ブレイクタイム(^_^)/

カテゴリー: 未分類

2020年 10月

年長児は、いつでも他学年を、
鬼ごっこの仲間に入れてくれたり、
お店を開いたり、
自然に優しく振る舞ってくれます。

( ↓ 前回のお菓子屋さんの様子)



ある日年中児が、戸外で遊んでいる最中に
さくら・ふじ(年中児)のクラスに
置手紙と、何とお金(笑)まで
こっそり教室に置いてありました。



今までの、
いろいろな経験のある年中児は、

急いで昼ごはんを食べて、
約束の時間までソワソワ……



しかし、約束の時間が近づいてきたときに、
年長児が

「ポテト事件が起きたから
少し待って下さい…(>_<)」と。




どうやら、年長児の方も
気が逸り、慌ててしまい…

売ろうとしていた品物(ポテト)が、
ひっくり返ってしまったようです(>_<)




年長児、気持ちを立て直して
スタンバイ、オッケー!!



勇んで、年中児がやってきました!


 

「いらっしゃい」「いらっしゃい」
「うどんにスパゲッティ、ポテトがありま~す」




「え~~~? まよう……」
「私、ラーメンがいい!」
(ラーメンはないんだって…)

  

「ポテト、買っちゃったよ!」



「僕は、うどん」「僕、スパゲッティ」




「ねぇ、何買う??」
並んでいる間に、
欲しい品物を心に決める年中児(^_^)/




部屋に戻ってからは、
友だちと一緒においしさの共有(*^_^*)



「大きい組さんにお礼のお手紙書きたい…」
という子もいて、
早速、年長児に届けに行ったところ、




年長さんは、
そのお手紙を喜んで受け取り、
クラスに掲示してくれました。


 


今年は、コロナ感染症予防対策で、
毎年行っている大学祭での『おまつり』は、
中止となりました。

例年、そのおまつりでは、
役員さんが中心となって
うどん屋さんや、お菓子屋さん、

アイスクリーム屋さんなどの
模擬店を開いています。


今年は、そのお店を
味わうことができなかったので、

それに代わる体験ができるように…という思いで、
年長児が発案してくれたお店だったようです。

年長児のその真意を、年長児の担任から聞いて、
年長児は、三年目の園生活を
しっかり過ごしているのだなと

感心した遊びでした。



作品展に向けて(年少③)

カテゴリー: 未分類

2020年 10月

園生活にもすっかり慣れてきた年少さん

二学期に入り、
絵の具や筆にたくさん親しんできました。






出来ること、やってみたいことも、
ぐんぐん湧き上がって、
心も身体もとっても
大きくなっているようです。


   

そこで、年少さんでは、
『大きくなった自分』を
絵の具で描いてみましたよ。








クラスで、順番に描いている最中、
絵本を顔に当てて「先生!」っと、
呼んでくれたのは…???

← 思わず笑ってしまいます(*^_^*) 







いろいろな色を使いながら、
どんどん出来上がっていくお顔に
友だちも興味深そうに眺めていましたよ。

 
 
顔ができたら、身体や手足もいるね…(^_^)/

…ということで、
お家からたくさんご協力いただいた

空き箱やカップなどの、廃材を使って…




セロテープで、構成していきました。


 

(立っている自分にしようかな?)
(洋服にボタンつけようかな?)



いろいろな思いやイメージが
形になっていく楽しさを
味わいながら、
製作を進めていきました。





手形遊びも楽しんだ年少さん


 
 

お顔と、身体と、手形を全部くっつけると…
自分人形の出来上がりです!!!
表情豊かで、か~~~わいい ♡



思いのたくさん詰まった自分人形です。
何とも愛おしい…










作品展に向けて(年中②)

カテゴリー: 未分類

2020年 10月

作品展では、生き物の世界を作ろうか…と
盛り上がった年中さん



廃材で、昆虫などの生き物を作ったあと、
「草もいるよ」「木もいるじゃん!」と子どもたち。

 

