年少さん、あこがれの北園舎へ…

カテゴリー: 未分類

2020年 3月
南園舎で過ごす年少児は、
年中・年長児のいる北園舎、北園庭に
とても憧れています。

年長児が散歩に出掛け、
誰もいない年長教室で年中児が遊ぶ間、
年中児のお部屋に年少児が
お邪魔させてもらうことになりました。



「年少さん、年中さんのお部屋の
おもちゃで遊んでいいよ!」という
お手紙をもらい、

早速階段を下りて、北園舎へ…



年中児のお部屋では、
今まで慣れ親しんだ玩具の中身が少し増え、
年少クラスにはなかった
ポットやお店のレジ…

 
年少クラスにはない
詳しい図鑑、
好奇心もますます
膨らんでいく
ようになります。

年少さんの時よりも、
友だちとかかわって…の遊びも
もっともっと増えていきます。

それらが盛り上がるように
玩具も準備しています。


    


ドールハウスは、年中さんのクラスにしか
置いていない玩具…
お人形ごっこも盛り上がります!




カードゲームや、恐竜カルタも、
友だちと順番を決めて、ルールの中で、
遊びが進んでいくようになっています。

 


汽車は、年少のお部屋にもあるのですが、
ターンテーブルや車庫、踏切など…



今まで使ったことのない
いろいろなパーツが増えるので、
更に遊びが盛り上がっていきそうです。


一つの遊びをじっくり遊んでいるものですから、
片付けの時間になり、
「まだ〇〇〇で遊んでいなかった…」


と涙の出る子もいましたが、
大丈夫!春からたくさん遊べるよ!

年中さん、楽しみ!いっぱい遊ぼうね!

年中さん、年長に向けていざ!

カテゴリー: 未分類

2020年 3月

春から年長!!!ということを、
それはそれは楽しみにしている年中さん。

年長児とは一年間、教室を隣り合わせで過ごし、
いろいろな様子がいつも目に入っていたので、
具体的にどんなことをするのか?
クラスはどんな感じなのか?ということは、
大まかには知っていますが…

この日は年長児が、園外にお散歩に
出掛けるとのことで、



年中さんのために、室内玩具を
使いたい放題デーを作ってくれました。


年長児のお部屋には、年長の発達に見合った
いろいろな玩具がたくさんあります。

 

カプラ積み木に、クーゲルバーン、
リグノやネフスピール、
キュービックスにアングーラなど…


 

芸術的にも美しい
ドイツの積み木がたくさん…


 

それらを使って…手に触れるだけでも
とても楽しいんです。


「設計図見ながら作ってみようや…」と、
説明書を片手に友だちと
協力しながら遊ぶ姿も…



友だちと力を合わせることや、
思うものができた時に感じる達成感など、


楽しい遊びを通して、一人ひとりの成長も
しっかり促せるような環境を整えています。
  

来月からは、年長児となる子どもたちの、
遊ぶ様子を見ていると、
すでに、年長としての兆しが見えるようです。


す…すばらしい…


友だちとあぁしよう、こうしてみよう…
頭を突き合わせて楽しむ遊び…
本当に本当に楽しくて
あっという間に時間が経っていきました。


四月から、クラス替えもあるなど、
子どもにとって環境の変化もありますが、
少しでも安心して春をスタートできるように…
という思いで、この時間を過ごしました。

 

春からは年長さん、遊べや遊べ!!
遊びを通して、心も身体もぐんぐん
大きくなっていくことを願っています。

年中 お話会

カテゴリー: 未分類

2020年 3月

年中さんも、この一年間、
図書室での時間をとても楽しみました。

最後の図書室の日には、年中さんでも、
おはなしポケットの読み聞かせボランティアの方が、
子どもたちに読み聞かせをしてくださいました。


大型絵本で、
『おおきなかぶ』『にゃ~ご』のお話。
食い入るようにお話を聞いていました。


年中さんでも、図書の時間には、
毎回自分の好きな絵本を選んで、
借りて帰っていました。


同じ絵本を何度も借りるほど、
お気に入りの絵本が見つかったり…
友だちの借りているものに興味が出て、
手にとってみたり…

年中さんでの楽しい図書室の時間が、
絵本の世界を少し広げているように思えました。

来年度、図書室の時間への楽しみに
繋がっていくと思います。

読み聞かせボランティアのお母さん…
ありがとうございました。

年少さん、園外へ

カテゴリー: 未分類

2020年 3月

年少のある子どもが、
「先生、大学
行ってみない?」と一言。
急に何を言うかと思えば、
二学期の終わり、
大学の校舎解体作業の
重機を見に行った時のことを
よく覚えていて、
その建物がどうなっているのか見てみたい…
ということでした。



それならば…年少のみんなで、
『春見つけ』も兼ねて
大学へ出掛けてみよう!!

早速、花の蕾もどんどん見つける子どもたち

 














大学の解体工事は、順調に進んでおり、
クラッシャーが最後のお仕事を頑張っていました。


子どもたちは、道路を歩くのも随分上手になり、
いろいろな春?もたくさん
見つけて教えてくれました。



(これは薔薇かなぁ?)


「ラベンダーっていう名前が素敵だね…」


などなど、いろいろな疑問や発見を
口にしながら歩く姿がありました。



花々も普段から目に入るものですが、
少し投げかけをするだけで…

 

子どもたちの『見ようとする目』の
強さや輝きが

全く違ってくるようです。

たくさんの春を見つけることができて、
心もすっかり春、
暖かくなったようです。



大学グラウンドでは、学生が野球をしていたので…
テニスコート近くの、固定遊具で ひと遊び…


大きなジャングルジムがありました。
蜘蛛の子を散らすように(笑)
駆けていきました。




登り棒や鉄棒も、大学生サイズ??

 

そんなことはお構いなしで、
ぶら下がったり、よじ登ったり…


早速裸足になってチャレンジする姿も…


 
(う…できない…)
 「よし、僕が手伝ってあげるよ!」

「僕だって!!」 (う…く…くるしい…)

  

先生たちもチャレンジ!!!…ダメだ…(苦笑)

 

年少さん、一人ひとりの
やってみようとする気持ちも、

一年でこんなに大きく
なっていったのですね…(涙)




青空に映える、うめぐみ・ももぐみ!
一年間、クラスは違っていても、
一緒にたくさん遊んだね!
年中さんでもよろしくね!
 

 

 

 

 

 

年長さん、感謝の気持ちを込めて

カテゴリー: 未分類

2020年 3月


 
卒園が、
日に日に近づいてくるある日…



年長児のクラスでは、いつになく
し~~んと、静かでした。
 

教室内では、たくさんの素材の中から、
自分の使いたいものを吟味していました。


そ・の・後…針と糸を持ち出して…



お・さ・い・ほ・う…?!

 

な・何を作っているのでしょうか?



それにしても、年長児のこの真剣な眼差し



誰を想い、何を作っているのか?と思いきや、
子どもたちの大好きな人への
感謝を込めたプレゼントらしい…
  

放課後、年長の担任二人は、
子ども一人ひとりの話をしながら遅くまで、
子どもの作ったものの最後の仕上げに
手を動かしていました。


こっそり耳と目を傾けてみると…
お家の方へ、感謝の気持ちを
しっかり込めて作ったもののようでした。
(聞いてはいけないものを聞いてしまったようで
気が引けたので…
画像はあえてぼかしで…)



年長児が在園中、幼稚園に、
元気に楽しく通ってくることができたのも、
一番には、お家の方々の支えあってのこと。


卒園式の日、我がお子様から、
ギュッと凝縮されて詰まった気持ちを、
しっかり受け取ってあげてくださいね。