年中さん、英語最終回

カテゴリー: 未分類

2020年 3月

三学期に入ってから、月一回のペースでの三回、
年中児は英語活動を行いました。

三回とも、
お見えになったのは、
マイク先生

初回の緊張はどこへやら…
年中さんは、英語の時間を
とても楽しみに
待つようになりました。

   

子どもたちが、何ともいい表情で、
英語にふれているのがいいですね~



壁面には、日本の伝統文化である
お雛様の飾りも残しておきました。


マイク先生の出身のハワイの文化…
子どもたちの日本の文化…
異文化交流の繋がり方も
自然体でいいですね。


リアクションたっぷりのお話を
子どもたちは、真剣且つ、笑顔で聞き、


楽しい気持ちが、さらに英語や外国への
興味にも膨らんでいくといいなと
感じます。



今日で今年度は最終回。
ありがとうの気持ちを、手紙を書いたり、
プレゼントを
作ったりしていた子も
いたようです。



子どもの熱い思いをしっかり
受け取って下さった
マイク先生でした。


年長児での時間は、また違う先生との
出会いもあるかもしれません。
しかし、マイク先生とのいい時間が、
子どもたちには、とても心に残る英語活動で
次年度へ滑らかにスタートしていきそうです。
マイク先生、ありがとうございました。

山鳩 再来?!

カテゴリー: 未分類

2020年 3月

昨年秋以降、当幼稚園の、
最も鳥に関心の深い職員を始め、
年長児との
山鳩騒動の、
関連ブログを不定期に

掲載してきました…

①年長児、視線の先には何がある?
https://www.hijiyama-u-youchien.jp/dekigoto/?p=23532

②あなた……誰??
https://www.hijiyama-u-youchien.jp/dekigoto/?p=24390

③鳥の巣 続編
https://www.hijiyama-u-youchien.jp/dekigoto/?p=24533

本日、その第④回目を掲載します。

ある日の園庭で、ホーホーッホーホー…と
いう声がするのを、T先生が聞きつけ、
慌てて戸外へ飛び出してみると…
子どもたちが鳴いていたそう…(ズコッ)

しかし、苦笑したのも束の間、
子どもたちの見上げる先には、
な、な、なんと…


よく耳を澄ませると、子どもの発する
ホーホーッホーホー…という鳴き声に
まるで、呼応するかのように


木の上から、ホーホーッホーホー…と
鳴いていたとか…


年長児の中に、鳥と会話できる能力を
兼ね備えた子がいるとは…(笑)

あなたは、秋に羽化したあなたなの?
それとも別人ならぬ別鳥?!

このテーマ、一件落着したと思っていましたが…
まだ続編が飛び出しそうなトピックですね。



年少さん、念願の?!ショベル

カテゴリー: 未分類

2020年 3月

年少さんでは、
三学期には大きなショベルを

出してみようと考えていました。



天候の具合で、なかなか十分な時間を
取ってあげられていなかったのですが…



今日は何ともいい天気!
よ~しみんなで、外遊び~~~!
ショベルだ~ 





使える用具が大きくなると、

遊びも伸びやかさを増して、
さらにダイナミックに…


担任たちは、子どもの掘る落とし穴に
何度落されてしまったことでしょう(笑)


「見て~、働きおじちゃんみたいでしょ!」
ショベルを扱っている現業員の河野さんに…
どこまでも憧れている子どもたちです…(笑)


「せんせい!恐竜の卵がある!」
 
(え???なんだって???)
自分たちで書いた跡なのですが(笑)
そこの世界に乗っかると…
ますます空想の世界が広がり…



「わ~~~、こんなに大きな卵が…!」


土と友だち、砂と友だち…
三寒四温を経て、暖かい春がやってくると…
子どもたちにとっての、新しい遊びが
どんどん膨らんでいきそうです。


数に限りのあるショベル…
手にしていなかった友だちに、
探してきて「ハイ!」と渡してあげる姿に
直面しました。


遊びが、子どもを育て…
遊びが、人と人とをつなげ…
大事なことがたくさん詰まっている遊び。
年少さん、いいぞいいぞ!

年長児、図書室最終日(お話会)

カテゴリー: 未分類

2020年 3月
年長児にとっては、卒園までのカウントダウン、
園で最後の発表会…園で最後のひなまつり会…
何事にも、「最後の」という言葉が付きます。

この日は、園で最後の図書日です。
読み聞かせボランティアの
「おはなしポケット」さんがお話会を
開いてくださいました。


年長児が、園生活をやりきるために、
最大の力を発揮しながら
過ごしているのに
負けないくらい、


保護者の方の、気持ちの入れようも
半端では
ありませんでした。


見てください、
第一つ目のお話『ももたろう』は、
ペープサートと、劇が混合したお話で
実寸大の鬼登場のシーンでは…


子どもたちの、この腰の引けよう…(笑)
(あ~、ビックリした~)(心の声)


子どもたちの、リアクションに…
我ながら大満足♡…と喜ばれる保護者…


二つ目のお話は…
保護者の方々の手作り創作紙芝居でした。


当園のゆり組・きく組が主人公のお話とあって…
子どもたちは、食い入るように話に夢中でした。


お話の途中、恐竜が出てくるなど、
年長児が実際、作品展の時に作った


恐竜ワールドを想起させるような
ストーリー展開。



楽しかった園生活を、
さらにしっかり思い起こせるように…
と言わんばかりの、創作紙芝居


この保護者の方々の熱い思い…
何とも、泣かせます…


一筆一筆・一文字一文字・一つ一つ
丁寧に心を込めて、
作成してくださったことが

画像からだけでも伝わってきます。


たくさんの方々に見守られた
園生活だったんだなぁとじみじみ、
胸が熱くなりました。



三つ目は、子どもたちに
♪みんな ともだち♪ という歌を
プレゼントしてくださいました。



そして…最後は、
心を込めて作って下さっていた
恐竜の卵の首飾りをいただきました。


楽しかった週に一回の図書室での時間を、
このような形で締めくくっていただき、
子どもたちは、とてもうれしそうでした。


 

いただいた恐竜の卵の中から、
恐竜の赤ちゃんが二頭、出てきました。
何というサプライズ…


そして裏面には…
温かな言葉が添えられていました。


おはなしポケットの皆様、
子どもたちのために、たくさんの愛を
本当にありがとうございました。

年中さん、年長に向けて

カテゴリー: 未分類

2020年 3月

園のいろいろなことを、
リーダーとして取り組んでくれていた
年長児は、
もうすぐ卒園していきます。

そうなると、次なるリーダーは…僕たちだ!!
少~しずつそういう気持ちが
芽生えてきている年中児、
今日は、4月から入園するお友だちのための
入園おめでとうメダルを作りました。

難しいところを
さりげなくサポートしあえる姿も…


春にぴったりの、チューリップを貼り
 

周りには、ウキウキ気分になれるように
絵を描きました。


年中児、もらう友だちのこともよく考えて、
活動に取り組んだようですよ!

あと一ヶ月後には、入園式が控えているなんて…
ガンバレ!!新年長児!!!