夏の遊びで、
ペンキ屋さん遊びをしていたものも使って
草と木を作ることにしました。




乾いた模造紙を、葉っぱのようにはさみで切ります。

バッタのすきな葉っぱは『包丁葉っぱ』よね!
(子どもたちの通称)




「先がとがってるよね!」「細い葉っぱよね」
バッタの好きそうな葉っぱを考えて
しっかり『草』をイメージして切っていました。




葉っぱができたら、今度は、
段ボールに貼りつけです。




これは、二学期から始まった
グループのお友だちと一緒に
みんなでつくり上げていきました。


 

どんどん出来上がっていくと、
まるで教室の中が草むらになったようだと
大はしゃぎの年中さんでした。



『草』は、特に名前を明記している訳ではありませんし、
生き物の森を、盛り立てる脇役のようではありますが、
子ども一人ひとりが、一生懸命取り組んだ
はさみや、のりづけの跡が
しっかり残った作品になっています。
その子どもの気持ちまで、
読み取っていただけたら幸いです。

作品展に向けて(年長②)

カテゴリー: 未分類

2020年 10月

先日、年長児の作品展示に向けての、
グループ活動を、ブログでご紹介しましたが…

まだ、現物をご覧になってない方は、
どのような世界が広がっているか…
楽しみにしておらることでしょう…

 



続いてのグループ活動は…
画用紙を21枚もつなげた大きな紙に……
色鮮やかな色の絵の具を使って…


 


一つのテーマに基づいた
絵を描いていきました。

黒の画用紙に描く絵は、
とても発色がよく、
きれい!!






また、画用紙から絵がはみ出ることも
気にすることもなく、
とても伸びやかに
表現していく子どもたち



 


気持ちよさそうだなぁ~(*^_^*)子どもたち!






色付けには、慎重に…
自分の思う色を重ねていく姿は、
年長児らしさが
溢れています。





伸びやかに、楽しそうに表現した絵は…
ウフフ♡ 
それは、現物を見てからのお楽しみに!





現物を見られた方……
こういった過程で、仕上がったのですよ!
年長児の展示室、

素晴らしい世界になっていますよ!!

作品展に向けて(年少②)

カテゴリー: 未分類

2020年 10月

10月1日は、仲秋の名月で、とてもきれいな
お月さまを見ることができましたね!




年少さんでも、「夜 お月様みたよ!」
「おだんご食べたよ!」と話してくれる子もいました。

 


年少さんでは、お月様の絵本を見たり、
お月見の話をしたりして、
みんなで、お月見だんごを作りました。


 



まずは、三方をのりづけし、
その上に、たくさんのおだんごを、
ポンポンポン…と乗せていきました。


 


大・中・小の大きさのおだんご
とってもおいしそうですね!!

 


美しい季節のある、
日本ならではの伝統的な年中行事
お家の方とともに、お月様を見上げながら、



おいしいものをいただいたり、
語らい合ったりという体験も

意識しながら取り入れていきたいものですね…
年少さんのお月見だんご、
とても味わい深いです(*^_^*)





 

作品展に向けて(年中①)

カテゴリー: 未分類

2020年 10月

年中児は、廃材を集めはじめた頃より、
廃材遊びを楽しみにしていました。


今年、年中・年長児は、昆虫館への遠足を
予定していますが、
年少さんは、動物園に行ったので、


それならば、昆虫などの
生き物を作って
見せてあげようか…?
ということになり、

早速生き物作りが始まりました。


夏から秋へと、
園でもたくさんの生き物に触れ、

しっかり観察してきた子どもたち!
 

出来る限り本物らしく…という思いからか、
お家から、使い込んだ(笑)図鑑を持参して、
それを参考にしながら作る子もいました。
 

「いろいろな生き物がいたほうがいい」と
考えた子どもは、友だちがまだ、
選んでいない
昆虫をあえて選んで、
作る子もいました。



年少さんの時には、どこにセロテープを
貼りつければ、構成していけるのか?
まだまだよく分からなかった年中児ですが、


大きさや、形など、それに見合う廃材を選び、
セロテープを駆使して、

自分の力で製作しました。


出来た自分の生き物に対しては、
それはそれは、
愛着がたっぷり♡
早速持って遊び始めた子どもたち!
 

