夏から秋へ

カテゴリー: 未分類

2018年 9月
今年も、彼岸の時期が来ました。
酷暑だった今年も彼岸を忘れず、
いろいろなところに咲いてくれました。


子どもたちは、先日まで歓声を上げながらプール遊びに興じ、
目前に控えた運動会をそわそわと心待ちにしながら
過ごしている9月。



何かと忙しく慌ただしく過ぎていく毎日を
(ちょっと、ちょっと…足をとめてごらんなさい…)と、
語りかけてくれるような佇まいの彼岸花でした。



秋分の日も過ぎました。
これからは、一日一日と昼の時間も短くなり、
一歩一歩秋が深まっていきます。



西の空に沈んでいく陽を眺めたり、
秋の空の美しさに思いふけったり、
一歩足を止めて、季節の移ろいを楽しむ
心の余裕を持ちたいものですね。


運動会がやってくるね(年少組)

カテゴリー: 未分類

2018年 9月
幼稚園では、今月末の土曜日に
運動会があります。

今年入園してきた
年少さんにとっては、

初めての運動会!!
運動会という言葉の響きに
何となくウキウキするものの
(うんどうかいって……?!)
いまいちイメージも

湧き切れていないのでしょうが…。


そんな年少さんの賑やかな笑い声や、


元気なかけ声がホールから聞こえてきたので

こっそりのぞいてみると…

元気に踊ったり、表現遊びをしたりして遊んでいました。

日頃、先生やお友だちと楽しんでいる遊びが、
運動会では、どういった形で披露できますやら…

なにしろ、年少さんにとっての初めての運動会です。

園庭に立っている姿を思い浮かべるだけで…
愛おしさが込み上げてくるようです。

どの学年でも、みんなそれぞれに出来ることを頑張ったり、
出来ないことに挑戦したりしながら
運動会を心待ちに過ごしている今日この頃です。
どうぞお楽しみにしていてくださいね。

カブトムシ作ったよ(年中組)

カテゴリー: 未分類

2018年 9月
9月初めにあったビオトープ観察会

年中組の子どもたちも生き物好きが多く

とても興味深く前のめりに、観察会にも参加していました。

そこで、画用紙で生き物を作って遊んでみました。
今回作ったのは…!!
夏の間たくさん触れたカブトムシです。


まずは、カブトムシの体を切ってみよう!!



脚は、何本あるんだっけ?
どんな太さにしようかな?

つのは、大きい方が強くてかっこいいかしら…

一人ひとりが思い描くカブトムシが

どんどん出来上がってきます。

最後は、目をつけると表情が出て、
一気に生きたカブトムシになりました。

出来たカブトムシたちを集めて、
何やら楽しそうな子どもたちですよ。

子どもの満足そうな会話が聴こえてきそうですね。

一人ひとりが思い描いて作ったカブトムシたちは、
まるで、クラスの友だち同士が楽しく集い
触れあって遊んでいるような子どもたちの姿と
重なって見えるのは私だけでしょうか???

年中さんの友だち関係も、
ぐんぐん大きくなってきているようです!

交通安全教室(年長組)

カテゴリー: 未分類

2018年 9月
幼稚園では、広島市道路交通局の計らいで、
新入学前の園児を対象に交通事故を防止するため
正しい交通ルールなどの指導として
交通安全教室を開催してくださいます。

ゆり組きく組の子どもたち、
少々緊張気味です。

でも、この程よい緊張感が
持てるということは
とても大切なことと感じます。

背筋がピンと伸びて
頼もしい姿です。



交通ルールについて、
クイズ形式でお話し下さいます。


指導員の先生に指名され、
前に出てきたお友だち、
ドキドキしながらも自分の考えを
発表しました。

そして、聞いている子どもたちも
自分のこととして、
しっかりと理解しながら
お話を聞く事ができました。





そして、今日はシンちゃんというお友だちも
やって来てくれました。
出てきた子は人形っぽいのに
首や目をパチクリ動かしながらしゃべるので、
子どもたちはどよめきながらも、
シンちゃんの話してくれる
交通についての話を興味を持って
聞く事ができました。

