タコやん(年中)

カテゴリー: 年中

2021年 5月

年中さん、今日ははさみを持って真剣に、
線に沿ってチョキチョキチョキ…




それぞれ、いろいろな色の画用紙ですが、
一体何を作っているのでしょうか??





黒いシールを貼って、
最後に細長い持ち手をつけて…??


わ~(^_^)/ タコやん(*^_^*)



早速持って遊んだり、
友だちのタコとお話させたりして、

愛らしいタコ人形に大喜び(^o^)





 

活動の後に、先生が読んでくれた
絵本『タコやん』

自分の作ったタコと、
オーバーラップして、
とてもよく見たんだそうです。

はさみでチョキチョキ
楽しかったね!!

今度は何を作ろうかね??

避難訓練

カテゴリー: 全体

2021年 5月

今年度、初めての避難訓練を行いました。



年少さんにとっては、初めての活動だったので、
「火事?」「煙?」と、ドキドキする言葉に
怖い気持ちも湧いたのですが、



避難することが大切という意味を分かって、
気を引き締めて、参加していました。



園庭の坂の上まで、無事に避難できました。



年中・年長児は、今までにも行ったことのある
訓練ですから、活動の意味は理解しています。







園長先生の話を聞く姿も、真剣そのものです。





当園の大事な存在のガンバタネコちゃんや、
テルくん、ゴウ君、リカせんぱいも無事でした。



  
最後に、年長児代表で
「お」「は」「し」「も」の確認です。


「お」は? 「おさない!」



「は」は? 「はしらない!」



「し」は? 「しずかに?」
惜しい、内容はあってる!「しゃべらない!」



「も」は? 「もどらない!」



最後は、汚れた室内履きを持って、

「火の用心!」カチカチ


「火の用心!」カチカチ


  「火の用心!」カチカチ



これでばっちり!!備えあれば憂いなし!

これから隔月で、段階を追って、
避難訓練を実施していきます。

お家でも折に触れて、災害時のことを
話す場を持ってみてくださいね。

ビオトープのカエル(年長)

カテゴリー: 年長

2021年 5月

子どもたちは、毎日のように
ビオトープの水面に顔を近づけて、
カエル探しに夢中です。




ビオトープ周りに、蝶のアサギマダラを呼び込むために
フジバカマを植えたこともあり、
更に、ビオトープへの関心が大きく膨らんでいます。



そこで年長児、折り紙でカエル作りに挑戦!


 

幼稚園にいるツチガエルやトノサマガエルなど、
自分の好きな色のカエルを折りました。



出来たからだに模様を描いていくと…



お気に入りのカエルが出来て大満足!



早速、人形ごっこのようにして、
楽しく遊ばせています(*^_^*)



6月には、ビオトープ施工者カジオカL.A.の
梶岡先生が、

ビオトープ観察会を開いてくださいます。



そこで、グループの友だちと協力しながら、
自分たちもビオトープを作ってみました。





水が抜けないように、石で囲ったビオトープの中で、
先ほどのカエルを泳がせてあげました。

 

「かくれんぼしない?」「いいわよ~」
まだまだ人形ごっこは続きます…



次の日にはマーカーで、絵を描きこんでいきました。







先日、自分たちで放流したメダカを描く子、







今度の観察会で、会えるといいなという
願いを込めて、赤腹イモリや、カメを描く子も…







産まれていた大量のオタマジャクシや、
ヌマエビ、
アメンボなど、
毎日の観察で、出会った生き物もいます。








当園のビオトープを思い起こし、
橋やモーターの入っている小屋を描いたり、









観察をしている自分を描いたり。







ビオトープの周りには、自分たちの植えた、
フジバカマや、何度も口にしたカタバミの葉を描く子も。







あ、アサギマダラも飛んできている…



現実と想像の入り混じった、とっても楽しい
グループのビオトープが完成しました。

<ゆりぐみ>









 



<きくぐみ>














カラフルテントウムシ(年少)

カテゴリー: 年少

2021年 5月

戸外遊びが大好きな年少さん、
戸外で、見つけたかな?テントウムシ!




