避難訓練(不審者対応)

カテゴリー: 未分類

2019年 1月
幼稚園では、年間計画で避難訓練を行っています。
火事・地震・一時避難、二次避難など
いろいろなことを想定しての訓練です。

今回は、不審者が来てしまった時を想定して実施します。

訓練開始
「充電させてくれませんか?」
(ん?怪しいぞ)と感じた現業員の河野さん

河野さん・園長が退去指示を出すもののそれを拒み、

ずかずかと侵入してきたため、不審者と認識

園長が、自動通報装置で大学に通報します。

すると、守衛さんや大学職員の方々が
次々に駆け付けてくれることになっています。

不審者を追い詰めるも、ホールに入ってしまいました。

しかし、今度は所持していたナイフ(段ボール製)を
取り出し振り回し始めました。

ナイフを奪い取ろうとした大学職員を
切りつけられてしまいました。

壁際まで追い込み『さすまた』で押さえつけました。

負傷した大学職員・河野さんの状態を見て、
養護教諭が救急車の要請をします。

この期に及んで、
まだナイフを振り回していましたが

不審者の身柄は確保し、
無事に牛田交番の警察官に引き渡しとなりました。


われら、5レンジャー
無事に避難訓練を終えました。

今回の、訓練で子どもたちは、
室内に静かに身を潜めるというものでしたが、
聴き耳を立てながら園内放送を聴き
怖がりながらも最後まできちんと訓練できました。

また、大学との連携(自動通報装置の作動)
牛田交番や救急車への通報、要請練習など、
園の職員にとっての訓練でもありました。

自動通報装置を作動させなくてはならないことは
絶対にあってはならないことですが、
『備えあれば憂いなし』
先日の不動院での防災訓練と同様、
訓練をしておくことの大切さをひしひしと感じた
避難訓練となりました。

関係者の皆様、ご協力ありがとうございました。



子ども将棋

カテゴリー: 未分類

2019年 1月
ここ近年、年長児のお部屋では、
将棋で遊ぶ子どもが多いです。

「先生もやろうや!」と
誘ってくれるのですが…

どうも、コマの動かし方が分からない…
 
「動物将棋だったら分かるよ~~」

将棋は、やっている当人だけの遊びかと思いきや、
子ども同士の勝負が始まると、
周りに人が集まってきて、

 
「あ、そこは危険!」
「こっちに逃げたほうがいいよ…」

それぞれが、
コマの動かし方を考えながらの応援です。

 
本格的な将棋もあります。
これは、もう担任お手上げ!!

脇では、冬ならではの編み物も流行っています。

あちらでもこちらでもじっくりと過ごす
遊びの花が咲いています。

文化財防火デーのつづき

カテゴリー: 未分類

(つづき)
その後、救助工作車まで見せてくださるとのこと。
 
この車の中には、いろいろな道具も
たくさん積んでいるんだよ。
 
子どもたちが、普段ほとんど目にすることのない
道具類に、喜々として説明を受けました。
 
この大きなはさみみたいなものはね、
挟んだり切ったりして、救出できるんだ。

この板は分かるかな?

この板の中に、空気を入れてその空気の力で、
何と40トンもの重さを
持ち上げることができるんだ。


子どもの方にも、いろいろな関心が湧き出て
   挙手をした子の質問一つひとつに
とても丁寧に
応えてくださいました。
まだまだ見たい、まだまだ聞きたい
子どもたちはそんな思いで一杯のようでした。

その道具を扱われる隊員の姿、
そして、今日の機敏な隊員の頼もしい姿に、

子どもたちは、(かっこいいなぁ…)という
憧れの気持ちを深く抱いたようでした。

見学・説明が終わると、
不動院にお参りして

幼稚園に帰ることにしました。

絶好の見学日和であったため、
子どもたちは、寒さもなく本当にじっくりと

今日の活動に参加することができました。

幼稚園に戻ってきてからは、
比治山消防隊の隊長(園長)(笑)から

今日は、みんなで元気に参加出来たことや

防災・文化財を火災から守ることの大切さなど
話してくれ、
終わりとなりました。

この隊長(園長)ったら…
「大きくなったらレスキューの人になりたいです!!」
と言われるものですから、
年長児なんて苦笑していましたよ…
(もう大きいじゃんねぇ…(ニヤニヤ))

