節分会に向けて(年長組)

2019年 1月下旬
2月早々、幼稚園でも節分行事があります。
桃の節句、子どもの節句…と同様、
園でも大切に位置付けている伝統行事の一つです。
年長児では、鬼の絵を描きました。
 
年長児は、いろいろなことを考えて
 
行動していこうとする気持ちが

むくむく大きくなっているので、

今回の絵画制作は、テーマが『鬼』ということもあり、

(こんな鬼(心)はいやだ…)ということや

(こんな心にはなりたくない…)ということも
イメージしながら、

伸びやかに力強く描いてみよう!と
提示してみました。

自分の描いてみたい鬼の色を決めたら、

どうすれば迫力が出るかしら??と考え、

手を振り上げていたり、
爪をとがらせたり、


金棒を描くためのスペースを空けておいたり…

色々と考えながら絵筆を運んでいきました。

時に筆を休め、
友だちの描く絵に感心しながら、


絵の具の作業を終え、
 
クレパスで細部を
描きこんでいきました。


眉毛の描き方や、
鋭い眼光、泣き虫な心…など、


自分の中に描きたいイメージを
しっかり膨らませて


じっくりじっくりと活動しました。


 年長児の壁面には、力強さ満点の鬼がいっぱい!

節分会に向けて、自分の描いて鬼めがけて


「鬼は~~~外!」と、叫んでみました。
    
強くたくましくしなやかな心が
育まれていきますように…



 

 

コメントは停止中です。