赤い体に てんてん模様…




カラフルな模様のおしゃれな
テントウムシができていますね。




   


テントウムシの周りは、きれいなクローバー…

 
 

クローバーの上で、とても楽しそうに
遊んでいるテントウムシたちです。




最後は、クレパスで絵を描きました。




ジロジロ、グルグル、ションションション…
クレパスのいろいろな描き心地を楽しみながら、
絵が出来ていきます。

 

そして、子どもの描いた絵一つひとつに、
いろいろな思いが込められています。
 


描いたり作ったりという活動の中で、
伸びやかに表現するということ、
自分を表現する楽しさ、
いろいろなものを感じとっていけるといいです。



戸外が、梅雨時期のどんよりとした色をしていても、
教室の中は、子どもたちの笑顔と、製作物に囲まれて
とっても明るいです!!

図書貸し出し

カテゴリー: 全体, 年長

2021年 5月

年長組では、今年度も
図書の貸し出しが始まりました。





この時間には、おおよそ隔週で
図書ボランティアさんによる読み聞かせもあります。
 

在園児や卒園児のお母さん方が、
ボランティアで、子どもたちのために
読んでくださっています。





季節や、その時の興味のあるものなど、
選んでくださり、子どもたちは、
その時間も園の楽しみのひとつです。



そのあとは、毎回
自分の好きな本を選んで帰ります。



友だち同士、おすすめ本を紹介し合ったり、
シリーズを継続で借りてみたり…
毎回、自分のお気に入りの一冊が見つかり、
とてもいい図書の時間です。

**********************
年中さんの図書貸し出しはじまりは、6月9日です。
お楽しみに…

また、年少さんでは、保育中の貸し出しは
行っておりませんが、
14:00以降、お家の方とともに、行かれますと、
二冊借りることができます。

子どもたちのために考え、
選んだ本をたくさん置いています。
その日はお迎えにしていただくようになりますが、
バス通園の方も、ご希望であれば、
どうぞ、図書貸し出しをご利用下さい。


家庭での温かい語らいの一端として…(*^_^*)



生き物との出会い

カテゴリー: 年長

2021年 5月

登園中、弱りかけた蝶を見つけてきた子ども。



弱っとるね…



この蝶、なんかね?





これじゃない?いや、これじゃない?
図鑑と見比べながら、



いろいろな子どもたちの発言の聴こえる中、



いつのまにか、柔らかいティッシュの上に
乗せてあげていました。



何かを食べさせないと…と思ったようで、
外の花を摘んできて、いつでも吸えるような
環境も整えていました。



弱々しさの中に、触覚と羽を

かすかに動かす姿が見てとれました。



この姿を見て、
「お墓みたいじゃん」と発言する子も…



その後、「逃がしてあげた…」と。

ティッシュに花も乗せたまま、

自分たちの植えた、枝豆のプランターの上に
そっと優しく置かれていました。   



子どもと共に調べた結果、
これは、ウメエダシャクという我だった
ことが分かりました。



教室に、クロアゲハも、飛んできました。



いろいろな生き物との出会いのある毎日です。

玉ネギの収穫(年長)

カテゴリー: 年長

2021年 5月

年長児が、年中の時に植えた玉ねぎ
ねぎの部位が、枯れ始めたので…

そろそろ収穫??ということで、
年長児、いざ玉ねぎ掘りへ…!!



植えた時に一人三本ずつ植えたので、
抜くときも三本ね!



「オッケー!!ネギを持って
抜けばいいんでしょ?」
ちょっぴり安易に構えていた年長児。


 
ところが、抜かれまい、
抜かれまい…と頑張る玉ねぎ




やっとの思いで抜いた玉ねぎの根っこには、
こんなにたくさんの土がついていて…
きゃー、びっくり




うわ~~~、っという
この表情がたまりませんね(*^_^*)





抜けない、抜けない…誰か~手伝って~!



こんな時こそ、仲間の出番!!



力を合わせて、抜けた喜びをしっかり共感(^_^)v



  
いや~、掘れた掘れた!
これで、何の料理作ってもらう?(*^_^*)



とりあえず、教室まで持って降りよう!