文化財防火デー

カテゴリー: 未分類

2019年 1月
1949年(昭和24年)の1月26日に法隆寺の金堂が焼失しました。
それ以来、この日が文化財防火デーに定められました。

不動院(牛田新町)は、広島市で唯一の国宝です。

広島市東消防署から不動院の消防訓練の見学の
お誘いがあり、年中・年長児とで、参加することにしました。

子どもたちは、朝から「火の用心」のはっぴ着用で準備万端!
園外を歩いて行くので、ここは一丁
年長児の出番です。

  
安全に現地に到着できるように、
ペアで手を繋いで


出掛けることにしました。


不動院に到着!
訓練のため、消防車も待機しています。


訓練開始、山火事が発生し

参拝客など、人々が避難します。

地元の住人の方々の消火器による消火活動

 

その後、消防隊の出動です。
 


子どもたちは、緊迫感でいっぱいの
一連の訓練をかたずをのんで見守っていました。






無事に、消防訓練が実施できました。

そして、子どもたちにお願いです、
と消防署長さんから一言

「火遊びは絶対にしない!!」

ということを約束しました。

 

 


その後は、消防車の見学と説明の時間を
設けてくださいました。


消防車に積んであるホースは
とても重たいそうですが、


隊員の方は、緊急時
このホースの入った袋を二つ持って


走って現場に駆けつけるのだとか。

その実際の重たさを体験してみました。

また、ホースの先につける器具も持たせて下さいました。

いつも、園での避難訓練時にお世話になっている
火車退治さんではないですか?
はい、そうで~~~す!!
(火車さんになりきってくださいました、
ご協力ありがとうございます)

後半に続く…


ある朝の一コマ

カテゴリー: 未分類

2019年 1月
一年で一番寒いと言われている大寒の頃も

プランターのパンジーは、おひさまに向かい
とても暖かそうに咲いていました。
 
しかし、さすがに
朝の気温は相当低くなっているようで、


大きな氷を見つけてきました。

場所はビオトープ…
まぁまぁ、寒いのに上着も着ないで…

しかも、手も指もまっかっか…
「先生、手がジンジンする…」と言いながらも、
表情はとてもうれしそう…

日本にある四季のおかげで子どもたちは
うだるような暑さも、凍てつくような冷たさも
しっかり味わっているようです。



影がくっきり現れるほど
陽が高くなると、
氷はあっという間に解けてしまいました。
消えてなくなる『瞬間の事象』には特に、
なるべく遭遇させてあげたいなと
思っています。

朝の、『瞬間の事象』が消えてしまうと、
またいつもの穏やかな日常の姿に…



急にどこからか「先生!」と呼ばれ
あたりをキョロキョロしていると…「上だよ!」
見上げると、女の子のおさるさんが…(笑)



うさぎぐみ 来室(パート2)

アサイド

2019年 1月
前回のうさぎぐみでは、年中・年長の部屋に分かれて
一緒にお弁当をいただくという活動をしましたが、
今回は、年少さんのお部屋に遊びに行きます。

し・か・も……子どもと先生だけで行ってみよう!

ということで、クラスで待ってくれていた年少さん

早速、入室してきたうさぎぐみさん

年少さんは、お兄ちゃんお姉ちゃんとして…

「お世話してあげるんだぁ…」と、今日のこの日を

とても楽しみにしていたようです。

年少さんと、うさぎ組さんと一緒に

お話を聞いたり、歌を歌ったり、
紙芝居を見たりしました。


幼稚園でいつもは
一番小さな年少さんですが、


うさぎぐみのおともだちと共にいると、

顔つきがすっかり
お兄ちゃんお姉ちゃんに見えますね。

 
前日に園長にまで
「お世話するんだよ!」と


張り切っていた子もいたようで、
その言葉通りに


隣に座らせてあげたり、

なんとまぁ、膝に座らせてあげたり(苦笑)
泣いている子をよしよしして
あげる姿もありました。


当園の園児たちも、
大半がこのうさぎぐみ経験者です。


在園児がうさぎぐみの時には、

涙が出ておうちの人と離れがたかったり、


初めてする活動にためらったり、
  玩具の取り合いで怒ったり泣いたり…
色々な経験をしてきました。

うさぎぐみのおうちの方におかれましては、

不安もたくさんおありのことと思いますが、

園には、このように優しい先輩
(年少組もとうとう先輩です!(笑))がたくさん。

今まで年長さんにしてもらったように
一つ大きい組として(苦笑)年少さんも

小さい子にやってあげたいこともたくさん!!

