保護者と共に…(アサギマダラを想う)

カテゴリー: 全体, 年長

2021年 10月

年長児が、5月に植えたフジバカマ、開花しました。

テレビや新聞記事で、アサギマダラの、
広島県への飛来情報が多く聞かれ、



幼稚園にも、
旅する蝶『アサギマダラ』は、
必ずやってくる!

そう信じてやまなかった子どもたち…
 
…でしたが、10月15日の幼稚園での目撃情報一件のみで、
多くの蝶が、訪れることはありませんでした。



楽しみにしていたのは、
子どもたちや職員だけではありませんでした。

保護者の方々も、深い関心を示して下さり、
多く飛来しているところに出向かれ、
動画や写真を撮ったものを見せてくださいました。



皆さんで共有したく、
フェイスブックの方でも、動画を載せましたので、
どうぞ、そちらも楽しんで下さい。
https://fb.watch/8MRGQKr8bG/
(フェイスブック、
比治山大短付属幼稚園でも検索してみてください)


日頃の疲れも吹き飛ばされるくらい
妖艶で、美しい… うっとり♡




本当は、実物を子どもたちと見て、
共に、狂喜乱舞したかったところですが…
保護者の方々とも一緒に、
気持ちを合わせていられること、
とてもうれしく思いました。


共にアサギマダラを想う……
ありがとうございました。

作品展のお礼

カテゴリー: 全体

2021年 10月

16日(土)17日(日)で行いました作品展
ご来園、ご鑑賞、ありがとうございました。



子どもたち一人ひとりが、
遊びを通して、思いを持ち伸び伸びと表現した作品



他の学年の展示も本当によく見てくださり、
お家の方のその思いが、また明日からの
子どもたちの大きな原動力になる   …と、
職員もとてもうれしかったです。



今年の作品展は、感染症防止のため人数制限をし、
来園日を二日に分けておこないました。

子どもたちは、お家の方が園に
出向いてくれることがとてもうれしそうでしたね。

自分の作品を見てもらったり、一緒に作品鑑賞したり、
喜びの笑顔でいっぱいの
時間でした。



ささやかな賑わいでしたが、保護者の方も、

子どもの作品からとても元気がもらえた……と、
嬉しいことばを下さいました。

本当にありがとうございました。

また改めて、作品鑑賞のご様子は、
掲載したいと思っています。


トンボを捕まえたいな(年中)

カテゴリー: 年中

2021年 10月

年中さん、毎日の遊びの中で、
一日一日、ぐんぐん
大きくなってきているのが伝わります。










子ども自身も、転んでも泣かなかった…、
〇〇なことが出来るようになった…
苦手な〇〇食べられた……などなど、









いろいろな場面で、『大きくなった自分』という、
自覚も芽生えつつあるようです。

 





自分で自分を認めてあげる、
自分を褒めることが
できる、ということは
とても大切なことですね。






自信のついてきている毎日の中で、

できるようになったこともたくさん!





そこで、この日は、
先日作ったトンボを見たり、
捕まえようとしている自分
作ってみることにしました。








 

色画用紙を切り貼りして作ったのですが、
その過程はとても面白いものでした。





 
髪の毛の付け方、体や手足のバランス、
そのどれもこれも、とても子どもらしくて、
笑みがこぼれてしまいます。

 



 

その出来栄えには大満足な様子。





自分人形を片手に、いい笑顔です!



園庭によく飛んでいるトンボ、
教室まで入ってくることも、しばしば

この自分人形で、
トンボさんが捕まえられるといいね!