(指導員さんのお見事な腹話術には
 感心させられるばかりでした)



交通安全についての映画も鑑賞しました。


お話・映画・腹話術のシンちゃんなどから
たくさんの大切なことを教わった子どもたち

いよいよ実地体験です。

たくさんの指導員さんに囲まれる中、
道路や、横断歩道・踏切など、

交通ルールを守って、歩きます。
子どもたち、心臓ドキドキです。

指導員の先生方も、真剣に厳しくご指導くださいます。

でも、それは当たり前のことですよね。
命を守るための訓練ですから…

ちゃんとできるか、自信ないなぁ…不安だなぁ…
そういった気持ちを抱えながらも、

泣いたり、逃げ出したりすることなく、
参加した子どもたち。

友だちと手を握ることで、
その不安を和らげているような姿も垣間見え、

そういう時の友だち関係というのも
育ってきていることを目の当たりにしながら、
見守った担任でした。

子どもたちは、
横断歩道や踏切で大切なことなどを

指導員の先生と一緒に確認しながらの
実地体験となりました。


♪ 手を挙げて、右見て 左見て 右を見る ♪

♪ 右を見ながら歩く 左を見ながら歩く ♪

今後、子どもたちと園外に出る機会もあります。

その時には、今回学んだことを思い出し
安全に意識しながら

気を付けて道路を歩いてみたいと思います。

指導員の先生方、大変お世話になりまして
ありがとうございました。

ご家庭でも、お子さんと一緒に道路を歩く機会に
今一度大切なことを話し合ってみるのも良いですね。

年長から年中さんへ

カテゴリー: 未分類

2018年 9月
年長と年中さんは、事あるごとに交流があります。
年長児は、去年の年長さんから
色々なものを引き継いでもらってきました。
今日は、その年長児が年中さんに
バルーンという運動用具を引き渡します。

今まで自分たちがたくさん遊んできたバルーンですが、
今度は、年中さんに楽しく使ってもらおうと
使い方など大切なことを話し合いました。

「最後に自分たちがもう一回遊んでからにしよう」
と、その姿を年中さんに見せたあと、
バルーンの引き継ぎをしました。

その様子を食い入るように真剣に
目を輝かせながら見ていた年中さん

これからは、年中さんが楽しく使ってくださいね!
年長さんも応援してくれていますよ。

ビオトープ観察会(2回目)

カテゴリー: 未分類

2018年 9月 

2学期開始早々、
園では今年度2回目の
ビオトープ観察会を行いました。

今回は、講師の先生方が
たくさんの秋の虫、

(バッタやキリギリス、
コオロギにカマキリ)、カニや
棕櫚(しゅろ)の葉で作った
虫までも準備下さいました。⇒


子どもたちは、朝から講師の先生の回りで

質問をしたり、虫たちの観察をしたりと

好奇心いっぱいの様子でした。


観察会の始まり!!
今日もどんな心のどよめきが見られるか

担任たちも、ドキドキワクワクです。



まずは、祖母井(そぼい)先生。

虫かごやプラスティック容器に
入れて持ってきて下さった
たくさんの虫たちの紹介を
して下さいました。








見せてくださる虫たちを見て、
「あ、ハナグリ!」
  (正式はハナムグリ)(笑)
「あ、ツチイナゴ!!」

カナブンとかバッタという
総称で虫を呼ぶのではなく
昆虫の一種名が子どもの口から
発されたことに、
講師のみなさんは大変驚き
感心されました。

これは、棕櫚(しゅろ)の葉っぱで作ったバッタですよ!











子どもたちは実際手にとっての観察!

