夏から秋へ

カテゴリー: 未分類

2017年 9月

比治山大学構内、幼稚園園庭の、
あちらこちらに
彼岸花が咲きました。


日照り続きだったり、
逆に雨が多かったりと
その年その年によって、
色々な天気があるのに
彼岸花ってスゴイですよね、
必ず彼岸を忘れず咲くのですもの。

毎年彼岸花を見ては、不思議だなぁと感心してしまいます。


季節は、夏から秋へと巡っています。

今、園で子どもたちは、月末の運動会に向かって
全力投球で過ごしています。

園で最後の運動会となる年長さん、
チャレンジ精神モリモリです。
その年長さんを横目に憧れいっぱいで張り切っている年中さん。
初めて運動会に参加する年少さん
当日どんな楽しさを知るのでしょう?





それぞれの学年が、それぞれの思いで取り組む運動会、
おうちの方、ご近所の方、来年度入園予定の皆様、
どうか精一杯応援してくださいね!!!

広島東洋カープ 優勝おめでとう

カテゴリー: 未分類

2017年 9月

この日がやってまいりました!!

皆様、カープ2連覇
おめでとうございます。

子どもたちと、『ばんざーーーい』

子どもたちはいつも
カープの話題で大賑わい



「先生、バットとボール出して!!」
新聞ボールに新聞バット
色画用紙の応援旗はためかせ

子どもたちも先生たちも一緒に
カープ優勝の喜びを味わいました。

次は、クライマックス  応援、頑張ろうね!!




おめでとうのお赤飯に『V8』 
 誰のお弁当かな?ウフフ

卒園児の岩本貴裕選手!
幼稚園の保護者 職員
子どもたち、みな一丸となり
『カープ』を、
『岩本選手』を応援しています。
今までも、これからも!!!


「うちの選手は諦めないんですよ」
緒方監督の言葉にあるように「
うちの園児も諦めない」
遊びのこと…友だちとのことも…
優しさ、思いやり、心の強さ


『いきいき のびのび どきどき』
カープの選手のように大きくなっていきたいです!



防災センター見学(年長組)

カテゴリー: 年長

2017年9月

幼年消防クラブ研修行事の一環で、
年長児は、広島市防災センターへ行ってきました。


カープ優勝の翌日ということで、
職員の方がハイタッチで
迎えてくださいました!!

手のひらには
「カープV8」の文字が書かれていました。



まずは講義室でお話を聞きました。
みんな真剣です!!

「サル太郎 地震には負けないぞ」
というDVDも見ました。
屋外で地震がきたら・・・
屋内で地震がきたら・・・
サル太郎と一緒に学びました!!

そして、実践!!!

 火事の避難訓練では、
実際に煙がもくもく出ている中を
姿勢を低くして、壁づたいに歩いて行く事を
教えていただきました。

偽物と分かっていても、ドキドキ・・・



全員非常口まで辿りついたら、
非常用の滑り台で、安全な場所へ二次避難!!



避難する時は、安全に、迅速に、ということから
手は胸の前で交差し、足は閉じることをよ~く守っていました。


~地震体験~


地震の部屋では、実際に揺れを感じ、身を守る練習をしました。
震度1から震度6までの揺れを体験・・・
集中しているからか、震度1でも素早く避難する子が続出・・・(笑)
真剣に取り組む姿に拍手をいただき、子どもたちもとても誇らしそうでした☆


そして、憧れの消防車にも乗せていただきました!!





我ら、ちびっこ消防団!!!
今日乗った消防車は、数年前まで現場を走っていたそうです。
特別な体験に、今日一番の笑顔が輝いていました☆



消防車をバックに食べるお弁当、
最高で~す♡

色々な活動が盛りだくさん!!子どもたち、お疲れ様!!

今日、防災センターの方が繰り返しおっしゃったのは、
「自分の身は自分で守る」
「自分の命を自分で守る」
「もしもの時に、常日頃から、気を付けておく」

どれも、その言葉の重みに私たちがドキッとしました。
「みんなのお家は大丈夫かな?」
という言葉を投げかけられる場面も・・・

ご家庭でも、一緒に話してみてくださいね。







交通安全教室(年長組)

カテゴリー: 年長

2017年9月

広島市交通教育指導員の方が、就学を前にした年長組のためにと
毎年、交通安全教室を開いてくださいます。

「来年、1年生になるみなさん」

その言葉に、
少々緊張気味の子どもたち・・・






道路の渡り方、歩き方など
クイズを交えながら
お話していただきました。


 

自転車大好きしんちゃんは、自転車に乗る練習をどこでしたらいいか教えてくれました。
交通安全のDVDも見ましたよ☆

さぁ!!いよいよ実戦!!

