2021 一学期終業式

カテゴリー: 全体

2021年 7月

幼稚園一学期が終わります。



新入園児の保護者の方には、初めての集団生活に
不安や戸惑いも多かったことでしょうが、
 




すっかり園の一員として、
園生活を満喫できるようになりました。





年中さんも、新しい環境にしっかり慣れて、
自分の楽しさを見つけていくようになりました。



年長さんは、いろいろなことを自分たちの力で、
進めていこうとする気持ちがむくむく湧いて、





幼稚園のリーダーとして、みんなの先輩として、
俄然やる気(^_^)vで生活しました。





毎日を一緒に過ごしている幼稚園の仲間、
タネコちゃん、テルくん、ゴウ君、リカせんぱいも
いつもみんなのことを見守ってくれていましたよ!



今年も一学期には、
広島県にも緊急事態宣言が発令された期間もあり、

保護者の方や子どもたちには、引き続き
制約の多い幼稚園生活になりました。

そんな中、皆様のおかげもありまして、
無事に過ごせたことに安堵しています。
本当にありがとうございました。

『夏休み!』とはいえ、窮屈な中での生活になりますので、
暑さ対策もされながら、
どうかお元気でお過ごしくださいね。


そして、新学期9月1日にまた、
にこやかに再開できることを、

楽しみにしております。

年長さんは、その前に、夏のお楽しみ会!
終業式の午後、再び幼稚園に集合ですよ!!

年中さんも行ってみた(大学新校舎)

カテゴリー: 年中

2021年 7月

年長児が、七夕飾りの竹を採りに行った際に、
寄り道で行った 大学新校舎、三号館!

年長児があまりにも、
きれいだった、楽しかった、
豪華だった…
などと言うもので…




羨ましくなって
年中さんも、行ってみました、大学三号館!!




本当だ、とってもきれ~い!!





ここは半円ステージ??
うれしくなって、つい踊っちゃう感じ(笑)












 



また違う場では、健康器具??(笑)





年長児は、素通りだったけれど、
年中さんは、このように遊べたのね!!





子どもにかかっては、このように
なんでも遊べる
楽しいスペースになります!!









リラックスタイム?
たくさんの椅子で、ゆったりくつろぎます。









楽しかったね、また来たいね…
そう言いながら、
新校舎を後にした年中さんでした。


 

なかなか大学に来る事ができていない
学生さんよりも先に、
満喫させてもらった子どもたち


実は、まだ園長先生も、
足を踏み入れていないんですって!!

うらやまし~~~って、言っていました>^_^<

年中さんにとって、ささやかだけれど、
夏休みを前に、ちょっとした園外を楽しめて…
うれしい時間でした(*^_^*)


 

夏の製作 朝顔(年中)

カテゴリー: 年中

2021年 7月

年中・年長児のペアで植えた『おはよう 朝顔』は、
毎日の子どもたちの見守りと、優しい挨拶の甲斐あって、
とてもきれいに咲き始めています。



懇談会でもご覧になられたことと思いますが、
年中児は、浸し染めできれいな朝顔を作りました。

 








障子紙に、じわじわっ…と染みていく絵の具が、
とてもきれいな朝顔模様になりました。


 



色紙の線を丁寧に切っていくと…




朝顔の葉っぱができました。




教室の壁面いっぱいに咲き誇る朝顔!!
明るくて元気いっぱいです(^_^)/



戸外の朝顔もぐんぐん育っているので、
これからまだまだ、子どもたちをたくさん
楽しませてくれることと思います。



たのしいね 色水遊び(年中)

カテゴリー: 年中

2021年 7月

暑くなりました。
毎日、空模様とにらめっこしながら、
水遊びの内容も考えています。



 

年中さん、この日は待ちに待った
ペットボトルを使った色水遊び







混ぜたとき、きれいな混色になるように
この日は、赤と青を準備しました。





絵の具は、二色しかないはずなのに
色の混ぜ方の配分が絶妙(^_^)/







次々にきれいな色が出てきました。






 




    






  
 

あらあら、年長さんと同様、
ドロドロの土を触っていて、
泥粘土なるものも作り始めましたよ…


 



泥粘土のドロドロ感、さら粉のサラサラ感
年中さんも、いろいろな感覚を感じながらの遊び…

しっかり体感しながら充実しているようです。


七夕会

カテゴリー: 全体, 行事

2021年 7月

幼稚園の七夕会です。
全クラスの集会ですが、しっかり換気をして、
出来るだけ短時間!を考慮して行いました。





七夕様のお話では、
こちらの方が、緊張を感じてしまうぐらい、
話に聞き入る子どもたちでした。













その後は、映画大会です…







年長児は、6月にプラネタリウム見学に行って以降、
天体にも関心がうまれ、そこで学んだ
ベガやアルタイルという言葉も発し、
職員たちはタジタジです(*_*)


 


年長児が、初めの司会で、
「今日は最後まで楽しんでください!」と、
暗に含みを持たせていたこの言葉通り(笑)、
この日のメインイベントともいえる…
『年長児』作の、星空の世界の披露です!!





