おもちつき大会

2018年 12月
今日は、全園児の待ちに待ったおもちつき大会です。
今年は、卒園児のカープ岩本貴裕選手や、
カープキャラクタースライリーさんとの都合が合わず
役員さんとお手伝いのお父さん、
そして子どもたちとで行います。


アレ?! 誰だか見慣れない人が交じっています。



そうです!
今年は、比治山付属幼稚園地区だけで大ブレイク中の
力士『比治乃山』が急きょ
応援に掛けつけてくれたのです!


比治乃山の姿に、
子どもたちも応援の声が響きます。


お父さんたちも比治乃山に負けてなるものか…
と、とても精を出してくださいました。

きねつきのつきたておもちを丸めます。
 
初めて、本物のおもちに触れた!という子も
いたのではないでしょうか?

 

年少さんも、
前日の粘土遊びの甲斐あって、
とても楽しそうに
上手に丸めていきました。

ほ~ら、こんなにたくさん!!







年長児は、きねを持ってのもちつきにチャレンジ!!

「オレ、きね持てんかもしれん」と言っていた男の子も…

きねの重さによろけながらも

比治乃山のどすこい!!の掛け声に後押しされ

全員無事に、きねでおもちをつく事ができました。


ハッスル! ハッスル!













年長さんもおもち丸めです。
 
     
どっど~~~~~ん!!

早速、きな粉もちにしていただきます。
 
「幼稚園のきな粉は、黄緑なん??」

「幼稚園のきな粉っておいしいね」

「きな粉のおかわりある?」

子どもたちは、きな粉のおもちを

それはそれは美味しそうに頬張っていました。
 
  
自分たちのために、おうちの方が一生懸命に
 

おもちをついたり、ちぎってくれたり、
  

きな粉のおもちにしてくれたり…


もちろん、自分たちもおもちつきに携わっている分、


いただくおもちのその味は
格別においしかったのだと思います。


祝い事や特別な日であるハレの日のもちつき
年末年始には欠かせない
伝統行事としてのおもちつき


もちつきは一人ではできない為、
みんなの連帯感を高め、
喜びを分かち合うという社会的意義もあります。

それらを、子どもたちは園全体に流れる空気感で
感じとってくれたのではないか?と
思っています。


役員さん、お父さんボランティアさんのみなさま、
そして、力士『比治乃山』…
朝早くからのご協力ありがとうございました。
おかげ様で、あたたかさで溢れた
もちつき行事になり、
感謝の思いいっぱいです。














コメントは停止中です。