「昆虫バトルしよう!」などと言って、
作った生き物同士を戦わせている場面も…(苦笑)


作品展までに、壊れないか心配していたのは
担任だけで(苦笑)
当の子ども達はうれしいばかり(^_^)v

壊れたところを何度も何度も修正した跡が、
しっかり残って展示されています。

作品展に向けて(年長①)

カテゴリー: 未分類

2020年 10月

運動会をやり遂げた達成感が
とても大きかった年長児は、
その自信が後押し、勢いづいて
作品展示に向けての活動に突入していきました。

<バッタグループの活動>


 


夏のおたのしみ会で、友だちと楽しんだ
『おばけやしきごっこ』再燃!!

<セミグループの活動>



今度は、お家の方や、他学年のお友だちを
驚かせたいという思いで、
本格的な活動に取り組んでいきました。

<カブトムシグループの活動>






友だちと一緒に、イメージを共有し、
同じ目的で取り組む中で、

<クワガタグループの活動>






 
 

友だちの良さに気付き、
考えを受け入れ合う喜び、

一緒に遊びを進める楽しさを
感じていったようです。

<トンボグループの活動>

 

出来上がった作品の内部や、
こまごまと手の込んだ作業…
年長ならではの要素がたっぷり…
このような過程があったのですよ…

<カマキリグループの活動>


    

作品を見るのが、
ますます楽しみになられたことでしょう…
見学させてもらった年中・年少児も、
「もう一回見たい」「もう一回見たい」と、
毎日のようにリクエスト続きです(^_^)/

作品展にむけて(年少①)

カテゴリー: 未分類

2020年 10月

年少児が毎日遊んでいる園庭の草むらに、
たくさんのバッタが出てきました!


 


「ウワッ!」と、驚くほどの
大きなバッタもたくさん見かけ、
一瞬、たじろく姿もありましたが、


  

勇気を出して捕まえようとする子、
虫かごの中に入れて、不思議そうに、
また、愛おしそうに見つめる子など…



バッタとのかかわりは様々でしたが、
どの子にとっても身近な存在となりました。



そこで、折り紙でバッタを作ることに
挑戦してみました。
 


クレパスで、草やごはんなども描きました。
毎日の遊びでしっかり触れてきたので、
製作活動にとても結ぶつきやすいようで、
愛情のいっぱい詰まった
バッタさんになりました(*^_^*)

作品展に向けて

カテゴリー: 未分類

2020年 10月

今年度は、
新型コロナウイルス感染症拡散防止のため、

作品展を例年とは異なる形で開催いたします。



子どもたちの作品の展示期間は、
保育参加期間の
10月19日(月)~11月6日(金)です。




今日から、何回かに分けて、
作品展までの遊びの様子を
お知らせしていこうと思います。

 
人数的、時間的制約があり、
大変ご不便をおかけいたしますが、



作品になっていくまでの過程や、
胸躍らせながら活動した姿を想像しながら、


子どもたちの思いのつまった作品を
じっくり鑑賞してあげてくださいね。



宜しくお願いいたします。


なんでもアート・どこでもアート

カテゴリー: 未分類

2020年 10月
 朝晩の空気がずいぶん冷たくなってきました。
体調を崩しやすい季節の変わり目ですが、
お家の方々の意識の大きさからか、
園の子どもたちは、おかげさまで
元気に過ごしています。

最近、子どもたちがよく遊んでいる植物です。


調べてみると…
『アレチヌスビトハギ』という名のようです。
どおりで…
『はぎ』の花に似ていると思いました。


「先生、エプロン貸して!」
「ん?」


摘んできた実で地道に、
(何しているのかしら…?)
すると、先生のエプロンにこんな作品が…
『なんでもアート・どこでもアート』
ですね(*^_^*)


園舎内でも、作品展示に向けて、
一日一日と、子どもたちのアートが
賑やかに飾られています。

どうぞお楽しみにされていてくださいね!