「♪止まる・手を挙げる・右見て左見て右を見る・・・♪」
歌に合わせて、渡り方を教えていただきました。


線路は、
電車や警報器の音を聴く事、線路をまたぐことが
ポイント!







真剣に話を聞き、会を終えた子どもたち。
是非、ご家庭でもお話しを聞いてあげてください☆
園でも、折に触れて、引き続き話をしていこうと思います。



ビオトープ観察会(2回目)

カテゴリー: 未分類

2017年 9月

2学期になり、お弁当も始まりました。
園生活のリズムをすっかり取り戻し、
身近な虫や葉っぱなど
夏から秋に変わりゆくものへの関心が
高まりつつある今日この頃。

昨年、幼稚園にビオトープを作って下さったカジオカ L.A.さんが、
今年2度目のビオトープ観察会を開いてくださいました。

この季節ならではの生き物の
関心がむくむくと
出始めていた
タイミングでの観察会。

子どもたちのためにと、
捕ってきてくださった生き物を
運び込まれると、
すぐに梶岡先生や、

清田先生、葉名先生の
周りに集まり…

「どこで捕まえてきたんですか?」
「これ、なんていう虫ですか?」
「こんなに大きいのは、
まだ幼稚園にはおらんのんよ」
「これ、噛みますか?」
……etc.



子どもたちの質問が
次から次へと飛び出します。

生き物に愛情たっぷりな
先生方ばかりですので、
一緒になってその興奮を感じながら
子どもたちの質問に、ひとつひとつ丁寧に答えてくださいます。

あまりに関心を示す姿に、
更なる関心を…と、
虫メガネを貸してくださいました。





















今回の観察会では、清田(せいた)先生が
メダカやヤゴ、オタマジャクシなど
水の中に住む生き物の説明。
葉名(はな)先生は、
土に住むミミズやダンゴ虫、
カナヘビなどの

お話をしてくださいました。


「こうやって、土をふるうとね…」

「ダンゴ虫が出てきたよ!!」







「さぁ、次は何が出てくるかな?」


















そのものへの関心の大きさがしっかり伝わってきます。




「なんで、~なるのでしょう?」

「どうして、~なっているのでしょう?」





先生方のお話は、センスオヴワンダーをかきたてられ

子どもたちの心は不思議、感動、でいっぱい

五感を通して触れること、そしてそこに疑問を持てるということ。

大変うれしい姿です。

今回も、一人に一匹ずつ生き物を放流してあげられるように、と

人数分の生き物を準備して下さっていて、

子どもの手によって、幼稚園のビオトープに放たれました。

幼稚園を棲みかとして生活を始めていく生き物たち
淋しくないように
見守り続けていこうね ♡

今回も、有意義な観察会を開いてくださった梶岡先生を始め、
清田先生、葉名先生には、感謝の想いでいっぱいです。
ありがとうございました。









































幼稚園2学期スタート

カテゴリー: 未分類

2017年 9月
幼稚園 2学期が始まりました。
夏休み中にも朝顔は、毎日のように花を咲かせ、
カブトムシは、
このように暮らしました。


そして、行く夏を惜しむかのように
たくさんたくさん卵を産み落としてくれました。

カブトムシ、世代交代です。

総勢約110匹の幼虫たちが、みんなと一緒に
まだまだ大きくなっていきますよー!!


狭い虫カゴでは窮屈か?と、
大きなお家にお引越し~
幼虫たちは、すぐにこの住処を
気に入ってくれたのか、
見る見るうちに土の中に
潜り込んでいきました!




さくらの森では、ぼさぼさに伸びていた枝をカット
すこーし、すっきりしたの、分かります?


さて、子どもたちはと言えば、にっこにこの笑顔で登園してきてくれました。
夏休みにあれした、これした、あそこ行った、ここ行った…etc.

話題は尽きることなく、おしゃべりの嵐(笑)でした。

ホールでの始業式では、
日に焼けた引き締まった顔が
お兄さんお姉さんらしく映り、
夏の経験が

子どもを大きくしてくれたことが
伝わってくるようで
大変うれしかったです。














子どもたちの張り切り度合いもアップ ↑



今日から年少 年中 年長
一人ずつ新しいお友だちが
入りました。

緊張しながらもはきはきと
自己紹介してくれました。
今日からよろしくね~




大学の子ども発達教育学科の
教育実習も始まりました。








始業…
子どもの様子、表情、心持ち…
1学期の始業とはがらりと
雰囲気の違ったものでした。

『 理由もなく会えるのが友だち ♡ 』


子どもと共に、心豊かな日々を過ごしていきたいと思っています。
今学期もどうぞよろしくお願いいたします。