2022.09.27

年少

泡遊び(年少)

2022年 9月

2学期に入ってからも、プールに色水、
そして1学期には、できなかった泡遊び!
やってみました!!

いつも遊んでいる絵の具の色水に、
ちょっぴり食器用洗剤を加えたものです。

テーブルに、泡をどんどん広げたり、

カップを使って、
根気強くペットボトルに注いだり、

入れた水をシェイクしたり、
泡へのいろいろな関わり方がありました。

  

 

手の平や、手の甲、腕にまで、泡を乗せて、
泡のふわふわとした触感や
積みあがっていく面白さを
感じているようでした。

『泡と戯れる』という言葉が、ぴったり・・・

『遊びひたる』子どもたちです。

 

ペットボトルの中に泡が増えて、
ムニュッと、凹ませると~~~

うわ~~い、泡が出てきたぁ~~~

わぁ~、泡が出た~

あれ? 泡があんまり出てこないぞ~~?

友だちのしている様子を真似て、
やってみたけれど…
思うようにできないなぁ…
どうしてだろう…?

 ↓ こちらは、手のひらの泡で、シャボン玉を
飛ばしてみようとする試み!



泡に戯れながらも、不思議や疑問、
チャレンジの心持ちまで、
湧き出しているようでした。

出来た泡を友だちと共有したり、

他クラスの友だちと、自然にまじわったり、

偶然できたシャボン玉を、
友だちと 驚きのまなざしで見たり、
そーっと大切に触れたりしていました。

友だちと、共有できる部分も
とても増えてきたなと感じるこの頃です。

個々の楽しみ方を、何人もの子が見て
「楽しそう」と興味を持ったり、
「いつか自分も」と
意欲を持ったりしているようでした。

こんなところから、『遊び』は広がっていき、
『園の文化』として
育っていくのかもしれませんね。