「次は、僕に見せてね!」 「一緒に見よっ!!」

間近に見る虫を友だちと一緒に見たり、

上から…下から…横から…斜めから…と

あらゆる角度からの観察を楽しんだりして、

子どもの興味関心は深まるばかりでした。


「園長先生、見て~~」

子どもは、自分の感動や
驚き・不思議に思う気持ち
発見や、疑問…などなど、
誰かに聴いてもらいたい…
誰かと共有したい…

そういう時の子どもの心の温度を
私たちはしっかり感じながら
受け止めていきたいものです。

ちょうど教育実習期間中ということで、

学生さん、
子どもたちの感受性の豊かさを目の当たりにしながら


子どもにとって大切なことを改めて、

感じとれるとてもよい機会にもなったようです。

続いて、お馴染み清田(せいた)先生。
緑のテープ印がバッタ、青テープの印がキリギリス
赤テープの印がコオロギ…と、
バッタ目キリギリス科キリギリス属…

私たちのいつの時代か?に学校で学んだことを

子どもたちにとても分かりやすく
説明してくださいました。


それを、クイズ形式にして、楽しませてくださいました。


最後は、水本先生。
先生は、幼稚園にある木の
説明をしてくださいました。

子どもがいつも身近に触れている
木々ですが、
改めてお話を聴く事で、
新たな興味関心が湧いてくる
ということもあるのですね。


「この葉の、樹液が体につくと
かゆくなることがあるよ!

気をつけて下さいね!」

最後は、年長児だけの特権です。

祖母井(そぼい)先生と年長児一人ひとりが
持ってきて下さった生き物たちを放ちます。



祖母井先生は子どもたちに

「生き物たちに
『ありがとう』と言って
放ってあげようね…」


と言われました。



虫・生き物・植物…『生きとし生けるもの』を
心から愛しておられる先生方の発される
「ありがとう」の言葉一言はとても重みがあり、
子どもたちは、その言葉が深く心に沈んでいくように
とても優しい顔をして生き物たちを見つめ
園の草むらや池に「ありがとう」「元気でね」と
言いながら放ってあげていました。

講師の先生方は、そんな子どもたちに目を細め、
とても愛おしいまなざしで見守って下さっていました。

ビオトープ観察会を通して、言葉では教えきれない
人としての大切な心がまたひとつ
大きくなったような時間になりました。


講師の先生方、ありがとうございました。

2学期始業式

カテゴリー: 未分類

2018年 9月
今日から、2学期です。
子どもたちの登園を心待ちにしていた朝顔さん
たくさん咲いて迎えてくれました。


登園してきた子どもたちは、いろいろなカラーの朝顔に
きれいだねっと、立ち止まって見入っていました。


そんな子どもたちの表情も、
きれいな朝顔に負けないくらい
キラキラ輝いていました。

「今日から、運動会の練習するんでしょ?!」
張り切っている言葉も聞かれました。

「先生、おはよう!」「お友だち、おはよう!」
にぎやかな声とキラキラ笑顔が眩しいです。


ホールでは、全学年集合して、
みんなの再会を喜び合いました。

そして、今学期も頑張るぞ!と
エイエイオー!!で、みんなの心を一つにしました。

早速ですが、今日から10日間、
大学の子ども発達教育学科の学生さんの実習も始まりました。


夏休み中にお引越しが
決まってしまったお友だち

「お引越ししても頑張ってね!」
「元気でね!」





また、9月から
新しく当園に仲間入りした
お友だちも4人。

出会いと別れ…
いろいろな気持ちを
心に抱きながらの
2学期スタートです。






退園していくお友だち…
見送る子どもたち…
ありがとう
大好きだよ ♡
ありがとう




先日のゆうゆうの会だよりでもお知らせしましたが、
幼稚園のホワイエ壁面に素敵な芸術作品が
2点飾ってあります。

2005年度の卒園児 穐丸 我聞(あきまる がもん)君の
作品です。

どうぞ、実際ご覧になってみてください。
いろいろな見え方・感じ方ができることと思います。
私たち職員も、日々心和ませてもらっています。

さて、先日一部分のみお見せしました、
上園庭の大型遊具の全貌を公開いたします。
ジャジャーーーーーン!

以前からあったファイヤーエンジンとの
コラボレーションでどんな遊びが繰り広げられるかな?

今学期、
まだまだ暑い中でのスタートとなりましたが、
心も体も健康な毎日が過ごせますように…
どうぞよろしくお願いいたします。