作品展に向けて(年中組③紙粘土)

カテゴリー: 未分類

2019年 10月

年中のクラスでも、
いろいろな活動が行われています。

この日は、紙粘土を使って遊んでいました。


紙粘土の目の前には、たくさんの貝殻…



紙粘土の感触を楽しみながら形を構成したら、



思い思いに貝殻の装飾です。


そして…色付け…

 

筆の先にまで、神経を注いで…


いろいろな角度から、
自分の好きな色を乗せていきました。


なにが、仕上がっているのでしょうか?
楽しみです。

作品展に向けて(年中組②グループ活動)

カテゴリー: 未分類

2019年 10月
年中さんでも、グループ活動が始まっています。

クラスでは、同じグループの友だちと、
食事前のテーブル拭きをしたり
お弁当の挨拶をしたり、という活動から…

そこで、今回の作品展示でも、
グループのみんなが集まって
活動してみることにしました。


いつも、あまりまじわることの少ない友だちとも、
接する機会になればいいなという教師の願いをもって
構成しているグループのメンバー



これらの遊びや、生活を通して、
友だち関係が広がっていくといいなと考えています。

 

まだまだ年長児のように、
『考えを出し合う』というような

活動まではいきませんが、


「ちょっと寄ってね!」とか、
「〇〇ちゃん、こっちおいで!」などなど、
友だちを思いやりながらの
活動にもなっていたようです。



同じ紙に一緒に絵を描いていく中で、
友だちの描く絵に感心したり、
楽しくて笑い合ったり…



個人製作では、感じとれない様々な思いも
経験しているようです。


こうやって、年長児のような
協同での活動が進めていけるようになるのですね!
その第一歩です!!!

楽しかったピクニック弁当(年少組)

カテゴリー: 未分類

2019年 10月
年少組の子どもたちにとって、
運動会で
おうちの人と一緒に食べたお弁当!

そして、年少組のみんなで一緒に行った
遠足でのピクニック弁当!

それらが、とても印象に残っていたようです。



それならば…と、子どもたちのイメージしやすい
お弁当を作ってみよう!!と考え…


すると…子どもの中から出ました!
おにぎり・卵焼き・から揚げ・ミニトマト・
 

エビフライにコロッケ・
ミートスパゲッティに焼きそば…


紙を丸めたり、はさみで切ったり、
卵のお寿司もいいねぇ~と、
たくさんのアイデアで、
美味しそうなお弁当ができました。

そのあくる日…
飲み物もいるんじゃない?!…と、

氷が入っていたり、タピオカ入りだったり


いろいろな素材を合わせて、
ミックスジュースにしたり、

細かく切った材料でトッピングしたり、
アイス入りだったり…

何ともとてもおいしそうな
ジュース&お弁当ができました!

『作品展』ということがまだ
よく分かっていない年少児…
それもそのはず、初めての行事ですものね!

子どもたちとは、楽しかった遊びや行事を振り返りながら
作品製作に繋げています。

年長児、謎の物体

カテゴリー: 未分類

2019年 10月

年長児のクラスでは、
静かに何やら怪しげな物体が

製作されていました。



年長さんに尋ねても、
何だか口を閉ざすかのような?

内緒にしていたいような雰囲気が感じられ…
 

ここは、画像から解析していきましょう!


なにか、新聞で覆われた丸い物体に
きれいな色の紙が、

水糊のようなもので貼りつけられています。





その色を何重にも、重ねていっているようです。
手は…確かに糊でベットベトのもよう…(苦笑)





しかし、そんなベトベトの手にもめげず、
引き目で出来上がりを確認しているようです。

 

それを、もちろん乾かすのでしょうが…
ここまで、何日も要した年長さん、
 

その怪しげな謎の物体の正体は、
未だ明かされていません…
摩訶不思議……

岩本貴裕選手 来園!

カテゴリー: 未分類

2019年 10月

先日、ふと玄関で「こんにちは」という人が…
そこには、当園卒園児の広島カープの岩本貴裕選手が…

出迎えた園長はすぐさま、子どものいるクラスへ…


忙しい時間の合間を縫って
幼稚園に寄ってくれていたみたいで、

この日は、年長児クラスとだけの交流となりましたが、
いろいろ物事のよく分かる年長児は、

偉大な大先輩を、憧れの眼差しで見つめ
一緒に記念写真まで撮ってもらいました。 岩本貴裕選手、いつまでも、母園のことを
気にかけ、想ってくれてありがとうございます!

僕たち私たちも、岩本先輩のような
一生懸命な人になっていくからね!!

年中さん、おやつの試食(4回目)

カテゴリー: 未分類

2019年 10月

年中さん、おやつの試食4回目です!
(当大学の管理栄養学科の寺岡千恵子教授と学生さんとが、
おやつの研究を試みるに当たっての、おやつ試食デー)


今日のおやつは…「なんじゃ?これ?」
 
「どう?」「う・うん…」

今まで3回実施してきましたが…
子どもたちの表情は…いまいち…微妙です…



それもそのはず…
今日のおやつは、『チヂミ』
  それもほうれん草入りの…



年中さんにもなると、一見食べられないかも…と
思うものや、苦手意識のあるものでも、
作って下さった人のことを思ったり、
自分の身体の栄養のことも分かってきたり
してくるものです…

思い切って頬張ってみました!

美味しかったよ!と言っている子もおりました!

