避難訓練

カテゴリー: 未分類

2020年 1月
幼稚園では、年間計画で避難訓練を行っています。
火事・地震・一時避難、二次避難など
いろいろなことを想定しての訓練です。

今回は、不審者が来てしまった時を
想定して実施します。


訓練開始


日本ラグビーのリーチマイケル選手似の
来客がありました。

(怪しい…)と感じた園長、


河野さん・園長が退去指示を出すもののそれを拒み、
ずかずかと侵入してきたため、不審者と認識
 
園長が、自動通報装置で大学に通報します。
その通報を受け、守衛さんや、大学事務職員、
ウェルネスセンターの養護教諭が


次々に駆け付けてくれます。



今回の、訓練で子どもたちは、
室内に静かに身を潜めるというものです。


聴き耳を立てながら園内放送を聴き
怖がりながらも
最後まできちんと訓練しています。


ホールに逃げ込んだ不審者は、
所持していたナイフ(段ボール製)を
振り回し始め、


現業員河野さんは捕らえられてしまい…
なんと、負傷してしまいました。

負傷した現業員河野さんの状態を見て、
養護教諭が救急車の要請をします。


さらに不審者は、駆け付けた職員たちを
椅子に座らせ、尋問です。
(みなさん、迫真の?!演技有り難うございます)


…と、ちょっとの油断のすきを狙って、
不審者確保のため、動き出しました。
なんと、頼もしい!!!


壁際まで追い込み『さすまた』で
押さえつけました。


われら、ひじやまレスキュー5!
無事に避難訓練を終えました。


今回の訓練は、大学との連携(自動通報装置の作動)

牛田交番や救急車への通報、要請練習など、
園の職員にとっての訓練でもありました。

自動通報装置を作動させなくてはならないことは
絶対にあってはならないことですが、
『備えあれば憂いなし』
訓練をしておくことの大切さをひしひしと感じた
避難訓練となりました。


不審者の身柄は確保し、
無事に牛田交番に
引き渡しとなりました。

関係者の皆様、ご協力
ありがとうございました。

年長組 鬼の絵

カテゴリー: 未分類

もうすぐ節分。忘れることなく必ず鬼はやってきます。ぼくたちわたしたちが頼んでもいないのに。ホールにやってくるのは仕方ない。でも、部屋にだけは入らせないぞ!  用心のために部屋に鬼の絵を描いて飾っておこう! 

 

まずは、色を決めて...顔の形、からだ・・・

    さあ、爪、パンツ、髪の毛・・・

 こわい鬼を描いてるのに

       なんか笑っちゃう フフフ・・・

  脚から描いてま~す。




 迫力のある鬼、こわい鬼、心の中にいるふざけ鬼、泣き虫鬼 めんどくさ鬼…  いろんな鬼のオンパレード。

     

  「がお~~っ!!」

     

ああ楽しかった。

「もう、部屋に鬼はいますよ~!」「入ってこないでね~!」

年中さん、初めての英語活動 

カテゴリー: 未分類

2020年 1月

三学期に入り、年中・年長は、
それぞれ進級進学…という意識が、
ちらちら湧き上がってくるようになりました。

今まで、年間のカリキュラムで
年長組が取り入れてきた英語活動が、
年中組に
バトンタッチされました。

その記念すべき第一回目!!
お見えになったのは、マイク先生。

毎回、年中組のお部屋を素通りされて、
年長組のお部屋に行かれている
ネイティブの先生のことは、

年中さんもよく知っていたので、
(今度はいよいよ自分たちの番か…)と、
内心ドキドキ…
そして、背筋もぴりりと伸びた感じです。


(僕たち、英語しゃべれんのだけど…
大丈夫かなぁ?)

大丈夫!なんです。


お見えになられる先生方は、どの先生も、
表情豊かに、体をいっぱいに使って
しっかりお話してくださるので、
 

子どもたちは、聞く耳を持って
安心して活動に参加し始めます。



こうやって、人と人との心は、
紡がれていくのでしょうね…
あたたかい気持ちになります。



年中での英語活動は、あと二回あります。
楽しい時間が、年長での本格的な英語活動に
滑らかに接続していけるといいなと思っています。


マイク先生、
楽しい時間をありがとうございました。


また、次回も楽しく遊ぼうね!!


