やきいも会(その3)

カテゴリー: 全体, 行事

2020年 11月

さぁ、おいもが焼きあがりましたよ!

さっきまで一緒に遊んでいた年長児は、
さっと、やきいも屋さんに変身!


さぁ、準備開始!!



年少さんも、チケット持って、
スタンバイオッケー



 


おいも袋に入れられた焼きたてのおいもは、
ほっかほか!
また、ここでも、年長児は大活躍!

 

 

味はどうですか? おいしい~~~
うれしくって、笑みが溢れます!






大活躍だった年長児、
一仕事を終え、ようやく自分たちも、
おいもに
たどり着きました。

 

年長さんにとっては、最後のやきいも会




大好きな幼稚園の、思い思いの場所で、
友だちと一緒に食べるおいもは、
何ともおいしい味だったことでしょう。




こうやって、充実した時間を過ごしながら、
気付けば年長さんの園生活は、
残り後4ヶ月あまりとなったのですね…



やきいも会
最高に幸せな一日として、
心に刻んだように感じます。



やきいも会(その2)やきいもが焼けるまで…

カテゴリー: 全体, 行事

2020年 11月

やきいも会当日
幼稚園のみんなが、下園庭に大集結!

アルミにくるんだおいもを、焼いている間、
遊んで待つことにしました。




いつもは、お世話されるばかりの年中さんも、
年少さんの存在を目の前に、顔つきが先輩に…



同じバス便の子で、顔見知りを見つけると…
自然に手を取り遊び始める姿も…



もちろん、はじめまして…のお友だちにも、
そこかしこに、仲良くなるきっかけがたくさん♡



全園児が、下園庭に集っているというのに、
人の多さをあまり感じさせないのは?




さくらの森に入り込んで遊んでいる子も
とても多かったです。
その人の多さを、しっかりと受け止めてくれる
さすが!我が園の誇るべき『さくらの森』です(^_^)/

  

いもの焼ける煙が充満する園庭で
過ごすひとときは、

なんとも、穏やかで優しい時間の流れでした。



みんな、自分のやりたいことを見つけ、
年少・年中・年長、それぞれの良さが
しっかりと見えたひとときでもありました。 

やきいも会(その1)

カテゴリー: 全体, 行事

2020年 11月

年少さん、はじめてのおいもほり、に続いて、
初めてのやきいも会が、やってきますね!
やきいもの準備をしました!

  

初めてのことに心ときめく年少さん、
それがおいしいことなら、なおさら、
心もおなか(笑)もときめいちゃいそうです

 

さぁ、これを焼いてもらおうね!

働きおじちゃんが、着火してくれます。


わ~~い、早く燃えろ~~!
https://fb.watch/1UqBbLpD_e/


薪の中の竹の弾ける音、火の温かさ、煙の臭い、
子どもたちの五感…総動員です!

 
いい具合に火が熾りました。おいもの投入です!



年長さん、年中・年少さんの分まで、
投げ入れてください!



えいっ!!!
https://fb.watch/1Uqzu0p2cQ/



さぁ、おいもが焼けるの…楽しみだね!!


おいもほり

カテゴリー: 全体, 行事

2020年 11月


待ちに待ったおいもほりは、
とってもいいお天気の日でした。
https://fb.watch/1UoyaJQ3Vf/

年少さん、はじめてのおいもほり、頑張ってね!



 


年長さんは、さすが!要領を心得ており、
どんどん掘っていきました。





年中さんも、頑張れ~!
ガンバタネコちゃんも、頑張れ~!



畑から持って戻ったおいもの仕分けをして…
明日は楽しいやきいも大会!



不作気味の今年は、持ち帰ったおいもも
とても少なくって…残念でしたが、



色々な料理に変身して、
子どもの口に入ったようで、
お家の方のフォローに助けられました。
ありがとうございました。

https://fb.watch/1UoJ4QfXI5/


 

ありがとう、さようなら

カテゴリー: 全体, 年長

2020年 11月

製作活動も含めて、約一ヶ月、
お家の方に見てもらえた満足感と共に、
作品展が終わってしまいました。



通路やホワイエ・たんぽぽの教室を
ずっとこのままというわけにもいきません。




年中・年少のエリアは、一足早く、
作品にお別れをして、
寂しいけれど、解体の運びとなりました。



年長児の作品展示のおばけやしきでは、
年中さん・年少さんを遊ばせてあげた達成感を
120%味わった年長児です。

ここも、解体の運びへ…
しかし、そのことを伝えるのは何とも
心苦しかった担任です。



しかし、子どもたちだって、いつまでも
置いておけるとは思っていなかったようで、



最後に泣く泣く、力を合わせて作った
協同製作にお別れをしました。



年長児にとって、
このおばけ・妖怪たちに対する思いは、
魂が宿っている…と言えるほど、
存分に愛着を感じているのが伝わり、



子どもの後ろ姿を見ていると、
泣けてきました。



こんな想いを持てるまでの、
作品に出会えたことを嬉しく思いました。


年長児のおばけたちが、いなくなることを聞いて
年中さんも、お別れがしたい…と。
さよなら…バイバイ…(涙)



「このおばけたち、どこ行くん?」
「さぁ、どこだろうね…?」



「わかった!違うおばけやしきに行って
違う人を驚かすんじゃろう!」



年中児にとっても、年長さんのおばけたちは、
しっかり魂の込められたもの…と、
感じとっていたようでした。



いよいよ、解体にとりかかった年長さん



あんなに時間をかけて作っていったのに…
片付けの時間は…あっという間(>_<)



また、ここでも友だちと一緒に
力を合わせて活動を進めていく年長児、




6体のおばけたちのことは、
年長児全員で、心のカメラにパシャリ☆彡
と、おさめておきました。




規模縮小の作品展示ではありましたが、
活動してきたことに改めて、
大きな意味が見いだすことができました。

子どもの心には大きな宝物を

残してあげることができたのでは…と、
心揺さぶられる思いでした。

年長児、ありがとう…(涙)

保育参加

カテゴリー: 全体

2020年 11月

<保育参加>
例年、10月初旬から約一ヶ月をかけて、
保護者の方による『保育参加』を行っています。


今年は、コロナ感染症予防対策として、
教室を使っての作品展示ではなく、
幼稚園ホワイエ・通路、たんぽぽ教室を使っての
作品展としましたので、展示期間と合わせて
同時期に『保育参加』も、行いました。



子どもたちを、
遠目に参観していただくのではなく、




子どもの生活や遊びに参加していただき、



保護者の方々も子どもとともに、
活動いただきます。


 
園の中で保護者も一員となり、一緒に過ごす中で、
日頃、見えにくかったり、
感じとりにくかったりすることが、

味わうことができるようです。



今年度は、年少組は午後、
年中・年長組は午前中を、参加いただきました。



保育終了後には、ミーティングの時間です。

今日あった出来事や、保護者の日頃の思い、
子どもの発達についてなどなど、
ざっくばらんに感想を伝え合います。



『保育参加』を通して、
子どもと家庭と、幼稚園のトライアングルの関係が
さらに、より良いものになりますよう、
そして、共に手を携えあいながら、
子どもを支えていける一端になることを願います。