子どもにとっての、おやつ(間食)は、
3度の食事を補う捕食…と考えれば、
栄養もあり、
晩御飯までのお腹も満たしてくれるもの…

私たちも、
『おやつ』という認識をもう一度捉え直して

(決して、おやつ=甘いお菓子 ではない)
おく必要があるな…と感じた
おやつデーでした。

作品展に向けて(年長組②協同製作)

カテゴリー: 未分類

2019年 10月

年長組では、一人の力はもちろん、
友だちと一緒に協同での製作活動も増えてきます。

どのように作っていけばいいかをみんなで考え、
話し合いながら進めていきます。

飾りつけに必要な、模造紙塗り…
一人では、とても大変な活動ですが、

友だちと一緒なら、一気に仕上がっていきます!


大型の協同製作ではもちろん
一人だけの力では出来ません…

子どもたちの力で、ガムテープを切って渡す人、
貼りつける人、紙を押さえておく人…
いい阿吽の呼吸です!


そのどんな姿も、年中や年少の時には、
見られなかった姿ばかりです。



子どもたち…いつの間に、
こんな事ができるようになったの??



この間の運動会では、
たくさんのお客さんの前で力いっぱい、
幼稚園のリーダーとして、
進行していってくれた年長児ですもの!

「やればできる!」 「やるしかない!」 「心は一つ!」

作品展に向けて(年中組①廃材製作)

カテゴリー: 未分類

2019年 10月

年中さんでは、空き箱や牛乳パックなどの
廃材を使って、製作していました。

 


子どもたちは、空き箱製作が大好き!
立体の物を、構成していくのは
難しいものですが…
 
  

工夫や、懸命さがとてもよく伝わってきます



途中手をとめているのは、
全体の仕上がりを考えているのかしら?
出来栄えを誇らしく眺めているのでしょうか?


子どもたちの創作活動、大爆発!!



おうちの方に早く
見てもらいたいそうです!

作品展の時には、
お子様の細かな想い・説明を

しっかり聞きながら見てあげてくださいね!

作品展に向けて(年長組①話し合い)

カテゴリー: 未分類

2019年 10月

運動会の余韻冷めやらぬうちに
次なる作品展示の話し合いが始まった年長児

まずは、テーマを決めるところから…
学年全体で、作品展示の部屋のテーマが決まったら、

お次は、グループに分かれ、
グループ製作していくものを決めていきます。

年長になり今までに、
何度も話し合いを積み重ねてきた年長児は、


「この間、譲ってくれたけ~今日は、僕が譲るよ!」
などなど、怒ったり、すねたりすることも減り、
自分だけの考えだけでは、
物事が進んでいかないことや、
譲ったものの中からでも、楽しさを見出していけることも、
たくさん学んできているようです。


作品展示は、つい、出来栄えやできたものが結果として
目に映りやすいのですが、
こういった数々の話し合いの上に出来上がっていることを
年長の作品からは感じ取っていただきたいなと思っています。


どうぞ楽しみにしてくださいね!!!

チョークDEアート(年少組)2019

カテゴリー: 未分類

2019年 10月

まだまだ秋とは言い難い気候ですが、芸術の秋です!
幼稚園でも、作品展まであともう少し!
どの学年でも、描いたり作ったり創造活動の毎日です。

そんな中、当大学の子ども発達教育学科や
美術科で教鞭をとっておられる若元澄男先生が
今年も学生さんとのコラボレーション活動
チョークDEアートをお誘いくださいました。

2018年度の様子
https://www.hijiyama-u-youchien.jp/dekigoto/?p=9804

2015年度の様子
https://www.hijiyama-u-youchien.jp/dekigoto/?p=1828

2014年度の様子
https://www.hijiyama-u-youchien.jp/dekigoto/?p=1203

例年、年長児が誘われる活動ですが、
年中・年長児さんは、
作品展の製作活動も佳境!

ということで、当園代表として…
年少さんが選ばれました~~~!!

当園の職員も、大学若元先生も、
三才児との活動は初めて!!

どうなりますやら…ワクワク・ドキドキ!

勿論、子どもたちも、ワクワク・ドキドキ!!

幼稚園正門を降りた坂道に集合!!

「今日は、チョークを足で踏んづけて~」
きれいな花を描いて見よう!!!


今回が、三才児ということで、
このような活動の提示の仕方を
してくださいました。


ということで、チョークが入った紙コップを
一人一カップずついただいて…

早速 遊びの開始!!!


初めての場所、初めての活動、初めての先生たち…


いろいろと初めてづくしの環境でしたが、
(何だか面白そう!!)という
子どもの好奇心が勝ったようです!


描いた絵を、ほうきやブラシで
さらに、こすったり広げたり…


アートの世界が広がります!!!


大学の若元先生、以前こうおっしゃられていました。

キャンバスは、画用紙だけではありません。
運動場だって棒きれ一本あれば絵は描けます。
やかんに水を入れても線は引けます。



画用紙は、「四つ切り」でなくていいのです。

〇△◇□・・・などの画用紙でいいのです。
”キャンバス” は そこ、ここにある!!!…と。
              



若元先生の言葉、
本当に奥が深いなぁと思います。  


アフリカでは、図工の時間の描画は
地面に枝で描いたというお話もあります。  



そう思うと、幼稚園のどこかしこにも、
たくさんの教育環境がちりばめられていることを
私たちは再認識しながら保育していかねばなぁ
とつくづく感じました。


子どもたち~~
上から、アートを見てみよう!!

   
道路いっぱいのアート完成!!!


大学のお姉さん・お兄さん先生
ありがとうございました!!


若元先生もありがとうございました~~!


今日のこの日の体験をしっかり心にとめて、
子どもの感性がより輝いていける
毎日でありたいなと思った活動でした。

若元澄男先生、本当にありがとうございました。