中央にある流れ星も、見事、成功!
(職員がしかけた流れ星です。
釣り糸で動くように仕組んでいましたが
三つの星が合流できました。職員、ほっ(*_*))



子どもたち、大歓喜(*^_^*)



最後に、星空の目の前で、心を込めて、
自分の願いを念じた子どもたちでした。



  
この星空は、天の神様からのプレゼントだ!と、
大興奮する年中・年少の姿に
年長児は、(いや、僕たち、僕たち…)と(笑)







自分たちの描いた星空を、
天の神様からのプレゼントと勘違いされ、

うれしいやら、はにかむやら。





年少さんも年中さんも、この星空に手を振ったり、
美しさに見とれたり、その感動は
とても大きいもののようでした。





年長児は、びっくり作戦、大成功だったね!と、
自分たちの手柄に大満足の様子。



その後、美味しいおやつを頂き、
七夕会を締めくくりました。




お弁当の時間も、いろいろな七夕の世界がありました。

お家の方も、子どもの七夕会に乗じ、
楽しんでくださっているウキウキ感が伝わりました。



一つ大きな行事を終えるたび…
一日一日を、無事に終えるたび…
職員たちは、大きな安堵感を覚えます。

コロナ感染症の心配のない日常が
早く戻ってきますように…>^_^<
七夕の願いです……

七夕 笹の飾りつけ②(年中・年少)

カテゴリー: 全体, 年中, 年少, 年長

2021年 7月

年長児は、自分たちの七夕飾りを終え、
次なるは…年中さん、年少さんの七夕飾りの
手伝いが待っていました。

<年長児と年中児とのペア活動!!>
早速 笹飾りつけ。



ペア活動は一学期中、何かにつけて行ってきたので、



関係性もずいぶん、柔らかなものに
なっているように見受けられます。



 

 

年中さんの笹飾りもついて、年中さんも、
とてもうれしそうでした。


<年少さんと年長さん>
年少さんは、お部屋で待っていてくれました。
年長児「迎えに来たよ~、七夕の飾りつけに行こう!」
年少児「はい」(*^_^*)
 

年少さんの歩幅に合わせて、
ゆっくり歩いて、エスコートしてくれる年長児…



二年前は、年長児も、このように年長さんにつれて
歩いてもらっていたんだよね…(T_T)



年長さん、本当にすっかり大きくなりました。
年少の保護者の方、想像してみてください!
年少さんも二年後は、こんな姿があるのですよ…



さぁ、ホールで年少さん、初めての笹飾りつけ、


まかせておいて!きれいに飾ってあげるから!
年長児の責任感、使命感は、
ここでもしっかり開花しています!

 
当の年少さんは、積極的に接してくれる年長児に
ちょっぴり、ドキドキ感も…(^o^)


   

でも、園の中には、こんなに頼もしい年長児の
存在があるということを、年少さん、
しっかり感じ取ってくれたでしょう。



できました!!



全学年の笹飾りに携わった年長児は、
少しずつ出来上がっていく飾りの過程も、
楽しんだようでした!




年長児は、愛らしい年少さんのことが
可愛くってたまらない様子!(*^_^*)
達成感いっぱいの年長児の姿でした。





年少児との飾りつけを終えた年長児
最後まで、クラスに送り届けるその後ろ姿は、
さすが!我が園の誇れるリーダーぶりでした。

   


思いがけない別れ(カエルのげこちゃん)

カテゴリー: 全体

2021年 7月

先日から、この『こんなことがあったよ』ブログにも、
何度も登場して来ていたカエルの話題です。

北園舎で生活している年中・年長児が
ビオトープで、大騒ぎになっていました。




子どもたちが、毎日のように観察し、触り、
一緒に遊んできたトノサマガエルが、息絶えていました。





実は、前日の子どもの帰宅後、外掃除をしていた時に、
すでに、池の中でこのような姿になっていました。
しかし、子どもたちに発見させて、
そこできっと何かを感じとる…
それを経験させようと、葉で覆い、
そのままにしておいたトノサマガエルでした。



カエルの姿を、子どもたちは信じられないような表情で、
見ていました。



皮がむけてる…皮がむけてるよ…



ほら、そこ……
みんなが(カエルを)持ち過ぎたんじゃ…
人間の手が熱かったけ、やけどしたんじゃろ…
見ると、カエルの脇の皮がむけています。



まだ、名前も付けてあげとらんかったのにねぇ…
げこげこって鳴くけぇ、『げこちゃん』にしようや~
そう言って、その場にいた子達は、このカエルを
『げこちゃん』と命名していました。



白いおなかから透けて見える、カエルの腹部、
青白くなっています。
太ももは、赤くなってパンパンに腫れています。



人間の手は熱いって、この前、
梶岡先生(ビオトープ観察会の講師の先生)たち

言ってたよね……



どんくらい熱い…? 
友だち同士、手を握りしめあって、

手の熱さを確認している年長児の姿もありました。

生き物の立場に立って、
考えてみようとする姿でしょうか?




