オープンキンダーガーテン(リトミック)

カテゴリー: 未分類

2017年 8月
幼稚園では、2歳児親子対象(来年度入園年齢親子対象)に
オープンキンダーガーテンを開催いたしました。

保育室では、積み木遊びや魚釣り遊びを楽しみました。











魚釣り、楽しいな・・・


大きい魚が釣れるかな?














おっ!! 釣れたよ!!













今回は当大学の馬杉知佐先生をお招きして
『親子でリトミック』を行いました。



感覚を使った運動を
音に合わせて
おうちの方とのスキンシップ ♡

子どもも親も笑顔が広がります。






            














ふわふわの
オーガンジーを使って・・・










          

布を揺らしたり飛ばしたりかぶったり・・・















『子どもの笑顔は親の喜び』

親の喜びは鏡となって
子どもの心と共鳴し合います。
園で大事にしていきたいと
考えていることを
短時間ではありますが、
皆さんと共に味わえたこと、
とてもうれしく思います。
参加者の皆様、ありがとうございました。


来年度 入園予定の方対象の入園説明会があります。
1回目・・・9月15日(金) 10:00~11:00
2回目・・・9月21日(木) 10:00~11:00

*** 願書配付は9月15日(金)からです ***
*** 願書受付は10月3日(火)です ***

どうぞ、お越しください。お待ちしております。
問い合わせ : ℡082-229-5581

オープンキンダーガーテン

カテゴリー: 未分類

2017年 7月

幼稚園では、2歳児親子対象(来年度入園年齢親子対象)に
オープンキンダーガーテンを開催いたしました。

大学構内にある小さな森の茂みをくぐり抜けると…幼稚園です。

第一回目は、『プールで遊ぼう』
みんなが揃うまで、室内で積み木や魚釣りをして遊びました。


さぁ、水着に着替えて レッツ!!プール遊び!!

大賑わいのプール遊び

チャプチャプお水が心地よい ♡

参加者の皆様、とても暑い日でしたがありがとうございました。
第2回目は、8月20日(日曜日)
当大学短期大学部幼児教育科の馬杉知佐先生をご招致し、
『リトミックで遊ぼう』を予定しています。
是非是非ご来園ください。(ご予約下さい ℡082-229-5581)

年長組 おとまり会

カテゴリー: 未分類

2017年 7月
年長組では、一学期終業式の後
再度登園して、
おとまり会に参加します。
見送りするおうちの方のほうが、心配顔?!…

おとまり会では、自分たちの活動となっていけるよう
係を決め、できるところは子どもたちで進行していきます。
「おとまりかい、はじまります。まずはおやつです!」

おやつを食べて、カレーの準備に取り掛かります。

おいしいカレーを作るぞ!!


野菜もうまく切れたぞ!!










カレーができるまで大学アリーナで遊んだよ!


おーー!! なつかしのバルーン

年中の時より、力が強くなったね~☆

体操したり、

先生たちと、動くかごへの玉入れをしたり…

幼稚園に戻ってからは、お風呂プールタイム!!

プールおさめも兼ねて、プールの掃除もしました。

辺りも薄暗くなってきてカレーも出来上がりました。

みんなで食べるカレーはおいしい ♡
夜のお楽しみ会では、
係のお友だちがなぞなぞを出してくれたり、先生の手品があったり


そうこうしているところに
な・な・なんと
エス81星からやってきたという
将棋マンからの手紙が届きました。

将棋の駒を落としてしまい
園中を探して
集めてきてくれないか?
という依頼・・・

「え??夜の暗やみの中を…?」






ドキドキの中をいざ、暗やみへ…


「ねぇ、先に行ってみてよ…」
「無理よ、こわいもん」

「どうする…?」
「どうしよう…」


無事に駒を探し集め、ホッ
皆で屋上から眺める夜景や星空のなんと美しいこと


誰と寝ようか、どこで寝ようか…ソワソワ、ドキドキ


みんなで描いた星空の世界を見ながら眠りにつきます。

いっぱい遊んで、ぐっすり眠った子どもたち

朝は、元気にラジオ体操!!

さぁ、朝ご飯ですよ。


おいしく朝食をいただき、
大好きなみんなと遊んだら
もう、お家の方がお迎えに来る時間…

年中時そして、年長なりたての頃は、
「おとまり会、いやだ」と言っていた子も、
日が経つにつれ、また、
友だちとの仲間関係が深まっていくにつれて、
「一緒に寝ようね」 「花火楽しみだよね」などという気持ちに変わっていく過程を
目の端に入れながら当日を迎えました。

始まってしまえば、
あっという間に終わってしまったおとまり会。
「おとまり会、もう一回したい」という頼もしい言葉が
あちらこちらから聴こえてきました。

おうちの方におかれましては、大きなご心配もおありでしたでしょう。
一回りも二回りも大きくなった子どもたちをやさしく温かく
迎えて下さりありがとうございました。