年長組 牛田新町小学校へ

カテゴリー: 未分類

交通ルールを守って レッツゴー 出会った人には挨拶しよう。と張り切っていたものの、出会った人数は 二人でした。いい散歩コース。

 

         かの有名な160階段。              1,2,3,4、・・・数えながら上りました。牛田新町小学校の子どもたちは 毎日これを上っているんだね。「お兄ちゃんたちすごい!」 体力がつきそう。                                                                        

      

   6年生の先輩が声をかけてくれました。「おおきなあ。おとなみたい

  小学校体育館にて なかよし会                                         

まずは 体育館に集合。「~ちゃん、こっちだよ~。」同じグループのおにいさんおねえさんやさしく声をかけてくれました。見覚えのある顔に少しずつ緊張もほぐれていきます。

はじめのことば、おわりのおとば 大きな声ではきはきと進行する先輩を見て何も言わなくても背筋がぴーん!

            ♪ ぱぷりか ♪

みんなだいすき ♪ぱぷりか♪ 振りつけを教わって 一緒に踊りました。盛り上がって2回も踊りました。続いてグル-プのみんなで手をつないで 『なべなべそこぬけ』 幼稚園にかえってからやってみようっと。

     

教室に移動中、校長先生に会ってご挨拶。 「よくきたねえ。」 優しそうな校長先生だな。

教室では先輩たちがいつも使っているいすと机を貸してもらいました。1年生に見えるかな?   最後までお話をよ~くきいていましたよ。           

 1年生になったらどんなことをするのかを教えてもらいました。絵や実物を使ったり、ジェスチャーを交えたりしてわかりやすくお話してくれました。
 「1年生ってすごいな」 憧れの気持ち♡とちょっぴりのどきどき。

 給食の配膳。1年生も自分でやるんだ。むずかしそう・・・。だけどたのしみだな。   

 


学校でのおべんとう   。図書室に集まって食べました。緊張したし、いっぱい歩いたし、からだも動かしたし、おなかがぺこぺこ。おかあさん、おべんとうおいしかったよ。

 160階段を下って帰りました。「帰りはなんか速い感じがするねえ。」なんだかちょっと自信がついたかな。進学に向かって不安もあるけど、学校には優しい先輩がいっぱいいて入学を待っていてくれていることがわかったよ。やさしさをもらったから、またやさしくなれそう。  卒園までめいっぱい楽しもう!

 

 

 

 

 

 

年長組 上田宗箇流お茶会

カテゴリー: 未分類

2020年 1月

年長組では、毎年この時期に
上田宗箇流の山本宗佳先生がお見えになり、
お茶会を開いてくださっています。
今年も幼稚園のホールで行いました。

壁には、新年の「おめでとうお茶会」の文字、
雰囲気もばっちりです。


「日本文化の伝承~アクティブラーニング~」
をコンセプトに、
もてなす側ともてなされる側に分かれ、
そのどちらをも経験できるようにと
会を進めてくださいました。

まずは、ゆり組から参加しました。


前日に作っていた懐紙の上の和菓子は、
本当に上品なお味でした。




山本先生が立ててくださったお茶は、
まず、お正客さんがいただきます。


その後のお抹茶は、
みんな、背筋を伸ばしてとても礼儀正しい姿で
いただくことができました。


茶道とは、
味覚、嗅覚、視覚、聴覚、触覚…
五感を研ぎ澄ませた活動です。


心穏やかに、参加する中で
気付くことも多かったように感じました。


しげしげと、器を眺める子もいて、
子どもたち、なかなか立派です。

 

上田宗箇流では、男性はこぶしを握り
膝の横に置くのが作法ですが、
そのことを心がけ、
真剣に参加していますね。


とても緊張気味に
参加したゆり組さんでしたが、
担任に、「教室に戻るまでがお茶会だよ」と
言われたことを守り、山本先生にお礼を言い、
心静かに退室していきました。


続いて、きく組です。
入室時には、入り口で、衣装を身に纏った方が、
鈴を鳴らし、厄払いして下さいました。


その、厳かな雰囲気を感じる中での入場です。
子どもの緊張感を物語る、
心を込めたお辞儀です…


お抹茶が苦手な子は、飲めないことを
心配している子もいましたが、


あからさまに「嫌い」
「おいしくない」という言葉は
失礼にあたるということも、
さすが年長、よく分かっているので、
担任とのこっそり合図を作っておきました。


お抹茶がどうしても苦手で、
いただくことが難しい時には、
その合図で、アイコンタクトだよ!と
いう約束もばっちり!


