竹取物語?!

2017年 7月
「年長さん、お願いがあるのだけど…」
園長先生が、年長さんにしたお願いとは、
七夕会に使う笹飾りのための竹を
大学の竹林から採って来てくれませんか?というもの。

園長先生からの頼みとあっては、受けぬわけにはいきません。
任されることにむしろ
大きな喜びと使命感を持っていざ竹取へ!


大学構内の小さな竹林では、現業員の河野さんが
適当な竹を見繕ってくださっており、
さぁ幼稚園へ帰ろう!!!

私たち大人が何人かで、運んで来れば何ということはないけれど、

『僕たちが自分の力で、園の行事を 園生活を 作っている!』

そういう気持ちを味わわせたくて行った活動。
「幼稚園まで、もうちょっとだね!」

小さい組さんにとって、何でもやってのける年長児は
いつもあこがれの存在。
ある年中の女の子は、「早く年長さんになりたいな」と
お家で話をしているのだとか。

みんなの存在が、みんなを大きくしてくれている幼稚園です。
年長さん、ありがとう

 

コメントは受け付けていません。