節分会

カテゴリー: 未分類

2019年 2月
いよいよ来てしまいました、節分が…
去年一昨年の節分会を経験している園児たちは、
特に…来て欲しくなかった…節分会……

しかし、年長児は果敢(笑)にも、
今回もちゃんと進行を努めてくれました。

節分の由来や、鬼の嫌いなものの話を、

子どもたちは、いつになく(笑)
神妙な面持ちで
聞いていました。

映画で『一寸法師』を見たり、
手遊びを楽しんだりして


そろそろ会も終わり…といったその時に…
 
チラリ・・・来てしまったのです!!!

あ、河野さん!!イワシとヒイラギで
鬼を撃退しようと試みるも…
ひらりとかわされ…


園長のまく豆にもびくともしない鬼に

自分の身に降りかかる危険も顧みず、
園長自ら立ち向かっていき

あ~~~さらわれてしまったのです…

一同…騒然…

その後、
悪い鬼めは、某警察署に身柄確保され


園児の待つところへ、
命からがら逃げだしてきた園長先生。

子どもたちは、まるで腰が抜けたように(笑)
大好きな園長先生の下に歩み寄り
無事を確認し合ったのでした。

その後は、幸せを呼び込む
幸せのおまんじゅうを
いただき、
豆まきをしました。


「おには~そと~~~」

年少さんは、かわいい鬼さんに変身して、



園庭で豆まきしました。


先日の豆まき練習の甲斐あって(笑)

豆を投げるフォームも掛け声も、
なかなか様になっていましたよ!



年中年長は、園庭に向かって大声で、
「おには~そと~~~」「ふくは~うち~~~」

「おには~そと~~~」「ふくは~うち~~~」


「おには~そと~~~」「ふくは~うち~~~」

 
「おには~そと~~~」「ふくは~うち~~~」


その後の、お弁当タイムでは、
節分会にちなんだお弁当の子もおり、
怖さが一瞬で楽しさに変わりました。


その日の、バス待ちの時間…

怖い鬼をみんなでやっつけて…
何だかいいことありそうな予感ですね!!



 

 

縄跳び大会!

カテゴリー: 未分類

2019年 1月
「先生、ひつじ雲があるよ!」

雲のことに詳しくない私は、
何とも…返答に困ったのですが…

調べてみると、
ひつじ雲の発生した翌日には雨が降る…

と言われているそうで、
…降りました…翌日一日中…冷たい雨が…
子どもから、
いろいろなことを教えられます(苦笑)


こんな天気のいい日には…

外で思いっきり遊ぼう!!

二学期以降、運動会でもらった縄を
使って遊んできましたが、

今日は、年長の学年の友だち全員で
遊んでみることにしました。

一人ひとり、縄遊びへの取り組み方も、
できるようになっていることも異なりますが、

大切なのは、やってみようかな…?!と
思える気持ち


どういった形でもいいので、
縄に触れて楽しさを感じてほしいと願いながら…

だって、こんなに天気がいいんですもの…

走り跳びをしてみました。


自分は出来ないから…と決めて
かかっていた子もいましたが、


先日の上田宗箇流、山本宗佳先生から
「カッコイイ自分になろう!」と
言われたことを思い出し、


挑戦してみよう…という気持ちを

自分で奮い立たせて
取り組んでいる姿も見えました。


そりゃ~、いろいろなことがなんでも
できるに越したことはないのでしょうが、


大事にしたいことは、
出来る出来ないという目先のことでなく

心の中に秘めた意欲!!!
やってみようとする自分の気持ち!!!

年長さん、いいぞいいぞ~~~!!
 *********************
自ら育つものを育たせようとする心、
それが育ての心である…
(倉橋惣三先生の言葉より)

節分会に向けて(年長組)

カテゴリー: 未分類

2019年 1月下旬
2月早々、幼稚園でも節分行事があります。
桃の節句、子どもの節句…と同様、
園でも大切に位置付けている伝統行事の一つです。
年長児では、鬼の絵を描きました。
 
年長児は、いろいろなことを考えて
 
行動していこうとする気持ちが

むくむく大きくなっているので、

今回の絵画制作は、テーマが『鬼』ということもあり、

(こんな鬼(心)はいやだ…)ということや

(こんな心にはなりたくない…)ということも
イメージしながら、

伸びやかに力強く描いてみよう!と
提示してみました。

自分の描いてみたい鬼の色を決めたら、

どうすれば迫力が出るかしら??と考え、

手を振り上げていたり、
爪をとがらせたり、


金棒を描くためのスペースを空けておいたり…

色々と考えながら絵筆を運んでいきました。

時に筆を休め、
友だちの描く絵に感心しながら、


絵の具の作業を終え、
 
クレパスで細部を
描きこんでいきました。


眉毛の描き方や、
鋭い眼光、泣き虫な心…など、


自分の中に描きたいイメージを
しっかり膨らませて


じっくりじっくりと活動しました。


 年長児の壁面には、力強さ満点の鬼がいっぱい!

