色々な遊びが繰り広げられ、
遊びの深まりを見せてくれます。

今日も園庭では、年中さん、
何やら思いついたようです。














年中さんも、友だちと相談しながら
ひとつのものを

一緒に作り上げることが
楽しめるようになってきます。



葉っぱのお皿に泥だんごをのせて・・・
子どもたちは「おはぎだ!」と大喜び ♡













   
そんな匂いを嗅ぎつけて・・・
年長さんや、先生たちも買いに来ました!

「これ、おいしそうですね!」
「おいくらですか?」

あら、こちらでは木の枝に葉を通して、一体何が始まるのでしょうか?

それにしても、真剣な姿! 声を掛けるのもためらわれます…

室内を覗けば、秋の壁面をバックに演奏会が行われていました。

演奏者の前に、ずらりと並ぶお客さま!

お客さまの中には、
年長児も交じっており、
年中さんのやる気を
引き出してくれています。

見てもらうのって、楽しい ♡
「そうだ!」
「音楽会を開こう!!」
早速チケット作りが始まりましたよ!


明日は、誰とどこでどんな遊びが続くのだろう・・・
一人一人が昨日の続きを心ゆくまで楽しむ。
昨日から今日へ、今日から明日へ・・・
遊びの深まり、人とのつながり、
見守っていきたいです。

おひさまクラブ(サンフレッチェサッカー教室)

カテゴリー: 未分類

2016年 11月
幼稚園では、土曜日を利用して
幼稚園や大学の施設で
親子の触れ合いを目的とした活動、
おひさまクラブという時間を
不定期で設けています。

今年は、サンフレッチェサッカークラブの方々に、サッカー教室を依頼し
開催しました。

(今回は、活動内容を考慮し、
年中年長児に限らせていただきました)

本日のコーチ紹介に続き、早速体を慣らしていきます。


大好きなおうちの方と触れ合って
遊ぶことは、
子どもにとってこの上に楽しみ


お家の方にとっては、
そんな子どもたちとの

遊びを通して、
日頃の運動不足解消…と

いったところでしょうか?

ボールを使って遊びます。

ゼッケン付きのチームカラーの服を身にまとえば、
あらあら、皆さん、なかなか様になっていますよ!

コーチの見事な足さばきで、足元にうまく届けられたボールを触ることが楽しくて…

子どもたちは、広い大学のアリーナを駆け回りました。

「よく頑張ったね!」 「楽しかったね!」と声を掛けられ、握手!

コーチとのハイタッチ、そしてお土産までもらい大満足の子どもたちでした。

サンフレッチェさん、来シーズンも頑張ってください!!

「頑張るぞー!!オー!!!」


<おまけ>

この日は、カープ優勝パレードもありました。
カープ、来年こそは日本一!!

秋の遠足(年長組)

カテゴリー: 未分類

2016年 11月
秋の遠足
いよいよ、年長児の番が来ました。
場所は…無料キャンペーンのお誘いが来たこともあり(苦笑)
広島の新観光スポット『おりづるタワー』



行きは、アストラムラインに乗って・・・

ワクワクが止まらない
嬉しさいっぱいの子どもたちです!!









公共の場で歩くことも、
年長児なら安心してみていられます。
ハノーバー庭園で遊びました。





「四つ葉のクローバー、
     見つけたよ」

 

 





ひとしきり遊んだらさっそく、お弁当タイム






いよいよメインのおりづるタワーへ・・・レッツゴー!!!

スロープを歩いて上がり、着いた場で目にした景色に歓喜の声。




街の中心部への遠足、

そこを、大好きな友だちや先生とともに歩く中、
お家の人と歩いた時とは違う楽しさや、面白さが感じられたことと思います。













年長児にとっては、この秋の遠足が幼稚園で
最後の遠足になりますが、
歩きながら子ども同士の会話の中に「あ~~~、年長で良かった~~ ♡ 」
という声があったそうです。

何がどうよかったか・・・は、(??)ですが、
そう感じることのできる時間があることが私たちにとっての幸せです。
楽しかったね、年長さん!








 

すくすくまなびの広場

カテゴリー: 未分類

2016年 秋
未就園児の交流の場としての『すくすくまなびの広場』
秋は、芸術の秋にちなんで、
『クレパスで遊ぼう!』というプログラムも設け活動しました。



色々なクレパス遊びができるようにと、
さまざまな形の紙や、塗り絵、大きい紙を用意してみました。

さまざまな環境が目の前にあった時、
もしも自分が1歳児や2歳児だったらその環境に関わって
どのようにいくのだろうか・・・
そして、周りの大人の言葉、対応がどう影響するんだろうか・・・
そういうことを考えることがあります。

何かを始める、しようとする意欲は、外の世界にまず一歩足を踏み出して・・・
子どもの好きなこと楽しめること・・・何かのきっかけに繋がれば、と思っています。

是非、すくすくまなびの広場にお越し下さい。
お待ちしております!!!

