年度末大掃除(年少組)

2018年 12月
楽しかった二学期も、もうすぐ終わり…
大きな行事は、もちろんのこと、
行事予定表にはのらない楽しい
遊びもたくさんありました。


年中さんが年少の部屋で
移動寿司屋さんを開店してくれた日、


店前には、黒山の人だかり…

手作りの楽器では、来る日も来る日も

友だちと演奏会を楽しんだり…

お部屋の積み木や汽車では、

すっかり友だちとの遊びも楽しくなったり

 
幼稚園での生活を、
友だちとの遊びを、
年少さんのペースで
しっかり進めていくようになりました。

子どもの育ちは、
目に見えるものではありませんが、
こうやって振り返ってみると、
本当に大きな成長を遂げているのが
見えるようですね!!

そんな年少さんも、
今日は、年末行事である大そうじを
やってみることに…

毎日使わせてもらったお部屋
おもちゃコーナーに床…
 
おうちごっこで大活躍だった冷蔵庫に、黒板…

絵本棚に窓まで…

子どもたちは、一人一枚の雑巾を片手に
 
「おそうじ!」「おそうじ!」と、
次から次へとお掃除場所を見つけて
どんどん拭き掃除していきました。


わっ、写真がブレるほどの速さで(笑)
床拭きがが始まりましたよ!

それならば…「第一回、床拭き大会!!」(笑)
みんなで賑やかな床拭きとなりました。
 
両手で、雑巾を押さえながら進んでいくのって
案外難しいんですよ!
(また、四つん這いの動きは陸上競技においても
とてもいいトレーニングになるんだそうです。)

最後は、きれいになった床の上で、
つるつるスケート大会になりました。

子どもにとっての、幼稚園での大そうじは
単にきれいにすることだけでなく
楽しい・体を元気に動かす・友だちと協力する
そして、必要なことを自分で考えて行動する…など、

いろいろな要素が含まれたもので、
子どもたちにとって大好きな活動のひとつです。
その活動をこんなに伸び伸び楽しめる
年少さんを見ていると、

すっかり幼稚園児になったなぁ…と、
しみじみ感じたのでありました。


コメントは停止中です。