二学期終業式

カテゴリー: 未分類

2019年 12月

大きな行事も多く、長かった二学期も
今日で終わり、二学期の終業式です。


みんなと一緒に、
二学期の思い出を振り返り、
頑張ったことの表彰式を行い、
冬休みの約束という流れでの終業式です。


どの学年も、一学期・二学期を終え、
顔つきも頼もしくなってきました。


二学期の楽しかった思い出は、
園長先生からのジェスチャーゲームで
おもしろく振り返りました ♡



運動会に作品展、
チャーリー西村さんのサイエンスショー、
いもほりに焼き芋会など
本当にたくさんのことがあったね!




続いて、表彰式に移ります。
年少さんは、会う人会う人に、
笑顔でにこにこ挨拶大賞を受賞しました。


片付けやチャレンジに、
進んで行うことが増えた年中さんは、
片付けチャレンジ大賞を受賞です!


大忙しにもかかわらず、園生活を
満喫してきた年長さんには、
発見お世話大賞です。


小さい組さんへのお世話はもちろんのこと、
園のリーダーとして、
幼稚園生活を盛り上げ、



さらに、様々なことへのアンテナを張り巡らし、
いろいろなことへの好奇心、発見、
探究、そして夢中、感動…


担任が代表で、
その表彰状を受け取りました。



各学年、それぞれの発達段階の中での、
子どもたちの心の育ちは
とても大きいように感じました。

これを、弾みに三学期のまとめの学期へと
移行していきたいと思っています。

冬休みは、風邪を引かず、交通事故にも気を付け、
家族の一員として、お手伝いなどもしながら
過ごしてくれたらと思っています。

今学期も、皆様のご理解ご協力のもと、
過ごせましたこと、
本当に感謝の思いで一杯です。


ありがとうございました。

重機の見学に行ったよ

カテゴリー: 未分類

2019年 12月

今学期も押し迫ったある日、
大学の施設課の方より、
お誘いを受けました。


そのお誘いとは…
大学3号館建て替えに伴う、解体工事のための
大きな重機見学でした。


早速、出掛けてみました。


年長児は、向かいの4号館の建物内、
高い場所から見学しました。



年少児は、防音シートに囲まれた
正面から見学しました。

初めは、二台の重機が仲良くお仕事している
かわいらしい雰囲気でした…



「すごいね」
「はたらくくるま、かっこいいね!」

などと、ほんわか見学していた子どもたちです…


ところが、次第に重機は、
本領を発揮し始めました。



油圧ショベルの先に、はさみ状の
アタッチメントを取り付けられたものです。



このはさみ状のものが、
どんどん解体を進めていきます。

 

その様子に、先ほどまで笑顔を見せていた
子どもたちも一気に表情が硬くなり…




重機の働きぶりを、固唾を呑んで見守ります。


あまりの迫力に近くの友だちと
無意識に手を繋ぐ子もいれば、
怖くて涙、涙の子までいました。


あっという間に、この状態から、


このような状態に変わっていきました。


これらの重機は
かなりの高額の物らしいのですが、

さらに重要になるのが、
これを操る職人技のようです。


今回は、操作されている人物までは
見学できなかったのですが、
『本物に触れる』こと
『その道の、プロの存在に触れる』と
いうことは
子どもにとって、
とてもよい経験だと思っています。


「泣くほど怖い」ということも
大きな大きな心の経験でした。

見学の機会を下さった施設課の方にも、感謝です。



年少さん、年末大掃除

カテゴリー: 未分類

2019年 12月

一学期、二学期と終え、
あと三学期を残すのみとなった年少さん。
夏休みという長い休みを体験しているので、
今度は冬休みという長いお休みが来るんだよ…
ということもよく理解でき、


年明けには、きれいな教室で
すがすがしく迎えるために…


今学期、初めての、
年末大掃除!を体験しました。


前日に、今日は
大掃除をすることを予告していたので、

「頑張るために今日はたくさんご飯食べてきた!」
という子がいたり、


遊んでいる時間から、
「まだ掃除せんのん?」と

楽しみに催促してくる子がいたりしました。


子どもたちは、使わせてもらった
教室や玩具・棚など…

ありがとうの気持ちを持って掃除しており、


私たちが大切にしたいと思っていることに
しっかりと
気持ちと行動を
伴わせてくれているようでした。



当園のモットーである
『いきいき のびのび どきどき』
考えの元となる比治山学園の学園五訓
『正直・勤勉・清潔・和合・感謝』


『正直・勤勉・清潔・和合・感謝』

年少さんの子どもたちにとっても、
それらを意識して生活していけることに
改めて感心した
年末大掃除でした。