正月遊び

2018年 1月
幼稚園では、昔から伝承されているお正月遊びも
遊びのひとつに取り入れています。

年中さんの集いの時間を覗いてみると、福笑いをやっていました。

4~5人でグループを作って遊びを進めていきましたが、

友だち同士で はちまきをつけてあげたり、

顔のパーツを渡してあげたり、

自分たちで上手に順番を決めて、

遊びを進めていっていました。

面白い顔ができていく工程をみんなで笑ったり、

出来上がったお福さんに苦笑したり、

楽しい友だちとの時間の共有ができました。

ちょうど来てくださっていた子ども発達教育学科の教育実習生さんも

遊びの一員になり一緒に楽しみ、正月の福をたくさんたくさん呼び込みました。

1月11日は、鏡開き









職員室ではぜんざいを炊いて
今年一年の一家円満ならぬ
幼稚園円満を願いました。

時代は流れ、情報の溢れる現代ではありますが、
日本で昔から伝承されている行事や遊びにふれていく中で、
趣や情緒といった風情…感じる心
大切にしていきたいと感じる今日この頃です。

コメントは受け付けていません。