作品展示 見学(年中)

カテゴリー: 未分類

2020年 11月

年中児は、自分の教室から、展示場所までが
とても近いことから、何度も足しげく通いながら、
自分たちの物を作ったり、鑑賞したりしましたが、

年少さん・年長さんの作品を見るのは初めて!
とても楽しみにしていました。


明るい雰囲気に包まれた年少さんの空間
年中さんも、自然に笑みが浮かぶようでした。

    

自分たちが、年少の時に作った作品のことを
懐かしく思い出す子もいましたよ…



自分たちのコーナーは、毎日、
出来上がっていく過程で、十分すぎるほど、
よく見ていたので、とても足早(笑)

 

気分は、年長児の作品展示室。
年中児にとって、未踏の地です(笑)
 


『おばけやしき』だからといって、
みんながおばけにならなくても
いいんじゃない?(>_<)(笑)



想像していなかった世界に、
大興奮の年中児でした。







 





神社に備えてあったきゅうりを、
かっぱ様に食べてもらっていました…


 

ちょうちんおばけは、子どもにとって、
ヒーローなのか?
指さして喜ぶ子が多かったです(^_^)v






年長児は、セロファンや、つや紙など、
年少・年中では、扱ったことのない素材を、
たくさん用いて、きらびやかであり、
出来る限り本物に近づけるように…
たくさんの工夫や、考えがちりばめられていました。

年中児は、楽しい楽しい、と何度も、
入口へリバースして繰り返し楽しんでいました。

この経験が、来年度の年長児としての、
作品製作に繋がっていくのでしょうね…

 

作品展示 見学(年長)

カテゴリー: 未分類

2020年 11月

年長児も、年少・年中の作品展示を
とてもじっくり鑑賞してくれました。
 

同じバス便や妹や弟の作品を見付けて、
愛おしそうに、眺めていました。




年中児のクラスへは、
年長さん、作品鑑賞の後、
わざわざ入室して来てくれて…



年中さんの作品展示のよかったところや、
ステキに思う所を、直接的に
感想を言ってくれました。



年中児と年長児は、ペアの友だちもいることから、
その友だちの作品を探し出して、
見てくれていた子もいたようでした。



年中さん、直接褒められて、
照れるやら…うれしいやら…

年長児のことを、ますます身近に感じ、
ますます、好きになっていくようでした。

「ご飯の後、年長さんのおばけやしき、入ってもいい?」
「いいよ~~~」

そういったやりとりが、自然と生まれてきて、
いい関係が、深まっています。

年長さん、ありがとう(*^_^*)

作品展示 見学(年少)

カテゴリー: 年少

2020年 11月

今年度の作品展示、
お楽しみいただけましたでしょうか?

子どもたちにとっては、それはそれは、
大満足の作品展となりました。

年少児が、作品見学した時の様子です。

 

年少児は、飾りつけを担任が行ったので、
自分たちが作ったものが展示されているのを見て、
大喜びの様子でした。



年中さんの生き物の森では、
カブトムシや、クワガタ、トンボに、蝶…
よく見てくれたようでした。




年少さん、教室での廃材遊びでは、
生き物作りも、始まっているとか…(*^_^*)



年長児の『おばけやしき』は…こわいけれど…


 

ドラキュラ様に、あいさつしている子も…(笑)



かっぱの神社では、みんな、間違いなく、
手を合わせて拝んでいました(笑)





年少児からすると、見上げるほど大きな
年長児の協同製作、迫力大満点でした。



こわいおばけやしきですが、
友だちと一緒なら、へっちゃらさ!!

また、入りたいよ~~~と言っていた子どもたち。
お家の人と一緒に、入れたかな?