 おかげで、みんな安心して
参加することができました。

お茶会後の子どもの感想はさまざまで、
「初めは緊張していたけど、
やっていたら楽しくなってきた…」と
言う子が多かったです。


お菓子がふわふわしていて
おいしかったという子、
お抹茶も「おいしかった~」という子もいて、


そのおいしさに、子どもの緊張も
ほぐれたのかもしれませんが、


「お抹茶をおいしいと感じられること自体が、
素敵なことだよね!」と、放課後、
職員で話が盛り上がりました。


きく組さんも、教室に戻るまで、
いい緊張感を持続させているようでした。
子どもの摺り足が、何とも愛おしく、
立派に参加する年長児を誇らしくさえ感じ、
山本先生からもお褒めの言葉を戴きました。


時間にして、
一クラス30分余りのお茶会でしたが、

日常の園生活であって
非日常な活動も経験しながら
今日は『凛とする』感覚をしっかり
味わわせていただきました。

山本宗佳先生、
年長児のために貴重な時間を設けていただきまして
本当にありがとうございました。

年少さん ししまい作ったよ!

カテゴリー: 未分類

2020年 1月

新学期のリズムも
すっかり取り戻した年少さん、

新年のあいさつを交わしたり、
お正月遊びも楽しんだりする中で、
折り紙で、ししまいも作ってみました。




ししまいの特徴である大きな歯、
子どもたちは、思い思いの大きさに折った口に
丁寧に描きこんでいました。


着物の模様も、子どもが描くと、
何とも『粋』な感じになりました!


出来たししまい、子どもたちは
とてもうれしかったようで、

お面のように顔につけてみたり、
頭をかんでもらったりして、
愛着を感じているようでした。




一人ひとり、思いのつまったししまい、
見ているだけで、ほおが緩みます。
年少さん、ステキですよ!!!

うさぎぐみがやってきた!

カテゴリー: 未分類

2020年 1月

幼稚園では、令和2年度入園予定の
子どもたちと、その保護者の方を対象とした
親子登園のクラス(うさぎ組)が始まっています。

この日のプログラムは、
在園児クラス(年中児・年長児)のお部屋に行って
お弁当を一緒に頂くという活動内容でした。


在園児の心うちは…と言えば…
先輩としては(いろいろ教えてあげたい)
(いろいろやってあげたい)(遊んであげたい)
いろいろな思いいっぱいで、
うさぎ組さんを招待しました。

うさぎ組のお友だちも、在園児のクラスに入り、
緊張気味な様子もありましたが、
元気にお返事もしました。

さぁ、在園児に混ざって一緒にお弁当です。
在園の子どもたちは、ざっくばらんに
話しかけたり、名前を紹介したりしていました。


うさぎ組さんの方は…と言えば、
どちらかというと保護者のほうが
緊張気味といった感じにも見受けられましたが、


在園児の温かい雰囲気に、
緊張もすっかりほぐれて過ごして
頂けたように感じました。



こんなお兄ちゃんお姉ちゃんになりたいな♡



食後は、遊びタイムです。
「一緒に遊ばない?」

うさぎぐみさんは、
在園児に玩具を貸してもらったり、
在園児に遊んでもらったり、


在園児は、遊び方を教えてあげたり、
こんなこともできるんだよという
さりげないアピールがあったり(笑)…




うさぎぐみさん、
(何して遊ぼうかな?…)と迷ったり、
初めての環境にドキドキしたりしても…
大丈夫だよ!


幼稚園で、過ごしていく中で、
いろいろな遊び方を知り、
いろいろな人との関わりを楽しみ、
ゆっくり大きくなっていきます!



楽しい時間はあっという間、
うさぎ組のお部屋に戻っていく
時間になってしまいました。


楽しかった~~?
また遊びに来てね~~~!!

