年少さん、こいのぼり作ったよ

カテゴリー: 未分類

2018年 5月

年少さん、先日の幼稚園でのこいのぼり会、
とっても楽しかったね。

迷子になっていたこいのぼりのシロちゃんは、
ほらこの通り、

みんなと一緒にうれしそうに泳いでいるよ!!

幼稚園の年少さんの園庭にも、
こいのぼりが泳いでいて楽しそう。

そこで今日はこいのぼりを作ってみることに!

好きな台紙の色を選んで


三角うろこをのりでぺたぺた。


わ~~どんどん素敵なこいのぼりに変身していくね。


目は、クレパスでジロジロ、グルグル


とってもおしゃれな大切な自分のこいのぼりが完成。


こんなに高く泳げるよ!!


お外のこいのぼりさんに見せてあげよう!


「こいのぼりさーーーん、僕たちも作ったよ~~」
「いいのができたねーーー!!」


作ったこいのぼりをいろいろな先生たちにも
嬉しそうに見せてくれました。
お家に持って帰ることもとても誇らしそうでした。
お家に飾ってよく見てあげてくださいね。





































ペア仲良し会(ピクニック弁当)

カテゴリー: 未分類

2018年 5月
5月初めの親子遠足は、あいにくの雨で、
気候の良い戸外でのお弁当は
いただくことができませんでした。


そこで…年長さんに
「先日、朝顔の種まきも一緒にしたことだし、
年中のペアのお友だちと一緒に
ピクニック弁当どうでしょう?」と

提示したところ、「いいねぇ~~」(にんまり)

ということで、こんな感じ!
ヤッホ~~!!

イェ~~~イ!!

ペアのお友だちとは、向き合ったり横に並んだり…

ペア仲良し会って言っても、

まだまだそんなに仲良し!て言えるほどの
関係には至っておらず、

子どもの中にもちょっとした距離感もあります。
でもまたその距離感が、
見ていてなんとも初々しくっていいんです♡


そういった時期から年度末までを、
共に活動していく中で、


子どもの中に、いろいろと気持ちにも変化も生まれ、
かかわりも柔らかなものになっていくことでしょう。
爽やかな薫風に吹かれ泳ぐこいのぼりも

これからの子どもたちの一人一人の成長を
見守ってくれているようです。

 

年長児野菜植え

カテゴリー: 未分類

2018年 5月
年長児、夏野菜を植えます。

まずは、土をプランターに入れます。

グループに一つずつのプランター、
なかなかいっぱいになりません。


「この線のところまで入れたらいいんじゃない?」

「土入れすぎたら溢れるからよくないよねぇ?」

色々と考え思いついたことを口にしながら
みんなで力を合わせて…
真剣に取り組んでいました。


いよいよ苗植えです。
「折れんようにやさしくしようね!」

「水やりもしないと枯れるよねぇ…」

さぁ、完成!!

「ところで、先生、この苗何の野菜ができるん?」
「え?あ!、ゴメン。忘れちゃった…どうしよう…」
(子どもたち、一瞬固まる)
すると、ある子が「だーいじょうぶだってば~~」
「育ってきたの見たら分かるじゃん!」

年長さん、夏野菜のお世話、よろしくお願いします。
そして、何の野菜だったか?分かったら、喜びを共にしようね。


ペア仲良し会(種まき)

カテゴリー: 未分類

2018年 5月
種や苗を植えるのには、とてもいい季節!


今日は、花壇に朝顔の種を
まくことにしました。
年長さんは、自分たちが年中の時にペアの年長さんが
一緒に種まきをしてくれていたのをよく覚えていて、
「年中さんにやり方を
教えてあげんと…」と、
早くも年長としての
責任感いっぱい。

そこでまずは、年長児で植えてみることに。


朝顔って朝に咲く花なんだよね…


(種に、「おはよう」って声かけると
喜んで元気に芽を出すんじゃない?)


自分たちで実際に種をまいたことを、
いざ、年中児に伝授です。



「種を落とさないように気を付けるんだよ…」


「こうやって、少しかぶせてね…」


「そうそう、上手だよ…」


「むずかしかったらやってあげようか?」


「おはようって声かけてあげると、よく育つんだぜ」


小さな小さな種一粒を二人で懸命に…


その後は…なんと…じゃーーーん!!


年長児のクラス前で育てていた
イチゴがよく実り、
収穫してくれていたので、
年中さんにも、
分けてあげようということになり、
小さなイチゴを
さらに人数分に
小さく分けて
あまずっぱい味のおすそわけ ♡



いいもの あげるからね!!




年中さん、喜ぶかな?
落とさないように、
そーっとそーっと




「イチゴ、苦手じゃない??」

「匂ってごらん、いい匂いだよ」 

「おいしい!!」

おひさまと、雨の力で育っていくそれらを間近に観察しながら
収穫した喜びと、味わってもらうことの喜びとを感じた年長児。


                          (職員室、窓より撮影)

花壇の向かいには職員室があり、毎朝バスから降りて
クラスに向かっていく時の子どもたちから「おはよう」の声が
窓越しによく聞こえるようになったと。

花壇の、まだ何も生えてきていない土の中の種に向かって
「おはよう」って元気に声を掛けてあげながら
種の生長を心待ちにしているのですね。