2017年度3学期終業式

カテゴリー: 未分類

2018年 3月

今日は、
2017年度3学期終業式です。

一年間の締めくくりの日、
先日卒園した年長さんも
登園してきてくれました。

何だかみんな、背筋がピンと伸びてかっこいい!!

4月から、みんな一つ大きい組!
新しいバッヂを用意して待っておくからね!!




(ひとつおおきいくみか…)

(たのしみだなぁ…)






お家の事情で、
今年度でお引越し・転園の
お友だちもいました。

みんな、次に行く場所を
自分で発表してくれました。

寂しいけど、
離れていてもずっと友だちだよ!




それからもう一人
今年度で、
お引きになられる先生もおられ、
みんなで「勇気100%」の歌を
大合唱しました。



元気でね!と思って歌う歌も

淋しくって涙が出ちゃうよね…

あらかじめこっそり作っておいたプレゼントをお渡ししました。

せんせい、ありがとう! いつまでもげんきでね

またあそびにきてね!!

だいすきだよ ♡ ♡ ♡

お別れと出会いの春
みんな、いろいろな思いで新しい一歩を踏み出します。

退園するお友だちも、退職される先生も、
在園のみんなにも、素敵な日々が訪れること、心から願っています。

保護者の方々、この一年間大変お世話になりました。
保護者の方のご協力あってこその毎日でした。
今後ともよろしくお願いいたします。

2017年度卒園式

カテゴリー: 未分類

2018年 3月
幼稚園卒園式は、前日の強風もピタリとおさまり、
晴れの日にぴったりの好天のもと、無事に行われました。

修了証書授与式では、年長児一人一人しっかりと証書を受け取り、
おうちの方に心を込めて挨拶する姿には、大変感動しました。

クラスに戻ってホッと安堵する年長さん。


担任の先生からはお別れのカードをもらい、
じっくり読んだり、友だちと語らいあったり…


壁に飾られたひとりひとりの自画像からは、
どの子もが充実した園生活であったことを
感じさせてくれました。


大好きな担任の先生とハグ ♡



















きれいな心の花を咲かせてね!と願います。

戸外では、羽地園長先生と中井副園長先生に
子どもと保護者の方からサプライズの花束贈呈が…





幼稚園の先生みんなで拍手の花道です。












子どもの晴れやかな表情に保護者の方もホッ
みんなの大好きなさくらの森でパチリ

年長のみんな、時には幼稚園に、
そしてさくらの森に羽を休めにおいで!

先生たちも、幼稚園も、さくらの森も
みんなのことをいつまでも応援しているよ!
卒園おめでとう!!!




年長組卒園式前日

カテゴリー: 未分類

2018年 3月

いよいよ明日は、当園の卒園式です。
年長児は、幼稚園生活が終わりということで、
心にしんみりとくるものがあるようですが、
小さい組さんは小さい組さんで
心に何か感じるものがあるようです。

今日は、明日の卒園式に向けて、















そして、お世話になった園舎に心を込めて、



大掃除が始まりました。


自分のクラスはもちろんのこと、


みんなの共有スペースまで……






あそこも、ここも…自分たちで考えて次から次に
きれいにきれいに磨いてくれました。
埃だらけの雑巾を誇らしくさえ感じる年長児。
本当に、幼稚園のリーダーにふさわしいなぁと
掃除する子どもの後ろ姿を見て、またポロリ涙…


そして、今日は、園でみんなで食べるお弁当最終日。

お家の方、子どもの昼ごはんの姿を想像しながら

(おいしく食べてくれるかな?) (誰と食べるのかな?)

(今日は、苦手な野菜を一つ入れてみよう、
大好きな幼稚園でなら食べれるかな?)

お家の方のいろいろな想いのいっぱい詰まったお弁当。

偏食がちなことを心配されていた方も
食の幅が広がってほしいことを願いつつ、
毎日のお弁当作りに励んでいただいたこと。
その想いは、大丈夫!
しっかり子どもに届いているはずですよ。
私たちにもしっかり届いていますから。

明日の卒園式、おうちの方におかれましても、
いろいろな想いが交錯する時間となることと思いますが、
子どもの大きな第一歩となる
あたたかい式になることと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。









年少・年中合同弁当

カテゴリー: 未分類

2018年 3月
すっかり小春日和の今日この頃。
今日は、年中さん、
年少さんに「一緒にお弁当はいかがですか?」

とお誘いしたようですよ。

年中さんは、来年度年中になる年少さんとは、
4月からペア活動が始まります。

年中さん「リーダーの練習しておかなきゃ…」(?!)