箱を使って魚作り(年中)

カテゴリー: 年中

2021年 10月

先月から集め続けている廃材、
「先生、早く使って遊ぼうよ~」



年中さん、廃材遊びを毎日のように
楽しみにしている姿がありました。



魚を飾ったり、魚釣りをしたり
友だちと楽しんでいた年中さん、



先日は、クレパスと絵の具で、魚を描いて遊んで、
満足感いっぱいだった年中さん



水の中の生き物、水辺の生き物に、
大きな関心が高まっている今日この頃、
廃材でも、作ってみることにしました。







お家の方に見せることを楽しみにしている
年中さんですので、
あまり詳しいことは話せないのですが…



 



目をキラキラ輝かせながら、一生懸命に
活動していることは、間違いなし!!(^_^)/






 


一人ひとりが思い描くイメージを、
廃材を使ってのびのび表現しています。







出来ていくさまを俯瞰したり、
どこに装飾していくと、より良いものができるかなど、







しっかり考えながら、製作活動していました。





楽しみにしていてくださいね。
 

魚を描いたよ(年中)

カテゴリー: 年中

2021年 10月

連日のように楽しんできた
年中さんの
魚釣り遊び。



その後、きれいな魚を描いて飾ること、
水族館のような世界を作ることにも、
関心が高まってきたので、







自分の思い描く魚を、描いてみました!!



 



クレパスで、魚のふちどりを描いて、
うろこやひれなどの模様も描き加えて…







絵の具で、色を付けてあげました。







クレパスが、絵の具にはじかれるおもしろさも
味わっているようでした。







線から絵の具が、はみ出ないように、
筆の先に神経を注ぎながら、
丁寧に色付けする姿もいいですね。








水をたっぷり含ませた、水彩の絵の具が、
じわ~っと滲むようで、







まるで水の中を泳いでいるような魚に
仕上がっていきました。



 

みんなの魚ができたね!
これで、みんなの水族館作る?海の世界もいいね!

わくわく、気持ちの逸る年中さんです(*^_^*)

年中さんの魚釣り遊び

カテゴリー: 年中

2021年 10月

二学期に入ってから、年中さんのお部屋でも、
魚を作って、魚釣り遊びが流行っていました。

年少さんも、楽しんでいた遊びでしたが、
一つ大きい学年の年中さん、
遊び方も違って…





 

遊びに必要な材料、ほとんど自分たちで、
作って遊んでいる様子がありました。

 





友だちと、釣った魚の量を競う遊びになったり、







マーメイドに変身して、魚と遊んだり、



釣った魚が、今晩の食卓に並んだり(笑)
いろいろな遊び方を楽しみました。



クラスに置いていた魚に関する絵本にも
興味を
示して見ている子も多く、



そのうち、絵本に描かれたようなきれいな魚を
描いてみたいと思うようになっていきました。



描いて作った魚が泳げるように…と、



教室の壁面に青いビニールを貼ってみたところ…



 



少しずつ賑やかになっていく水の世界…



 



私もやりたい、僕はタコを作ったよ…
こんなに楽しい世界になってきました。



今度は、絵の具も出してあげようかな…
ますます、きれいな魚が作れるかも…(^_^)v

トンボ製作②(年中)

カテゴリー: 年中

2021年 10月

ヤゴの観察をしたり、遊んだりを楽しんだ年中さん。
何トンボになるのか?想像しながら作ったトンボ!

今度は、そのトンボが、気持ちよく
飛び回れる
お空がいるね~~~





 二学期から始まったグループ活動。
そのグループのみんなが集まって
大きな空に仕上げていきました。



真っ青な空を飛ぶトンボもいいけれど…
今回は…赤と黄色の絵の具を用意して…

 



 

それぞれに塗った赤色と黄色とが、混ざり合って、
きれいな夕焼け空になりました。





夏の水遊びでも、混色遊びをしっかり
楽しんできた
年中さんです。

今回は、『描く』『塗る』中での混色の楽しさ…





友だちと一緒に混ざりあっていく過程を、
共に喜び合いました。





その様子を…同じ並びで生活する年長児が
ちらっと見たようです。





「先生、年中さん、
トンボと、夕焼けの空を描いてたよ!」

「作品展で、生き物の世界を作るんじゃない…?」

年中さんは年中さんで、年長児の怪しげな動き(笑)、
製作活動に、興味津々…

にわかに、作品展モードになってきましたよ…
どのような展示になるのか?楽しみです。



ヤゴの脱皮・トンボ製作①(年中)

カテゴリー: 年中

2021年 10月

年中さんの教室には、
ビオトープから、生き物を連れてきた、
ミニミニビオトープが置いてあります。



戸外のビオトープには、そこまで関心を
大きく示さない子も、
室内環境に置いておくことで、
興味が膨らんでくる子もおり、
毎日、子どもたちは、
観察をしています。






 
ヤゴがきれいに脱皮する様子を、
目の当たりにすることが出来ました。



脱皮したてのヤゴは、
透き通るようにとてもきれいで、

その美しさに、目を奪われているようでした。



ヤゴが、メダカを捕食している場面にも、
遭遇しました。
ヤゴも何かを食べないと、生きていけない…


 
このヤゴは、何トンボになるんかねぇ?
赤トンボかな?シオカラトンボかな?
それともオニヤンマ?



