2020ビオトープ観察会 第二回目(年中・年長)

カテゴリー: 未分類

2020年 9月

今年度、二回目のビオトープ観察会を
開催しました。



この観察会は、毎年、
ビオトープの施工をしてくださった

カジオカL.A.さんの計らいで、
実施することができています。

開催日は、ちょうど当大学
子ども発達教育学科の
教育実習日でもあり、
学生さんにも、レクチャーくださいました。


これから幼児教育を目指す学生にとって、
自然を愛する梶岡先生のお話は、


強いセンス・オブ・ワンダーの概念を
感じとらせていただけたのでは…思います。


観察会が始まる前から、
気の逸る子どもたちは


先生たちが持って来て下さった
生き物に興味津々



保護者や在園児の妹も、興味を示し近づいて…
さすが、当園の親子です(*^_^*)


観察会の始まりです。
 
今年度二回目の今回は、
秋の虫についてのお話でした。

子どもたちにはすっかりおなじみの
梶岡先生・清田先生・高村先生


ばったの仲間のお話や、
トンボやチョウの跳び方の違い、


バッタが人間くらいの大きさだったら、
25メートルくらい跳んでいることになる…というお話

 

あらかじめ持ってきて下さっていた
生き物を
見ながら、話されたり、





資料で示しながら
説明してくださったりして、


興味深そうに、聴く子どもたちでした。


トンボはどんなふうに跳ぶか?
放してみよう!!


「わっ、止まった!」


「この枝の先にいる虫は何か分かるかな?」


「はい、はい、は~い、ナナフシ!!」
 
「これは何か分かるかな?」



「これは、幼稚園にもある
プラタナスっていう葉だけど、

よく見てみると実がついているね…」


「まるで、ドラえもんの首にある鈴のようだ
それで、『すずかけ』とも呼ぶんだよ」


 観察会後半は、年長児だけの時間です。

先生たちが、あらかじめ
捕まえて来て下さっていた
生き物の観察をしました。


わ~、ハンミョウなんて、珍しい…
しかも、とっても美しい…


8月は、ほとんど雨が降らず、
生き物にとって大切な雑草が、
水分不足で枯れていて、



生き物の数が例年より、
とても少なかったそうです。
それでも、少しでも、いろいろな生き物を

身近に観察できるように…と、


今日のために二日もかけて、
捕まえてきて下さいました。


最後に、その生き物たちを、
園のビオトープに放ちました。


「ここを気に入って、棲みついてくれ~」
という気持ち、

いっぱいの年長児でした。


今年度、
二回目のビオトープ観察会も
子どもたちの、更なる好奇心を
最大限に引き出して下さった
会となりました。





今年は、これから、
ようやく遅い初秋を
迎えようとしており、
園のツクツクボウシも、
行く夏を惜しむように
鳴きまくっています。





子どもにとっての、
新たな発見と驚き
センス・オブ・ワンダーの心を、
大切に大切に
見守っていきたいと思います。 

関係者の皆様、
本当にありがとうございました。