作品展ありがとうございました

2018年 10月
今年の作品展・お祭りは、好天に恵まれ
開催することができました。
子どもの作品展示もゆっくりご覧いただきまして
ありがとうございました。

<年少組>
作品展という行事を初めて経験する年少さん
日頃の興味や関心のあったことを取り上げて
作品に残していたものを展示しました。

入園間もない子どもたちの心を癒してくれた
ダンゴ虫やカタツムリ
紫陽花のお花・おうちの人と見上げたお月様…

自然界のものが、子どもたちにかかっては
こんなに色々な表現の仕方で楽しめるのですね。

園生活の中で扱えるものも増えてきて、
セロテープに広告・空き箱などを使って
遊ぶことも楽しくなってきたこともあり
組み立てるとあら、自分ができちゃった…

粘土コネコネも得意な年少さん
粘土をちぎっては丸めて楽しい楽しい遊びが
こんなに素敵な作品になりました。

こんなおだんごを食べながらお月見したいものです。
子どもの握った手の温もりまでが
伝わってくるようですね。



<年中組>
年中さんでは、経験したことを色々な方法で
表現することを楽しんだことを展示しました。

友だちと遊んだシャボン玉、
きれいにふくらみ、
ふわふわ~っと本当に飛び出してきそうです。




クラスの友だちと一緒にうたった
『そらにらくがき かきたいな』
年中さんの大好きな歌でした。

青いお空にもくもく雲と雲とを繋ぐ道
そこに本当にらくがきしちゃった…
歌を口ずさみながらのお友だちとのお絵かきは
とても楽しかったよ。

遠足で行った水族館で遊んだザリガニ釣り
幼稚園ではできないから…
それならザリガニ作っちゃおう!!


幼稚園の自然の中で出会ったカマキリやナナフシ
蝶やバッタにてんとうむし…etc.


空き箱やゼリーカップやキャップを使って
自分人形や、おうち・乗り物も作ったよ。
一人ひとりの作品が生きているようで、
まるでミニチュアの世界に迷い込んだような
不思議なとても楽しい気持になりました。


<年長組>
妖怪やお化け屋敷に興味のあった今年の年長組
そこで今回の作品展示では、
妖怪横丁を作ることになりました。




8つのグループで作りたい妖怪を相談し、
7~8人で力を合わせて作った8体の妖怪たち。

妖怪横丁のお店も、グループのみんなで相談しながら
いろいろなアイデアに笑いの絶えない製作時間でした。


自分のお気に入りの妖怪を
描いて展示した妖怪美術館。

絵本を参考にしながら描いたり、
自分のオリジナルの妖怪を
考えたり、
妖怪の説明文もついていて
フムフム…勉強になります(笑)


賑やかな妖怪祭りのはじまりです!


祭りには人もいなきゃ…と
子どもたちの製作意欲はとどまることなく
展示二日前までも作って遊ぶ楽しさは継続していきました。



役員さんには当日まで、連日の準備や、当日のお仕事…
お手伝いして下さった保護者の方・
子どもたちの作品をじっくりご覧くださいました方々…
皆様のお蔭により、とてもいい行事となりましたこと、
本当にありがたく思っております。
子どもたちの作品にも表れておりますように
子どもたちがのびやかに日々を過ごし
その中で伸びやかな表現ができるその環境は、
保護者の方々の温かい見守りと
支えあってのことと感謝の思いで一杯です。
ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。