季節は秋へ・・・(公開保育研究会)

カテゴリー: 未分類

2016年 11月初旬
秋・・・町の気配もすっかり秋色
ちょっぴりおしゃれでもしようかしら…
そんな気持ちにさせられる秋
幼稚園でも、色々な所にたくさんの秋の訪れがあります。

落ち葉を集めて遊んだ跡があったり、
腰を据えて地面に向き合って描いたお絵かきの跡があったり…

子どもの拾ったどんぐりや松ぼっくり
収穫したおいもを色々な所に飾りおしゃれします。
教室もすっかり秋の装い
<年少>

<年中>

<年長>










子どもたちが、それぞれに秋を感じ
楽しんでいる様子が目に浮かびます。






拾った葉っぱやどんぐりでの
遊びも、『秋』ならでは・・・です。



















そんな今日この頃、
(社)広島市私立幼稚園協会主催の
公開保育研究会が当園で
行われ、
朝からたくさんのお客様が
来園されました。



今年度も、引き続き当園の重点目標に掲げている

「人とのかかわり」という主題に基づいた保育
普段そのままの様子で活動する姿を見ていただきました。
<年少児>

<年中児>

<年長児>

園舎のあらゆるところに、年長主催の焼きいも会のポスターが貼られ、
年少・年中児は、当日を待ちわびています。





焼きいも会で使うおいもチケットを
年長児が
届けに来てくれました。







園庭の木々も、少しずつ色付いています。


子どものものの見え方、子どもの見ている世界に
しっかり心を寄せて、秋の季節の深まりと共に、
子どもとの関係性、子ども同士の関係性を
深めていける保育を展開していけるよう
努力していこう!そう感じさせられる研究会でもありました。

(社)広島市私立幼稚園協会の役員のみなさまを始め、
研究会にご参加のみなさま、
ありがとうございました。

保育参加後半戦

カテゴリー: 未分類

2016年 下旬
作品展を挟み、後半戦の保育参加が始まりました。
後半からは、年少さんの保育参加も始まります。

  保育参加とは、参観とは違い、保育を観るだけでなく
   保護者の方に保育の中に入っていただき一緒に活動していきます。
  参加は、「共に過ごす」 「一緒に体験する」 「同じことを感じる」という
   横の関係で子どもに接してもらいます。

  今年度は、年中・年長さんは午前中、
    年少さんはお弁当から降園までの午後、行います。




年少さんは、一緒に楽しいお弁当をいただくところからはじまります。
「見て!見て!」
「卵入っとるよ ♡ 」
「おにぎり、おんなじー ♡ 」

会話も弾みます!

この日ばかりは、限られた時間を子どもと共に…との思いで
保護者の方も子どもの目線に立った見方で
どっぷり子どもの遊びの世界に入ってくださいます。

今年度は、午前中を共に過ごす年中さん年長さんは、
登園後からの遊びの推移を一緒に体験していただきます。



大きくなってくると、子どもたちの日頃の遊びにおうちの方も入れてもらう…と
いった形の参加の仕方になってくることが多いです。



子どもと同じものを持ち子どもと同じ動きをする中で、
子どもが何を感じ、どんな世界を楽しんでいるのか、
何に困り、どうやって解決していこうとしているのか…などなど
表面的には見えにくいことを、肌で心で感じ取ってくださいます。
そこに、保育参観でなく保育参加の意義があると考えています。

今年も、保育参加お疲れ様でした。

おいもほり

カテゴリー: 未分類

2016年 下旬
イノシシ被害、畑の状況・・・などなどこの3年間、不作続きだったおいもほり。
今年こそはどうにか・・・との思いで、はたけに柵を立て、
イノシシ対策も万全に見守ってきたいもの成長。
今年もいもほりの季節を迎えました。

ここまで無事に育ったいもの葉を見るのは久しぶり(苦笑)



植物の栽培での醍醐味は、
やはり何と言っても、
『収穫の楽しみ』

豊作~とは言えませんでしたが、
芋のつるを必死で引っ張ること、
土の間からいもの頭が
見えた時の喜び、
優しく掘り起こし収穫した瞬間…

それらを、少しでも
味わわせてあげられたことは
よかったなぁと思います。


ものを育てるということ・・・なかなか難しいです。
肥えすぎた土も良くなくて天候の問題もあり、なかなか収穫に至るには大変です。
難しいからこそ次こそは・・・とも思えるのですね・・・

しかし、前向きな子どもたちは次の楽しみに向かってワクワクしています。
年長さん主催の焼きいも会・・・
みんなで収穫したおいもを、みんなで頂く喜び。
どんな舌鼓が聴こえるのか、私たちも楽しみです!!