年長児から、新年長さんへ

カテゴリー: 未分類

2019年 3月
幼稚園では、卒園していく年長児から新年長児に、
いろいろなことを引き継ぎます。

年長児が、今までやってきた活動を引き渡すには、
自分たちが頑張ってきた自負もたっぷり感じられ、
年中児にとっては、年長児に対する大きな期待が
益々膨らんでいきます。

年長児がグループで、
引き継ぐ内容をポスターで描きます。


グループ内、一文字一文字順番を回しながら
書いていくという方法で
進めているところもあれば、


字の得意な人と、絵を描くのが得意な人に分かれて
分担作業にしているグループもあります。

どんな方法でもいいので、
グループの友だちで
力を合わせて
みんなで進めていくということを大切に

活動を進めていきます。

あるグループでは、
一文字ずつ担当して書いていましたが、

いざ、自分の番になると、
その文字が書けるか自信がなく…


すると、グループ内の友だちが、
その文字を点線で描いて

その上を担当の子がなぞるということを
やっていました。
困った時には、助け合える仲間関係が
築きあえていることに胸が熱くなりました。


どのグループも一つの目当てに向かって
自分たちでしっかり考えて活動していきました。


その出来たポスターを大事に持って、
年中児のお部屋に向かいました。

伝える側も、受け取る側もとても真剣でした。

いつもにこやか元気いっぱいの
子どもたちですが、


何だかとても
身の引き締まるようなひと時でした。


年中児は、次は自分たちが年長なんだ!

年長児は、あとはみんなにまかせたよ!

そういう空気でいっぱいになりました。

質問タイム!!
聴きたいことなんでも聞いて下さい!


それについても、年長児は、
しっかり応えていきました。


年中さん、年長さん、
どちらもとてもかっこいいよ。


年長児の残した、この文字と絵は、
四月から年長児の教室に一年間掲示され、
 
新しい年長児が、いつも目にしながら…
去年自分たちがしてきてもらったことや
まかされたことを思い出しながら…

新たな活動に繋げていってくれるのです。
年長児の残した足跡は、
こういうことからもしっかり
園に刻まれているのです。


先輩たちから受け継いできた大切なこと、
これでしっかり引き継がれたよ。
年長さん、一年間お疲れさまでした。




今日はひなまつり会

カテゴリー: 未分類

2019年 3月

園庭の端の『さくらんぼの木』、
こんなにつぼみが膨らんでいました。
今日から三月です。

今日は、今年度最後の集会「ひなまつり会」です。

ホールで待つ雛人形のもとに、
全園児大集合しました。




今日は、
元園長の柿本先生をはじめ、
保護者会会長さんなど、
学校関係者評価委員の方々も
お見えくださいました。




年長にとっては、園生活最後の集会、
しっかり楽しんでね。


雛人形のお話・説明をしっかり聞きました。

その後は、当園恒例の、
『おひな様間違い探しクイズ』


さぁ、ステージの幕が閉まっている間に、

どこかが、何かが、変わっているよ!

まず、年少さん問題!!
 
あ~、ぬいぐるみさん、
一緒に並んで座ってる!(笑)



続いて年中さん問題

五人囃子が~~~四人囃子になってる~(笑)


さぁさぁ、次は年長さん問題
 ♪考え中♪ ♪考え中♪

  年長さん問題…難関…

あ~~~、鏡(鏡台)がない!!(笑)


最後は大人問題だよ!

さぁ、どこでしょう???




「おだいりさまの烏帽子が
まがってる?」


「違います~、
ずれやすいんです」

 



「橘の木の実の数が
    減っている???」

「大間違い!!
 少なくなっていません!!」




正解は、菱餅の上と下が変わっている…でした。
菱餅の色は、白が雪で、その上に草が生えて
花があって…とも言われているんだよ…

そういった話を、年少さんも年中さんも、
静かに聞き入っていました。


楽しいクイズ大会だったね。
今日でおひなの世界に帰ってしまう方たちに
サヨウナラをしてクラスに帰っていきました。

雛人形に深々とお辞儀したり、

手を振ったり、
 
中には、手のひらを合わせて拝んだり(笑)して

一人ひとりおひな様たちにお礼を伝え、

おひなの世界への帰路の安全をお祈りしながら、

お見送りしてあげたのでした。

年少さん・年中さんは、また来年…
年長さんは、今までありがとう…
おひなさまの小さな口がそう動き、
やさしく微笑んでくれました。


その後、年長児はこれまた、

今年度最後のおやつ配りにいそしみました。

慣れない手つき・ちょっぴり自信の
なかった年度当初に比べ、


 心も体もぐ~~~んと大きくなって、
頼もしいです。

みなさん、おやつはどうですか?

バッチリ グー!です
 
ぼくは~しあわせだなぁ~~~

う~~~ん、味がしみ込んでくる!!

おやつ配りに行った年長児に、
「みんなにはどんな気持ちで
おやつをいただいてほしい?」

とたずねてみると…

口をそろえたように
「うれしい気持ちで…」と言いました。


なぜ、そう思うの?とさらにたずねると、
「だってそうでなくっちゃ、
おやつがおいしくなくなるから…」

美味しいものも美味しくなくなる…
美味しいものがますます美味しくなる…

それは、自分の心次第。
自分の回りの友だちの心も同様。

心の中なんて、
目には見えないものだけれど、


心がうれしいって大事なことなんだ…

そんなことも感じられるようになったのですね、
年長さん。


みんな、うれしい気持ちでいただいた
おひなさまのおやつでした。
年長さん、ありがとう。



その後のお弁当タイムも、あちこちにおひなさま♡

園庭のあちこちで、
 
いろいろな植物も開花し始めています。

冒頭の、
さくらんぼの木の蕾の話を年長児にしたところ、

いっつも咲いてる桜の木もあるよね!と子ども。

あ~あれね~、みんなこの桜のことは知っていました。
どうなってるんじゃろうね~~~
不思議極まりないです…