ブレイクタイム(^_^)/

カテゴリー: 未分類

2020年 10月

年長児は、いつでも他学年を、
鬼ごっこの仲間に入れてくれたり、
お店を開いたり、
自然に優しく振る舞ってくれます。

( ↓ 前回のお菓子屋さんの様子)



ある日年中児が、戸外で遊んでいる最中に
さくら・ふじ(年中児)のクラスに
置手紙と、何とお金(笑)まで
こっそり教室に置いてありました。



今までの、
いろいろな経験のある年中児は、

急いで昼ごはんを食べて、
約束の時間までソワソワ……



しかし、約束の時間が近づいてきたときに、
年長児が

「ポテト事件が起きたから
少し待って下さい…(>_<)」と。




どうやら、年長児の方も
気が逸り、慌ててしまい…

売ろうとしていた品物(ポテト)が、
ひっくり返ってしまったようです(>_<)




年長児、気持ちを立て直して
スタンバイ、オッケー!!



勇んで、年中児がやってきました!


 

「いらっしゃい」「いらっしゃい」
「うどんにスパゲッティ、ポテトがありま~す」




「え~~~? まよう……」
「私、ラーメンがいい!」
(ラーメンはないんだって…)

  

「ポテト、買っちゃったよ!」



「僕は、うどん」「僕、スパゲッティ」




「ねぇ、何買う??」
並んでいる間に、
欲しい品物を心に決める年中児(^_^)/




部屋に戻ってからは、
友だちと一緒においしさの共有(*^_^*)



「大きい組さんにお礼のお手紙書きたい…」
という子もいて、
早速、年長児に届けに行ったところ、




年長さんは、
そのお手紙を喜んで受け取り、
クラスに掲示してくれました。


 


今年は、コロナ感染症予防対策で、
毎年行っている大学祭での『おまつり』は、
中止となりました。

例年、そのおまつりでは、
役員さんが中心となって
うどん屋さんや、お菓子屋さん、

アイスクリーム屋さんなどの
模擬店を開いています。


今年は、そのお店を
味わうことができなかったので、

それに代わる体験ができるように…という思いで、
年長児が発案してくれたお店だったようです。

年長児のその真意を、年長児の担任から聞いて、
年長児は、三年目の園生活を
しっかり過ごしているのだなと

感心した遊びでした。