日頃、ビオトープやビオトープの生き物に
そこまで関心を寄せていなかった子も、
とても衝撃的なことのようで、
長い時間、見入っていました。




息絶えているということが
いまいちよく分からない様子もありましたが、
目が飛び出てる…足が動かん…
そのありさまを真剣に受けとめる姿でした。


 

ここからが年長児の出番です。
どうしたらいい??
もう、触らんかったらいい…
子どもたちは、簡単に結論を出そうとします。





しかし、触らないと決めてしまうことは、
せっかく芽生えた関心(好奇心)が、
無関心にすり替わってしまうことも考えられます。



結果的に、今、こうやって、
カエルは動かなくなってしまっているけど、



カエルのことが、大好きで、かわいがってあげた人…?
そういう子はたくさんいました。



げこちゃんも、みんなのことが大好きだったと思うよ…
でもね、さよならしようね…



いつもは、大賑わいの年長児も、
この時ばかりは、言葉少なく、
言葉にならない感情を体験したことが感じられました。





さよなら…







触る、触らない、というこれからのこと…は、
とりあえず、棚上げして、目の前にいるげこちゃんを
年長児全員で、弔ってあげました。

次の日のビオトープ…
何事もなかったかのように泳ぐオタマジャクシ





仲間の逝去を知ってか、知らずか、
現れた別のトノサマガエル



しかし、子どもたちの目にこのカエルは、
仲間を失った寂しさを
感じているように映ったようです。





昨日までとは違って、ビオトープのそばに、
げこちゃんのお墓が置かれました。

ビオトープの生き物と遊ぶ時、
生き物に触れる時、
このげこちゃんが教えてくれた
いのちの重みを、
きっと、子どもたちは、
何かしら感じてくれるのではないでしょうか。



年長児が、梶岡先生と、春に植えたビオトープ傍の
ホワイトコンロンカの花が初めて咲きました。



このタイミングで咲いたこの可憐な花も、
『命』を感じさせるものでした。

ありがとう さようなら

七夕飾り(年中)

カテゴリー: 年中

2021年 7月

年中さんでも七夕会の笹飾りを作りました。
好きな折り紙を選んで、織り姫・彦星様の
着物を折ります。



 





どうやるんだっけ??分からなくなっても、
近くにいる友だちが教えてくれる姿…(T_T)ステキ


 

おにぎりっぽく見えるのは…
おにぎりじゃありませんよ!
顔です、顔(*^_^*)




あら~
なんとステキに仕上がってきていますね





顔や着物の顔を描いてあげましょう!






いろいろな表情の、とても愛らしい
織り姫・彦星様ができました!!

好きなこと、あれこれ(年中)

カテゴリー: 年中

2021年 7月

年中さん、毎日の生活をとても楽しんでいます。

クラスの中の様子は…こんな感じです。
 





































いち、に、の~~~



さん~~~!!



好きな汽車や積み木、塗り絵に昆虫観察。
みんな、自分の興味のあることに進んで参加、
とても、ゆったり過ごせているようです。

その中で、友だちとのやりとりもあって、
教え合ったり、楽しさの共有があったり…。

年中さんも、大きくなりましたね~(^_^)/

げいじゅつ じゃね(絵の具遊び)(年中)

カテゴリー: 年中

2021年 7月

年中さん、この日は初めて
戸外での絵の具遊びです!




どのような遊び方というと…



じゃ・じゃ~~~ん、これで~す!!



テントの回りに巻き付けた
大きな大きなビニールシート




 





今日は、ここにペンキ屋さん、
お絵描きなど絵の具遊び、やってみます!!









初めは若干、恐る恐る筆を手にして
描き始めていく
年中さんでしたが、

 







遊び進めていくうちに、

 

 





ダイナミックさが増してきたり、
手や体にも、ペインティングが始まったり…



 

 



みて~~~、こんなになったよ!!









水着なので、汚れも気にすることなく、
伸びやかさいっぱいに活動することができました。
 

 



 

ビニールシートに描いているので、
向こうがチラリと見えることも楽しいようでした。






 

洗濯のりを混ぜて作った絵の具なので、
描いた絵も垂れることなく固まっていきます。
出来た絵を満足そうに見る姿もありました。

 

































その様子を見ていた年長児は、
「げいじゅつ、じゃね」(笑)…と、
苦笑いしてしまいそうなコメントも聞かれました。



が、本当に、年中さんによる
とても素敵な芸術作品、
アートだとおもいませんか。






最後は、使ったのり入り絵の具を
ばしゃ~~~っ




混色が見られたり、



泡の感触を楽しんだり、



片付け部隊も大張り切り!



流れた絵の具で、また新たな遊びの始まり…
さすが、『子ども』です