ご覧の通り、大収穫!大から小まで(笑)
なかには、
「この玉ねぎ、ラッキョウみたいじゃ~」と喜びの言葉も。




「一人三個ずつ持って帰ろう!」

 

ついつい、大人は欲張って大きいものを
選んでしまいがち(?)ですが、




子どもは、形の面白さや、
小さなかわいい形も気に入って、選んでいました。



余った玉ねぎどうする???
副園長先生が、玉ねぎコンソメスープを
作ってくれるって(*^_^*)
やったー!!!



子どもたちの楽しみは、
こうやって毎日続いていきます…。

大好き、ダンゴムシ(年少)

カテゴリー: 年少

2021年 5月

年少さん、戸外遊びの中で、
うれしいお友だちができました(*^_^*)



ウフフ、ダンゴムシです!



とても身近で、捕まえやすいダンゴムシは、
年少さんたちにとって、うれしい仲間♡





あまり関心の湧いていなかったお友だちも、
集いで、先生に見せてもらって…



ぐんと、興味が湧いてきました!



色画用紙で作ったダンゴムシを見せると…




今度は、ダンゴムシを作ってみることへの
興味も湧いてきました。


 

遊びの中でよく見たダンゴムシ。



背中に線模様があることや、

 
 
落ち葉が大好きなことも
製作の中で表現してみました。



ダンゴムシさんがゴソゴソ歩けるように…



仕上げに、クレパスで、
たくさんの脚を描いてあげました。

 

他にも、ダンゴムシさんの好きそうな食べ物も…

   

自然の中で出会った生き物が、
こんな形で、再現できることの楽しさを



たっぷりと味わっているようでした。



葉っぱにかくれんぼしていたり、
鬼ごっこしていたり、
お話したり、おんぶしたり…



一人ひとりの作るダンゴムシの世界には、
一人ひとりのストーリーが
しっかりとあるようでした。




さようなら、あげはちょう

カテゴリー: 全体

2021年 5月

幼稚園で育てているミカンの木。



正確には、木を育てているのではなくて、
アゲハチョウのために植えているミカンの木。



そこに、アゲハチョウが
たくさんの卵を産み落としてくれ、

幼虫の観察を毎日しています。



蛹から、羽化、成虫へ…という過程まで
見届けることはなかなかできません。





そこで、ミカンの木で蛹になったのを見計らい、
ミカンの木にネットをかぶせ、

蛹から羽化へ…という過程が見られる
環境を整えてみました。



そして、ある日、二匹のとてもきれいな蝶が
出て来てくれました(*^_^*)








みんなが見た後で、この狭いネットの中から、
広い戸外に放してあげよう!と、
年中・年長で、見送ることにしました。

 

一匹目、なかなか飛んでいきません…





飛び上がり、子どもたちの歓声があがりかけると、
また、降りてきて…





また、飛び上がったかと思うと、
自分の育った鉢の近くまで舞い降りてきて…
なかなか、うまく羽を動かして飛ぶことも
難しそうに見えました。





子どもたちの「ガンバレ」の声に
励まされるかのように、

一匹目は、飛んでいきました。



そして、二匹目…
一向に飛んでいこうとする気配がありません。



まだ、飛んでいく心の準備が
出来ていないのでしょうか?

みんなとお別れするのが淋しいのでしょうか?
羽の動かし方が分からないのでしょうか?



仕方がないので、近くのプラタナスの葉の上に
置いてあげた途端…



梅雨空へと、飛んでいく姿がありました。



大きく羽を動かす姿が、子どもたちには、
お別れのバイバイに見えたのか?
「手を振ってくれたよ…」と、言ったNちゃん。



その後、ポツポツ降り出した雨。
「雨に濡れるじゃんか!!」と、
T君に怒られてしまいましたが、
きっと、羽の濡れない場所を見つけて、
広い世界を楽しんでくれているよ、きっと!








みんなのジューンベリー

カテゴリー: 全体

2021年 5月

幼稚園に、卒園児が記念樹として残してくれた
ジューンベリーの木があります。



例年よりかなり早く梅雨入りした今年ですが、
ちゃんと、季節を間違えずに、
たくさんの実をつけてくれました。



木の実を、鳥が啄ばむ様子もいいものですが…
この木は、子どもたちのもの…(*^_^*)


 

 

 

 

ベリーが、子どもの口に入るように、
網で覆いました。
網の中で、きれいに熟していますよ~