「一緒にお弁当食べようよ。」
上手に年少さんをお誘いしていますよ。












前日、年長さんがしてくれたのをお手本に、


年中さんと年少さんは向き合って座り、


一緒にお弁当を食べました。


一緒にかかわる時間がまだまだ密ではないせいか、


互いにちょっぴり遠慮がちな距離感のように感じますが、
またそれも初々しくっていいものですね。


一緒にお弁当を食べて意気投合したお友だち、

食後も一緒に遊んでいる子もいましたよ。
春から、また楽しみが一つ増えますね。

大きい組のお部屋で遊んだよ

カテゴリー: 未分類

2018年 3月

卒園式も近づき年長さんが、ホールでその練習をしている時に、
年中さんは、空っぽの年長のお部屋で遊ばせてもらいました。

パズルにリモーザ


将棋に双六


たくさんの積み木やクーゲルバーン


カラフルな積み木も山ほど。


トランプでババ抜き…

年長のお部屋の玩具は、一人でも楽しめるけれど、
友だちと一緒だともっと楽しくなるものばかり。
(お友だちが好き)
こんな気持ちがすっかり育ってきている年中さん。
4月からこの玩具を使いながら、友だちとの関係が
ますます深まっていくことでしょうね。
********************
ちなみに、この日年少さんは、
年中のお部屋で遊びました。
年少さんも、年中さんの玩具や絵本に興味津々のようでした。
北園舎で過ごす春からの生活に期待も高まってきたようです。
********************

そこへ、年長さんが帰ってきました。
部屋中に出しまくっていた玩具を一緒に片付け、年長さんから、
春からの年長の仕事や行事の引き継ぎを受けた年中です。

「おやつくばり、なんかいもあるよ」

「おとまりかいあるよ」 「いろんな場所へおでかけがあるよ」

「お楽しみ会では、みんなを楽しませてね」

年長さんは、あれも言っておきたい、これも伝えておきたい…
いろいろなことを紙に書いて、申し送ってくれました。

それを聞いて、年中さんは俄然やる気、そして
期待で胸いっぱいに膨らませているようでした。

その後、ペアの学年の教室でペアの友だちと向き合ってお弁当。

たまたま、コップが一緒だったり、

弁当箱のキャラクターが同じだったりという共通項で

盛り上がり、弾んだ会話の中で、楽しいランチタイムと

なりましたよ。

ありがとう会(後篇)

カテゴリー: 未分類

2018年 3月
ありがとう会も終盤となりました。
次は、劇団四季ならぬ劇団三季「サザンカ」のメンバーが
本日のありがとう会に駆け付けてくれました。

題目は、『ピー太郎』(ピーターパン?! 桃太郎?!)


むかしむかし、
ある村のおばあさんが
川で洗濯をしていると…

大きなピーマンが流れてきて、
(え?子どもたち、どよめく)








ピーマンを切ってみると、
中から元気なカッコイイ
子どもが生まれ、
名前をピー太郎とすることに。

ある日、鬼が島で悪い鬼が
大暴れしていることを知った
ピー太郎は、鬼が島へ行きました。



そこへ、ちょいとばかり派手目な
ウェンディ―と
ティンカーベルがやって来て、
 ♪「私たちを放って
     おくなんてひどいわ」♪

(子どもたち、大爆笑&呆然)

 




隠れて待っていましょうよ、と二人。

ピー太郎から、ピーマンをもらいむしゃむしゃ食べた二人は、
共に鬼が島へ行くことに。(ピー太郎、嫌がってるんじゃない?!…)



(ピー太郎、大丈夫かしら?)


その頃鬼が島では…

鬼が島に来てからというもの、
すっかり笑わなくなってしまった
お姫様をどうにか笑わせようと
鬼たちは考えていました。




そこへ、「姫を返せ」と
現れたピー太郎。

では、対決して、
勝った方が姫をもらうことにしよう
何の勝負だ?
ダンス対決だ!!
まずは親分から。

「おやぶーんがんばって」





鬼の踊りに、
子どもたちまで踊り出すほど。


これは鬼の勝利か?!

…と思いきや、

ピー太郎に大声援が巻き起こり、



子どもたちは、勝負の行く末を見守ります。


子どもたちもじっとしていられません。


結果、姫を笑わせることのできたピー太郎。
悔しがる鬼の親分を横目に姫に結婚の申し出をし、これにて一件落着。



最後は、
劇団三季「サザンカ」の皆さんが、
NHKの平昌オリンピックの
テーマソング「サザンカ」を
BGMに
年長さんへのありがとうの言葉と
ハミングを贈りました。



神妙な面持ちで聞いてくれました。



さぁ、全プログラムを終えた
ありがとう会。

いよいよ
年長さんのお見送りです。
 
年中・年少で、
拍手のトンネルで
お見送りをしました。

退場時、涙している子もいました。

泣いたり、笑ったり、怒ったり、悲しんだり…

いろいろな心情体験もたくさん積み重ねた年長さん、

身体も心もとても大きくなりました。みんなの喜びです。

ありがとう、年長さん。

ありがとう会(前篇)