 毎日の経験が子どもたちを
こんなに大きくさせてくれます。


うさぎぐみのおうちの方、どうぞ肩の力を抜いて
お子様を送り出してあげてくださいね。

在園児のおうちの方、うさぎぐみの時代を
思い出されるのではないでしょうか???
涙が出ていても大丈夫なんだよと
是非、支えてあげてくださいね。

今回は年少さん、大活躍でしたね。
園のいろいろな活動は、
子どもたちを本当に大きくさせてくれるなと
つくづく思います。
年少さん ありがとうね!!

年長児から、年中さんへ(年中組英語活動)

カテゴリー: 未分類

2019年 1月
今日は、年中さん初めての英語活動!
一年間活動してきた年長児から、
年中さんの活動に切り替わります。
「ハロー」「ハロー」

英語活動は、クラスごと
月に一回のペースで行っています。


今日お見えになった先生は、
以前にも来てくださったことのあるマイク先生!

明るくて、とんちのきいた
とても面白い先生です。


初めて出会う年中さんのほうは…
ワクワク2割 緊張8割といった具合でしたが、

  マイク先生は、次から次へと小技を見せて、

子どもたちの興味を引き込み続けてくださり、

我々担任たちも、ただただ感心するばかり。

風船バルーンを見せて
色や形について話してくださったり、


「駒」の説明を身体表現で
教えてくださったり、


たくさんのボディランゲージを通して
「英語」に触れました。

クラスのみんなで一緒にする活動の楽しさを

しっかり感じとれるようになってきた
この時期だからこそ、


 落ち着いて話を聞くことも、
快活に動いたり表現したりすることも
できるようになっているのだと感じます。

「また来月!!」 「See  You!!」

マイク先生、以前来られた時から当園のことを
とてもいい幼稚園、
とてもいい子どもたち…と言って

褒めてくださいます。

そう感じながら接してくださることは、
子どもたちにとってとても幸せなことであり、
私たちにとっても
とてもうれしいことであります。

いろいろな方から愛され 温かく包まれる経験を
大切にしていきたいものです。

小学校見学(年長組)

カテゴリー: 未分類

2019年 1月
年長児は、
小学校入学を控える時期となりました。
小学校教育に滑らかに接続していけるよう、
小学校と連携を図りながら
年に数回、小学生との交流会を実施しています。

様々な学校区から通園している年長児なので
自分の行く小学校での交流会というわけにはいきませんが、
園に最も近い広島市立牛田新町小学校さんとの交流会です。

秋には、園に足を運んでくれた小学生さん。
今回は自分たちが、小学校に出かける番です。
 
昨年の年長児が交流会に出かけた日は、
寒い大雪の中でしたが

今年は、好天気に恵まれ気分も晴れやか、
しかし、たくさんの階段を上って上って上って…

行くだけで、若干ヘトヘト…(苦笑)
でも、年長組の子どもたちは
そんなことではへこたれない!

すぐに、体育館に移動して一年生さんと合流!

年長児は、ドキドキの気持ちいっぱいでした。

でもチラホラと、
去年の当園の卒園児の姿が見えると、

 
ちょっとだけ安心感にも変わったようでした。

一緒に、『アイアイ』
『おもちゃのチャチャチャ』の踊りをし、

 
グループのみんなで
『なべなべ底抜け』も楽しみ、


全員で、♪♪貨物列車♪♪をしていくうちに、

次第に緊張もほぐれていきました。

卒園児の頑張っている姿を見ると大変うれしく

また、年長児を迎え入れてくれる
一年生さんの優しさは、


とても心温まるものでした。

そして、年長児も一年後には、こうやって

年長児を迎え入れてくれる
立場になっているのだな…


と思うと、安心感すら覚えました。


楽しい遊びで、心も体もほぐした後で、
場所を教室に移して、授業見学です。
内容は、次のとおりです。

幼稚園の子どもたちは、
一年生の個人机に座らせていただき、
お話を聞きました。

子どもたちは学校という所に、

漠然とした不安を抱えていたと思いますが、
 
実際に活動に参加してみて様子が分かったり、

机に着いて勉強だけをするのではなく、

年長児になじみの深いコマやけん玉などの

伝承遊びをする時間があったり、

虫かごをもって公園に虫取りに行ったり、

砂の勉強・水の勉強と砂遊びや水遊びをしたり、

楽しいことがたくさんあるということを

たくさんたくさん教えてもらいました。

とんとん相撲もして遊びました。

相撲力士を貸してくれてトントン…
楽しい遊びが人と人を繋ぐ…
 
これからもそうであってほしいと思います。

最後は、給食の配膳も見学させていただきました。

身なりを整えて、自分たちで全部のことを
していくということを目の当たりにしましたが、
きっと、年長児ならできるよ!大丈夫!!