節分会に向けて、自分の描いて鬼めがけて


「鬼は~~~外!」と、叫んでみました。
    
強くたくましくしなやかな心が
育まれていきますように…



 

 

節分会に向けて(年中組)

カテゴリー: 未分類

2019年 1月下旬
2月早々、幼稚園でも節分行事があります。
桃の節句、子どもの節句…と同様、
園でも大切に位置付けている伝統行事の一つです。
年中さんでは、鬼のパペットを作ったみたいです。

大きな口がパクパクを開く鬼のパペットは…

牛乳パックを使ったのですね…

赤鬼・青鬼・黄鬼・緑鬼…

自分の気に入った色の紙をセロテープで貼って
作っていったのですが、

セロテープの扱いも器用になってきたのには
とても驚かされます。


出来上がりは、こんな感じ!!

『鬼』というとてもこわい題材なのですが、

子どもの手がけた作品は、
 
強そうで、ひょうきんで、お茶目で…

なんとも、
愛嬌たっぷりな鬼に仕上がりました。

 
 満足感いっぱいの子どもたち、
寄り集まって…

鬼たちに会話をさせて
楽しく遊んでいる年中さんでした。


みんな、いい表情で遊んでいます!!

節分会に向けて(年少組)

カテゴリー: 未分類

2019年 1月下旬
2月早々、幼稚園でも節分行事があります。
桃の節句、子どもの節句…と同様、
園でも大切に位置付けている伝統行事の一つです。
年少さん、鬼のお面を作ったようですね。
放課後、クラスのロッカーの上に飾ってありました。

いろいろな形、いろいろな色…

子どもの描く絵はそれぞれで見ていると、
笑みがこぼれます。

節分会前日には、
お部屋の中で豆まきの練習?!(笑)


   

お家で、
豆まきしたことのある子もいたようですが、


園の友だちや先生とする豆まきごっこ…
楽しい~~~♡

 

や・や・やめてくれ~~~~~

鬼役の先生は、子どものパワーにタジタジ…


節分会が楽しみだね!!!

上田宗箇流お茶会(年長組)

カテゴリー: 未分類

2019年 1月

年長組では、毎年この時期に
上田宗箇流の山本宗佳先生がお見えになり、
お茶会を開いてくださっています。
今年も幼稚園のホールで行いました。

「日本文化の伝承~アクティブラーニング~」をコンセプトに
子どもたちが、
もてなす側ともてなされる側に分かれ、

そのどちらをも経験できるようにと
会を進めてくださいました。


子どもたちは前日、懐紙を作ることからはじめました。

秋の大学祭の時に一度お会いしたことのある

上田宗箇流、山本宗佳先生のお点前

まずは、きく組から参加しました。

壁には、新年の「おめでとうお茶会」の文字

心も体も環境も準備万端ですが、
 
ホールの照明を落とし、
大変雰囲気のある中でのお茶会。


とても緊張気味に参加しました。

前日に作っていた懐紙の上の
和菓子は、

本当に上品なお味でした。

その後のお抹茶は、
初めて口にする子もいましたが、


みんな、背筋を伸ばしてとても礼儀正しい姿で

その場の空気にしっかり溶け合い、

いただくことができた年長児でした。
  今日は、上田宗箇流お茶会によくご招待される
本学の木谷専務理事さんが、園長と共に
お茶を立てるお手伝いを
してくださいました。

 
続いて、ゆり組です。

和菓子をいただいた後の懐紙は、

自分で懐にしまっておくということを

きちんと考えながら行動している姿に
  山本先生がすごく褒めてくださいました。
その間にも、木谷専務理事さんは、
子どもたちのためにおいしいお茶を
立て続けてくださいました。

山本先生が立ててくださったお茶は、
正客さんがいただきます。

みんなのお茶ができるまで、

目を閉じてみましょう…と山本先生。

目を閉じていると、

だんだん気持ちが落ち着いてくるのが
分かりますよ…と。


時間にして、
一クラス30分余りのお茶会でしたが、


気持ちを集中させて取り組む姿に
大変感心しました。


生まれてたった6年しかたっていない
子どもたちなのに…と、


放課後、
しみじみと今日の姿を思い出しながら、

 
感慨深く園長と話しました。

日常の園生活であって
非日常な活動も経験しながら

今日は『凛とする』感覚を
味わわせていただきました。


山本宗佳先生、そして、木谷専務理事様
年長児のために貴重な時間を設けていただきまして
本当にありがとうございました。