カテゴリー: 未分類

2018年 3月

今まで、幼稚園のため、小さい組のためにと、
大奮闘してくれた年長さんへの
ありがとう会を
3月9日(サンキューの日)に行いました。

カレーをふるまってくれたり、
年中さんはペア仲良し会でも遊んだり
そんな活動の直後ということもあり、
みんな具体的な感謝の思いが
いっぱいの今日この頃です。






先日、次のリーダーを託された
年中児が、本日の司会です。

「これからありがとう会を始めます!」



まずは、年少さんの歌「ぽかぽかてくてく」

頑張ってね!また会おうね!と、元気の出る歌です。

プレゼントとして作った花のストローネックレス。

背の大きい年長さんは身をかがめて

首にかけてもらいました。

「ありがとうありがとう」「かわいいね」

年少さんのアリガトウなのに、逆にアリガトウと言われ照れ照れ。

続いて、年中さんからは「たくさんのにこにこ」の替え歌、
ありがとう会バージョン「ありがとうにこにこ」

替え歌にした歌詞をしっかり言葉にして歌い届けました。

ありがとうのカードも渡しました。

飛び出すポップアップカードになっていたので、

「びっくりしたぁ」というリアクションをしてくれたり

「わぁ、すげぇ」と言ってくれたり、と

またここでも、年中さんをうれしい気持ちにさせてくれる年長児。

お礼に…と「さよならぼくたちのようちえん」の歌を歌ってくれました。

年長児の歌を聴き入っていた年中・年少児

歌声が心にスッとしみこんでいくように感じました。


続いて、特別ゲストがお見えです。
ただ今お呼びして参ります。
続きは、次回の後編で!!!

ペア仲良し会

カテゴリー: 未分類

2018年 3月
一年間、一緒にペア活動してきた年中と年長。
先日、互いの相手へのプレゼント作りをした時にも感じましたが、
一緒に過ごしていく中で、
関係性もぐっと縮まっていったように思います。


今日は、年長さんから是非
お部屋で一緒に遊びましょうとの
お誘いがありました。
喜び勇んで、
さくら組は、ゆり組へ
ふじ組はきく組へ

プログラムなるものを
考えてくれていたようで、

①なべなべそこぬけ

ペアのお友だちと、向き合って

手をゆらゆらさせるだけでも、こんなに楽しいなんて。

やった! 大成功!!  よしもう一回!


②かもつ列車

出会ったところで、ジャンケンポン!

わぁ、どんどん連結していって

ながーいかもつ列車になっていくね。

先頭さん、たくさんのお荷物(笑)落とさないように!

みんなで、一本につながったよ!!


③ペア踊り(笑い声っていいな)


④㊙プレゼント

年長さんが、ペアでしてきた活動を振り返って、

文字や絵に表わした思い出の本。

一緒にしてきたことを一緒に思い出しながら、

心を込めて作ってくれた本を

目にはみえないその心と共に受け取った年中さんでした。


リーダーを託された年中さん、
これから先輩の跡をたどって、頑張っていこうね!!
ペアのお兄ちゃんお姉ちゃん、ありがとう。

年少さん、図書室へ!

カテゴリー: 未分類

2018年 3月

来年度、年中さんになる年少さん。
年中さんになったら、
週に一回の図書貸し出しが始まります。

図書室ってどんなかな?
どんな本があるのかな?

いろいろな期待で胸を膨らませて、
図書室に行ってみました。

するとそこには…


園の読み聞かせボランティア
「お話ポケット」を
立ち上げてくださった禅院さんが
待ってくださっていました。

禅院さんのきれいな声に
吸い込まれるように
年少さんは、
お話を聞きました。


小さな小鳥が出てきて


子どもたちにお話してくれました。












わぁ、虹色の小鳥に変身しちゃった!

















続いて…いないいない、ばぁ


ペープサートのお話に、



こんなお話も。

年少さんは、禅院さんの魔法にでもかかったかのように

お話に釘づけです。お話、おもしろいね。

最後に紙芝居を読んでくださいました。

禅院さんが、「年少さんが本当に静かに耳を傾けてくれて
すごくうれしかったです。」とおっしゃって下さいました。

春から年中になるうめぐみ・ももぐみのみんなが
ますますお話の世界を広げていくことを楽しみにしています。

年中さん、3回目の英語活動

カテゴリー: 未分類

2018年 3月
年中児が年長になってから本格的に始まる英語活動の
いい足掛かりになるように、
年中児3学期に3回ほど英語活動を取り入れました。

今日は、その3回目。

今日が最終日ということを
とても残念に思っていました。


1月、初めて出会った時には、

どんなことするのか?どんな先生か?
ドキドキしていた子どもたちですが、


明るいマイク先生をすぐに大好きになりました。


子どもたちの緊張感はすっかり薄れ、
みんな、にこにこのいいお顔です。













マイク先生は、

ただ、楽しいことばかりだけではなく、考えたり、

真剣にお話を聞いたりできる場を織り交ぜながら














活動を進めてくださいました。




マイク先生に手紙を渡した子もいました。
マイク先生、いつもありがとうございました。
いつもありがとう…と。


子どもたちにとって、友だち・先生だけでなく、
英語活動では、マイク先生…
畑仕事では、現業員の河野さん…というように
いろいろな方たちとのコミュニケ―ションを大切にし、
様々な価値観に触れ、心を大きく振幅させながら
大きくなっていってほしいものです。