 素敵な言葉が掲示してありました…

ホッと一息、
荷物置き場として貸して下さっていた

図書室で年長児だけでのお食事タイム


短時間にいろいろなことが
たくさんあり、
緊張感でいっぱいだった
子どもたちも、
食事タイムは、リラックスして
過ごせました。
お弁当を食べやすく配慮いただき
とても助かりました。


その後、子どもたちは登校前からまた一つ
心を大きくして、下校しました。

 

ここにも冬が…(年中組)

カテゴリー: 未分類

2019年 1月
年中組のお部屋を通ると、ウキウキの賑やかな声が…
あれ?子どもたちの他に誰かが?

いました!いました!

たくさんの雪だるまたちが…
どおりで賑やかだと思ったよ!!

年中さんのみんなも、雪を待ち望みまがら
雪だるま作ったのね!

ところで、こんなにかわいくってゆかいな雪だるまたち
どうやって作ったの??

ふむふむ、まずは好きな形を描いて切ったのね…

ゆっくりゆっくり丁寧に…
 
みんな素敵な雪だるまにしようと、真剣です。



部品をのりづけして…お次は…っと。

顔や洋服、マフラーを描いていきながら

どんどん、
自分だけの大切な雪だるまができています。

 

「なにがおかしいの?」 
「だって~~楽しいんだもの…」

真剣に取り組む中にも、
 
クラスの友だちと同じ場で楽しさや嬉しさを感じ

自分の製作に満足感も感じながら
進めていったようです。


いぇ~~~い! 完成!!

仕上がった雪だるま。

同じ素材・同じ色を使って作ったものでも、

一人ひとりが全く違う
個性たっぷりの雪だるまができました。

 
年中さんも
雪が降るのを楽しみにしながら作った雪だるま。

先日作っていた年少さんのものとはまた違った
かわいらしさでいっぱいです。

年長組が近づいてきた今日この頃、
雪だるまの顔つきも、年長らしさを感じますね ♡

一年間ありがとう(英語活動)

カテゴリー: 未分類

2019年 1月
幼稚園では、年間カリキュラムで
英語活動を
取り入れています。

4月から、その活動を楽しんできた年長児。
1月の回で最終となり、
次回からは、年中さんの活動に切り替わります。

一年間お世話になった先生との最終の日…

何かしてあげなきゃ…との思いが膨らんできました。

子どもたちは、自分たちの卒園が近いこととも
重ねあわせたかのような雰囲気で…


「お寿司作ってあげようか…」

子どもたちの選んだものが、寿司…

日本ならではのもので
喜ばせてあげようという気持ち…

子どもってスゴイ



最終回ということで、
子どもたちは何か感じることもあったのか、

いつも以上に張り切り、
にこやかに活動していきました。

英語活動で、講師の先生は子どもたちに
日本語は使われません。

でも、先生の豊かな表情と動き…
そして、子どもたちの大好きなフラミンゴのマスコットに
見守られる中で、
  子どもたちは、先生の意図をしっかり感じ取り、
 
笑ったり、驚いたり、楽しさを感じたりという

 いろいろな気持ちもしっかり味わうことのできる活動です。
 
毎回の、先生と子どもたちとのやり取りを見ていると、

人と人とを繋ぐものは、言葉ではないのだな…
温かい心なんだな…ということを
痛感させられます。


最後のお別れは、とてもさみしかったです。
先生と、先生の大切にされているフラミンゴの
ピンキーに優しくサヨウナラとお礼を
言いました。



英語活動が、単に早期教育としての活動ではなく、
幼稚園でいつも大切にしていきたいと考えている
『いきいき のびのび どきどき』
・いのちを大切にする心
・感動する心
・しなやかな心
にしっかり繋がっている場面が見れて、
こちらもとても充実感でいっぱいになりました。

次回からの年中さんでの英語活動…
どうなりますやら…
そちらもまたまた、楽しみです。