妖怪迷路スタンプラリー(年長編)

2018年 10月

年少さん・年中さんと
一緒に
楽しんだ
妖怪迷路スタンプラリー

満足に終わった年長児でしたが、
「僕らもスタンプしたい!!」
ということで…



年長ゆり・きくで交代でスタンプラリーをやってみました。

スタンプを押してあげるのも、
迷路を回るのも手順もすっかりお手のもの。


年長の保育参加のお母さんも一緒に

妖怪になりきって存分に盛り上げてくださいました。

自分たちの作った迷路でわざと迷ってみたり(笑)

スタンプ屋さんと言わんばかりに景気よく
ポン!と押すことを楽しんだり

スタンプが一つ一つ増えていくノートを
にんまり見て楽しんだり…


年長児が自分たちで作ったものを
本当に楽しんでいました。

グループの友だちとも、

ますますチームワークがよくなって

順番を守ることも、助け合うことも、

自然に身についていっているように感じました。

子どもたちの楽しさの中から、

子どもは本当に色々なことを学んでいて、

クラスや学年の友だちとも、さらに仲が深まり

みんなが楽しい活動になったこの遊び…

大人が子どもと同じ目線で遊ぶことで

初めて見える子どもの心・気持ち・考え…

初めて分かる子どもの楽しさ・嬉しさ…

子どもたちが教えてくれる大切なことを見逃さず
明日の保育に繋げていかなければ…と
強く強く思うのです。

すくすくにいた噂を聴きつけた
中井先生や富原先生までやってきました。

年長組みんなの活動をまわりのみんなが楽しんでくれて
終えられた妖怪迷路スタンプラリーでした。
















コメントは受け付けていません。