2学期終業式(岩本選手 来園)

カテゴリー: 未分類

2018年 12月20日
今日は、二学期終業式です。
大きな行事が盛りだくさんだった今学期も今日で終わり。
その朝、先日のおもちつきに来れなかったから…と
カープの岩本選手が来園。

もう来てるんじゃないのか??
と恥ずかしそうに遠慮がちに
職員室を覗きこむ年長児…


送りに来られた保護者と握手も…

後でサッカーしてくれるって!!
   ↓(ウキウキ)






クラスを回ってくれました。

一緒にカルタをしたり、お話したり、

間近に目にするプロ野球選手はとても大きく
オーラを感じまくっているようでした。
「サッカーするか!!」
  
わーーーい、ぼくも~ わたしも~
 
さぁ、全力勝負だ!!
 


 









岩本選手のすべてがカッコイイ!!
立ち振る舞いまで岩本選手……(苦笑)⇒⇒

かけっこ勝負だ!!
  負けないぞ~~~
転んだってすぐに立ち上がるぞ~

ホールで二学期終業式を行いました。
 
みんなでクイズも。
岩本選手が正解を言ってくれるよ!!
 
あらら?
噂を聴きつけた大学の職員の方まで参戦?!

子どもたちにもおなじみの
C・C・ダンス

岩本選手も大ハッスル~~~

年少さんから年長さんまで、
岩本選手と踊るC・C・ダンス

気分はどうですか~~~?
 
サイコーで~~~す!!!





最後は、岩本選手が全員と握手をしてくれ
 
年長児には、
サインのプレゼントもしてくれました。

 





今日のお礼の気持ちと、
これからの活躍に期待を込めて、

比治山付属幼稚園の園歌を披露しました。
岩本選手のように、
僕たち私たちも好きなことを見つけて
頑張れる人になりたいです。
ありがとうございました。


一緒にサッカーをしていた年長児の中に
ボールが一度も蹴れないと言って泣き出したA君。
ボールが蹴れなくて涙が出るんですけど、
こういう時はどうしたらいいですか?と、
岩本選手に相談してみました。
岩本選手から返ってきた言葉は、
「取りに行くしかない!泣いとっても取れん!!」
でした。
その言葉に涙を拭い、再び走り出したA君。

今学期は、他にも声楽家の湯川先生や

ドリステンドライエッグの音楽家

絵本作家の長谷川義史さん……

プロとしてご活躍されている方々と
直接的に関わらせていただく機会が
いろいろとありました。

そのプロフェッショナルから発せられる
何気ない一言や、その佇まいが
子どもたちにじわ~っと浸み込んでいくようでした。

『本物に触れる』…
その体験が子どもにとって
どれほど豊かなものを
もたらせてくれるのかと
いうことを
私たちは、間近で実感することができました。




今学期の締めくくりの
岩本選手との触れ合いが
新しい年の始まりに
繋がっていくような…
そんな終業式でした。

皆様のご協力とご理解、
本当にありがとうございました。
新学期からまたよろしくお願い致します。


 

年度末大掃除(年少組)

カテゴリー: 未分類

2018年 12月
楽しかった二学期も、もうすぐ終わり…
大きな行事は、もちろんのこと、
行事予定表にはのらない楽しい
遊びもたくさんありました。


年中さんが年少の部屋で
移動寿司屋さんを開店してくれた日、


店前には、黒山の人だかり…

手作りの楽器では、来る日も来る日も

友だちと演奏会を楽しんだり…

お部屋の積み木や汽車では、

すっかり友だちとの遊びも楽しくなったり

 
幼稚園での生活を、
友だちとの遊びを、
年少さんのペースで
しっかり進めていくようになりました。

子どもの育ちは、
目に見えるものではありませんが、
こうやって振り返ってみると、
本当に大きな成長を遂げているのが
見えるようですね!!

そんな年少さんも、
今日は、年末行事である大そうじを
やってみることに…

毎日使わせてもらったお部屋
おもちゃコーナーに床…
 
おうちごっこで大活躍だった冷蔵庫に、黒板…

絵本棚に窓まで…

子どもたちは、一人一枚の雑巾を片手に
 
「おそうじ!」「おそうじ!」と、
次から次へとお掃除場所を見つけて
どんどん拭き掃除していきました。


わっ、写真がブレるほどの速さで(笑)
床拭きがが始まりましたよ!

