年少さん、図書室へ!

カテゴリー: 未分類

2018年 3月

来年度、年中さんになる年少さん。
年中さんになったら、
週に一回の図書貸し出しが始まります。

図書室ってどんなかな?
どんな本があるのかな?

いろいろな期待で胸を膨らませて、
図書室に行ってみました。

するとそこには…


園の読み聞かせボランティア
「お話ポケット」を
立ち上げてくださった禅院さんが
待ってくださっていました。

禅院さんのきれいな声に
吸い込まれるように
年少さんは、
お話を聞きました。


小さな小鳥が出てきて


子どもたちにお話してくれました。












わぁ、虹色の小鳥に変身しちゃった!

















続いて…いないいない、ばぁ


ペープサートのお話に、



こんなお話も。

年少さんは、禅院さんの魔法にでもかかったかのように

お話に釘づけです。お話、おもしろいね。

最後に紙芝居を読んでくださいました。

禅院さんが、「年少さんが本当に静かに耳を傾けてくれて
すごくうれしかったです。」とおっしゃって下さいました。

春から年中になるうめぐみ・ももぐみのみんなが
ますますお話の世界を広げていくことを楽しみにしています。

年中さん、3回目の英語活動

カテゴリー: 未分類

2018年 3月
年中児が年長になってから本格的に始まる英語活動の
いい足掛かりになるように、
年中児3学期に3回ほど英語活動を取り入れました。

今日は、その3回目。

今日が最終日ということを
とても残念に思っていました。


1月、初めて出会った時には、

どんなことするのか?どんな先生か?
ドキドキしていた子どもたちですが、


明るいマイク先生をすぐに大好きになりました。


子どもたちの緊張感はすっかり薄れ、
みんな、にこにこのいいお顔です。













マイク先生は、

ただ、楽しいことばかりだけではなく、考えたり、

真剣にお話を聞いたりできる場を織り交ぜながら














活動を進めてくださいました。




マイク先生に手紙を渡した子もいました。
マイク先生、いつもありがとうございました。
いつもありがとう…と。


子どもたちにとって、友だち・先生だけでなく、
英語活動では、マイク先生…
畑仕事では、現業員の河野さん…というように
いろいろな方たちとのコミュニケ―ションを大切にし、
様々な価値観に触れ、心を大きく振幅させながら
大きくなっていってほしいものです。

年中さん図書最終日

カテゴリー: 未分類

2018年 3月
この日は、年中さんの図書室で過ごす最後の日
読み聞かせボランティアさんが、2冊の大型絵本を
準備して下さっていました。

『スイミー』 『にじいろのさかな』

子どもたち、真剣に耳を傾けます。

お話の途中、「作ったよね…」と呟く子と目が合いました。

ちょうど、『スイミー』のクラゲのページを見ている時でした。

その子は、作品展でクラゲを作ったことを
思い出していたようでした。


お話の最中でしたので、頷くことしかできませんでしたが、
(みんなで、「海の底には青いうち」の歌、歌ったね…)


(みんなで、マリホ水族館に遠足に行ったね…)

(みんなで、海の中の世界を作って作品展示したね…)

年中さんでの生活も終わりに近づいてきて、
こういった形で一年間の楽しかったことを
振り返らさせて頂けたこと、
図書室での時間がとても有意義に過ごせたこと、
とてもありがたく思っています。

図書ボランティア、読み聞かせボランティアの方々
本当にありがとうございました。
そして、次年度も引き続きどうぞよろしくお願いします。

年長組お話会

カテゴリー: 未分類

2018年 3月
年長さんの図書室での時間も、今日で最後。

園生活において最後の最後ということで、

読み聞かせボランティアさん、
総動員でお話会を開いてくださいました。

『ももたろう』の人形劇から

こともあろうか、等身大が飛び出してきました。






こわい赤鬼に子どもたちもフリーズ…

でも、その怖さを払しょくさせる展開に

子どももお話に引き込まれ、笑みも浮かび

ボランティアさんの役者ぶりには感心するばかり。



続いて、カープ女子に囲まれて、♪「 C・Cダンス 」♪

みんなの一体感に包まれました。

赤鬼も、カープファンだったとは…(笑)


がらりと変わり、大型絵本『スイミー』
真剣に耳を傾ける子どもたちです。


最後は、みんなで盛り上がっていきましょう!

『みんなともだち』の歌…お面をつけて

大合唱してくださいました。

お家の方々の一生懸命さ、心にぐっと響きました。

子どもたちからはお礼に、
発表会で歌った「ビリーブ」の歌をプレゼントした年長さん。


すると保護者の方からは、折紙で丁寧に折られた

卒園おめでとうメダルとランドセルをプレゼントしてもらい

思いがけないことに喜びと戸惑いを隠せない子どもたちでした。

大人も一生懸命やってこそ、

『子どもの心が分かる』ということ、多いものです。

そしてその思いって、子どもにも伝わるんですよね。
何事も一生懸命…

きっと、子どもたちは、お母さんたちみたいな
素敵な心を持った大人になっていくことでしょう。


保護者の方からも、
子どもたちからも、
たくさんのことを
学ばさせられています。

心あたたかな保護者の方、
ボランティアさんあっての幼稚園だと
つくづく感じています。

本当にありがとうございました。

カレーパーティー

カテゴリー: 未分類

2018年 3月
今日は、みんなの待ちに待ったカレーパーティー!

先日買ってきて皮をむいておいた野菜を、

朝から早速調理し始めた年長さん。玉ねぎが目にしみるよ…

その様子を年中さんも覗きに来ましたよ。

包丁を持つ姿は、真剣そのもの。

(ふむふむ、こうやって作るのか…)と年中さん。

おいしいカレーを作るぞ!と気合が入っています。


切った野菜を肉と一緒に煮込んで

いよいよカレールーの投入! これも年長さんにおまかせ!

ジャーーーーーン!! できあがり!!


さぁ、早速配りに行くぞ!

うめぐみさん、ももぐみさん

さくらぐみさん、ふじぐみさん

おまたせ! おいしいカレーになったよ!

「お肉もたっぷり入れよう」

「ジャガイモやニンジンもしっかり食べてね!」

(みんな、喜んでくれるかなぁ?)

ご飯をお皿に移してもらったり、カレーをついでもらったり、

一人一人のもとにおいしい匂いが届きました。

さぁ、どこのクラスも配膳が済みました。





「いただきます!」

みんながドキドキの瞬間です。





「一番おいしい!」 「ほっぺが落ちそう」

大変大変、ほっぺが落ちてる。拾って拾って!

ウフフ♡ しあわせ

「年長さんのカレーおいしい」「僕はおかわり用のご飯もあるよ」

「おいしい?」年長さんが優しく語りかけます。

いろいろな行事を体験してきた年少さんも、

この元気もりもりカレーを食べて

いよいよ春から年中さんだね!


みんなのおいしそうな顔に安心した年長さん。

さ、僕らも食べよう!!

またひとつ、大仕事をやってのけ達成感と満足感に満ちた

年長さんの頬張る顔を見るだけで
鼻の奥がきゅんと詰まるような思いです。


私たちは、込み上げてくるものを抑えながら、
年長さんの心いっぱいのカレーをいただきました。
年長さん、ありがとう!