子どもたちは、このミニミニビオトープに
頭を突き合わせながら、
ヤゴの生長に、思いを馳せていました。







ヤゴは、どんなトンボになるのかな?
どんなトンボがいるとうれしいかな?







いろいろなことを思い描きながら、
トンボの製作をしました。







羽は、画用紙をはさみで切って作ったのですが、
慎重にきれいに切ろうとする姿が印象的でした。

 

最後に、羽や体に模様を描いて、完成です。





自分の作ったトンボには、思い入れもあり、
まるで、トンボの友だちができたような気持ちで、

 



仕上がったトンボを見せてくれました。

 



教室の、ミニミニビオトープの中にいる
成長途中のヤゴに、話しかける姿が…



お兄ちゃんトンボですよ~~



わたしは、お姉ちゃんトンボよ♡



まぁまぁ、大賑わいです。



自分の身近にいる自然物が、
子どもたちの製作意欲を掻き立ててくれました。

先生、トンボは空飛んでるから、空も作ってあげようよ~~
まだまだ活動は続いていきそうです。
(→つづく)


 

温かい気持ち

カテゴリー: 全体

2021年 10月

帰宅前の時間、子どもに呼ばれ、
茶目っ気たっぷりに指差す先を見てみると…


木の幹(直径10センチ以下)の上に、
チョコリと置かれたどんぐり帽子の中のごちそう  



まわりにも同様のものが…



その少し先には、置き物のうさぎがいますが、
今日もちゃんと、美味しそうな餌を
誰かさんが、置いてくれていました。



まだかまだかと、毎日のように、
見上げていたざくろの実が、弾けました。



明日は、誰のお口に入るでしょうか?



アサギマダラ(蝶)を呼ぶフジバカマの花も、
ますます、色濃くなってきました。

年長児の保護者の一人が、先日、久井町で
旅する蝶『アサギマダラ』を確認したという
新聞の記事を子どもに持たせてくださいました。



お家の方も、子ども同様、
蝶の飛来を楽しみにして下さっているなんて…
とてもうれしかったです。



靴箱の中にそっと置かれた泥だんご。
明日はこの続きなんだね。もっと、輝くかな?



大切な木の枝も、子どもたちにとっては大切な宝物。



  どのシーンを切りとっても、
温かい気持ちが、染みわたります。




子どもは、今の瞬間を本当に一生懸命に
過ごしているのだなぁ……。

先生、見てごらん

カテゴリー: 全体

2021年 9月

登園してきた子どもから、開口一番!!

「先生、見てごらん 青空がとってもきれいだよ」

その子どもの発することばの美しさにつられ、
テラスに出て、空を見上げてみると……



本当に……美しい……
いろいろと角度を変えて見てみると…
たくさんのうろこ雲も…。秋ですね。


 
それにしても、子どもの朝のその一言。

朝、お家の方に「〇〇ちゃん、見てごらん…」と、
声を添えられたのかもしれません。



もしかすると日頃から、お家の方とのやりとりが、
子どもと大人の共同注視に溢れた
毎日なのかもしれません。




共同注視とは、二人が肩を並べて、
一つの対象を眺めるということです。
そうして、同じものを見て、感じることで、
二人の間に共通の認識が流れます。

子どもの成長と発達にはとても重要で、
その共同注視の頻度が、
子どものコミュニケーション・言語獲得にも
相関があるとのことです。

……そんなに難しく考えるのではなくて(笑)、
単に、この青空・このうろこ雲を見て、
感じる心のみずみずしさを失いたくないものだと
子どもの朝の一言には、ドキリとさせられました。