それならば…「第一回、床拭き大会!!」(笑)
みんなで賑やかな床拭きとなりました。
 
両手で、雑巾を押さえながら進んでいくのって
案外難しいんですよ!
(また、四つん這いの動きは陸上競技においても
とてもいいトレーニングになるんだそうです。)

最後は、きれいになった床の上で、
つるつるスケート大会になりました。

子どもにとっての、幼稚園での大そうじは
単にきれいにすることだけでなく
楽しい・体を元気に動かす・友だちと協力する
そして、必要なことを自分で考えて行動する…など、

いろいろな要素が含まれたもので、
子どもたちにとって大好きな活動のひとつです。
その活動をこんなに伸び伸び楽しめる
年少さんを見ていると、

すっかり幼稚園児になったなぁ…と、
しみじみ感じたのでありました。


おもちつき大会

カテゴリー: 未分類

2018年 12月
今日は、全園児の待ちに待ったおもちつき大会です。
今年は、卒園児のカープ岩本貴裕選手や、
カープキャラクタースライリーさんとの都合が合わず
役員さんとお手伝いのお父さん、
そして子どもたちとで行います。


アレ?! 誰だか見慣れない人が交じっています。



そうです!
今年は、比治山付属幼稚園地区だけで大ブレイク中の
力士『比治乃山』が急きょ
応援に掛けつけてくれたのです!


比治乃山の姿に、
子どもたちも応援の声が響きます。


お父さんたちも比治乃山に負けてなるものか…
と、とても精を出してくださいました。

きねつきのつきたておもちを丸めます。
 
初めて、本物のおもちに触れた!という子も
いたのではないでしょうか?

 

年少さんも、
前日の粘土遊びの甲斐あって、
とても楽しそうに
上手に丸めていきました。

ほ~ら、こんなにたくさん!!







年長児は、きねを持ってのもちつきにチャレンジ!!

「オレ、きね持てんかもしれん」と言っていた男の子も…

きねの重さによろけながらも

比治乃山のどすこい!!の掛け声に後押しされ

全員無事に、きねでおもちをつく事ができました。


ハッスル! ハッスル!













年長さんもおもち丸めです。
 
     
どっど~~~~~ん!!

早速、きな粉もちにしていただきます。
 
「幼稚園のきな粉は、黄緑なん??」

「幼稚園のきな粉っておいしいね」

「きな粉のおかわりある?」

子どもたちは、きな粉のおもちを

それはそれは美味しそうに頬張っていました。
 
  
自分たちのために、おうちの方が一生懸命に
 

おもちをついたり、ちぎってくれたり、
  

きな粉のおもちにしてくれたり…


もちろん、自分たちもおもちつきに携わっている分、


いただくおもちのその味は
格別においしかったのだと思います。


祝い事や特別な日であるハレの日のもちつき
年末年始には欠かせない
伝統行事としてのおもちつき


もちつきは一人ではできない為、
みんなの連帯感を高め、
喜びを分かち合うという社会的意義もあります。

それらを、子どもたちは園全体に流れる空気感で
感じとってくれたのではないか?と
思っています。


役員さん、お父さんボランティアさんのみなさま、
そして、力士『比治乃山』…
朝早くからのご協力ありがとうございました。
おかげ様で、あたたかさで溢れた
もちつき行事になり、
感謝の思いいっぱいです。














明日はおもちつき!

カテゴリー: 未分類

2018年 12月
二学期もあと今週を残すのみとなりました。
明日、おもちつき大会を控えた前日。
年長さんのお部屋では、
もち米を洗う姿がありました。


「おとまり会の時も洗ったから、できるよ!」

「お家でもやってるから大丈夫!」
 
子どもたちの頼もしい声が聞こえました。

もち米は、普通の米よりずいぶんやわらかくて
 
砕けやすいからやさしく…やさしく…ね
「匂いは、普通のお米と似てるね!…」

臭覚・触覚・視覚など様々な感覚を研ぎ澄ませ、
力加減に気をつけ、優しく丁寧に
お米洗いを進めていった年長児でした。

その脇では、順番待ちの子どもたちが
先日サンタさんからもらった
コマ遊びに興じていました。

 
コマ回しのためにひもを巻くのも、

手・指の力加減が問われる遊び…
なかなか難しい…
投げたコマも回るとは限らない…

巻いては投げ、巻いては投げ、
「あっ回った!」


もち米洗いを見に来ていた年中さんも、
年長児のコマ回しや積み木遊びのギャラリーに…
年長さんのお部屋には
いろいろなものがあるんだねぇ…


また遊びに来ていい?? 「いいよ~」


一方、年少さんのお部屋では、
ぺったんぺったんという賑やかな声が
聞こえてきました。


ラップ芯で作った『きね』で、
もちつきごっごをしていたようです(笑)

なんせ、年少さんにとっては
おもちつきも初めての体験。


粘土でおもちも作って遊びました。
練習も兼ねて?!(笑)
くるくるこねこね くるくるこねこね


みんな、明日はこうやって
たくさんたくさん


おもちをまるめようね!

あっつあつ、ほっかほか、むっにむに?!
いろいろな感覚を味わえることでしょう。

日ごろ何気なく過ごしているように見えることにも、
実は、たくさんの感覚や心を動かして
過ごしている子どもたち。


私たちは、表面的なその姿だけでなく
子ども一人ひとりの感じ方や心の動き方をしっかりとらえ、
明日の保育に繋げていきたいと感じています。

みんな、明日のおもちつき、元気出して行くぞ~!