うさぎ組さん、保護者の方、
お疲れ様でした。
次回は、年少さんのお部屋に
遊びに行く予定だそうです。

年少さん、
お兄ちゃん、お姉ちゃんぶりを

発揮してくれることでしょう!
楽しみです!

年少 凧揚げ

カテゴリー: 未分類

2020年 1月

子どもたちとの会話の中に、
『凧揚げ』の話が出ました。
冬休み中、
お家の人と遊んだという子もいました。

 

♪ もういくつ寝るとお正月 お正月には凧揚げて ♪
♪♪ コマを回して遊びましょう ♪♪ 

童謡『お正月』の歌詞にもあるように
凧揚げは昔からお正月の定番でした。
日本では、平安時代中期にはすでに
行われていた
と言われています。




この伝承を、是非子どもたちとも…と思い、
作って遊んでみることにしました。


レジ袋に、カラフルな足を付け、
シールや花模様で装飾です。
出来たら早速戸外へレッツゴ~~!


風を切って走る子どもの表情は、
何とも晴れやかで、すがすがしいです。


ビニールにいっぱい、風をため込んだら、
よく揚がるよ~~~!!


思えば5月、
こいのぼりを作ってこの園庭で遊んだね!

今では、この園庭も狭く感じるほど、
子どもの動きもしっかりしてきたように感じます。


「先生!!動いていないのに凧揚がってるよ!」
「見て、不思議だね!」



この日は、暖かい日和にもかかわらず
案外風が吹いており、自然と凧が揚がるのを
不思議そうに見つめる瞳…


子どもは、そんな不思議さをしっかり
遊びの中でも体験しているのですね!


走っていたら、身体があったまったよ!


自分のやりたいことに没頭できること…
思いっきり身体を動かして満足が得られること…


昔からの伝承遊びを楽しみながら、
「今」を精一杯生きている子どもたちです。
なんと、幸せなことよ…

おめでとう!

カテゴリー: 未分類

2020年 1月

先週、職員たちが帰宅の準備をはじめた時間、
インターフォンの鳴る音が…
見ると…見覚えのある顔が…
「あっ、卒園児のY君!!」「あけましておめでとう!」
「僕ね、成人式なんよ!!」「成人、おめでとう!」

Y君は、ただ今大阪で音楽の勉強をしている真っ最中、
幼稚園時代のことを共に懐かしみ、
今学んでいることをひとしきり話してくれ、
最後は、歌を熱唱してくれました。


職員たちは、
「近い将来、ミュージックステーションに出てね!」
「紅白にもよ!」
「レコード大賞狙ってね!」
激励なのか?プレッシャーなのか?(笑)
職員たちは嬉しくて、
はしゃぎまくった嬉しい週末でした。



うちの園では、有難いことに、
節目節目に顔を見せてくれる卒園児も多く、
わざわざ県外から
訪ねてくれる子もいるんですよ。


卒園してからも、幼稚園のことを
気にかけてくれることに励みを感じ、

元気をもらっている職員です!

がんばれ!卒園児!
成人おめでとう!
ずっと応援しているよ!!!

新春 お正月遊び(年長)

カテゴリー: 未分類

2020年 1月

三学期、いよいよ幼稚園も始動いたしました。
一月ということで、どの学年でも
昔から伝承されているお正月遊びを
園でもやってみることにしました。

年長さんのお部屋では…
クラスのみんなで、
新春カルタ取り大会です!


このカルタ取りは、もはや文科系ではなく

体育会系フットワークですね(笑)。
さすが年長児です。




グループ対抗ともなると、
自分のチームのメンバーに大声援!


ん?このカルタ…よ~く見てみると…


そうです、
このカルタは子どもの手作りです。



実は冬休みの宿題として、
一人二文字ずつ、字札読み札…を
作ってきたものを
持ち寄っています。


何の文字を書くか?はくじで決めて、
その頭につく文字から文章を考え、
それにちなんだ絵を描く…というふうに
作っていったようです。


年長児、特別に文字を教えたり、
書く練習をしたりしている訳ではありませんが、
思いを巡らせたり、自分なりに表現したりしながら、
文字にも触れるという機会も持っています。


子どもの描く絵、子どもの表現する言葉
とても愛らしいですね!
そういった純粋な表現が出来ることを、
とてもうれしく感じた
新春カルタ取り大会でした。