思いがけない別れ(カエルのげこちゃん)

カテゴリー: 全体

2021年 7月

先日から、この『こんなことがあったよ』ブログにも、
何度も登場して来ていたカエルの話題です。

北園舎で生活している年中・年長児が
ビオトープで、大騒ぎになっていました。




子どもたちが、毎日のように観察し、触り、
一緒に遊んできたトノサマガエルが、息絶えていました。





実は、前日の子どもの帰宅後、外掃除をしていた時に、
すでに、池の中でこのような姿になっていました。
しかし、子どもたちに発見させて、
そこできっと何かを感じとる…
それを経験させようと、葉で覆い、
そのままにしておいたトノサマガエルでした。



カエルの姿を、子どもたちは信じられないような表情で、
見ていました。



皮がむけてる…皮がむけてるよ…



ほら、そこ……
みんなが(カエルを)持ち過ぎたんじゃ…
人間の手が熱かったけ、やけどしたんじゃろ…
見ると、カエルの脇の皮がむけています。



まだ、名前も付けてあげとらんかったのにねぇ…
げこげこって鳴くけぇ、『げこちゃん』にしようや~
そう言って、その場にいた子達は、このカエルを
『げこちゃん』と命名していました。



白いおなかから透けて見える、カエルの腹部、
青白くなっています。
太ももは、赤くなってパンパンに腫れています。



人間の手は熱いって、この前、
梶岡先生(ビオトープ観察会の講師の先生)たち

言ってたよね……



どんくらい熱い…? 
友だち同士、手を握りしめあって、

手の熱さを確認している年長児の姿もありました。

生き物の立場に立って、
考えてみようとする姿でしょうか?




日頃、ビオトープやビオトープの生き物に
そこまで関心を寄せていなかった子も、
とても衝撃的なことのようで、
長い時間、見入っていました。




息絶えているということが
いまいちよく分からない様子もありましたが、
目が飛び出てる…足が動かん…
そのありさまを真剣に受けとめる姿でした。


 

ここからが年長児の出番です。
どうしたらいい??
もう、触らんかったらいい…
子どもたちは、簡単に結論を出そうとします。





しかし、触らないと決めてしまうことは、
せっかく芽生えた関心(好奇心)が、
無関心にすり替わってしまうことも考えられます。



結果的に、今、こうやって、
カエルは動かなくなってしまっているけど、



カエルのことが、大好きで、かわいがってあげた人…?
そういう子はたくさんいました。



げこちゃんも、みんなのことが大好きだったと思うよ…
でもね、さよならしようね…



いつもは、大賑わいの年長児も、
この時ばかりは、言葉少なく、
言葉にならない感情を体験したことが感じられました。





さよなら…







触る、触らない、というこれからのこと…は、
とりあえず、棚上げして、目の前にいるげこちゃんを
年長児全員で、弔ってあげました。

次の日のビオトープ…
何事もなかったかのように泳ぐオタマジャクシ





仲間の逝去を知ってか、知らずか、
現れた別のトノサマガエル



しかし、子どもたちの目にこのカエルは、
仲間を失った寂しさを
感じているように映ったようです。





昨日までとは違って、ビオトープのそばに、
げこちゃんのお墓が置かれました。

ビオトープの生き物と遊ぶ時、
生き物に触れる時、
このげこちゃんが教えてくれた
いのちの重みを、
きっと、子どもたちは、
何かしら感じてくれるのではないでしょうか。



年長児が、梶岡先生と、春に植えたビオトープ傍の
ホワイトコンロンカの花が初めて咲きました。



このタイミングで咲いたこの可憐な花も、
『命』を感じさせるものでした。

ありがとう さようなら

使命感に燃える?(年長)

カテゴリー: 年長

2021年 7月

七夕が近づいてきたある日。
どの学年でも、七夕会に向けて、
七夕飾りを作っていますが…



飾るための笹がない(-_-)



……ということで、園長から年長児に白羽の矢が。
大学の笹を取りにいって来てください!
 よっしゃー!!!

そこで早速、大学へ。
幼稚園の働きおじちゃんと、
現地集合、
喜び勇んで、レッツゴー!


  


おじちゃんとの待ち合わせ場所まであともう少し、
という所で、大学の新校舎に携わっておられる
大学のえらい(笑)人が、「中、見学していく?」と
声を掛けてくださいました。


  
え??いいんですか?どうする?「行く!行く!」
「そんじゃ、ちょっとお邪魔しよっか…」



マナーのいい私たちは、
すっかりよそいきの姿で(笑)、

靴を脱いで、おじゃましま~~~す(*^_^*)
新校舎、初潜入です!


では、ついてきてください…

 


うわ~、木が植えてある~~~



まいごになりそ~



ひっろ~い、ホテルみたい!



ごうかじゃね~



ここにみんなで、くらしたいね~




あたらしい においがする~



せんせい、ここで記念写真撮ろうや~
自分たちの新校舎でもないのに、
みんないい顔です(笑)




コロナ禍で、登校できていない
学生さんたちよりも早く、

足を踏み入れちゃいました。



わ~、満足満足…(^_^)v (^_^)v
じゃ、帰ろ!  ん?帰る? 帰らない!
やだ~、働きおじちゃんとの約束、忘れてた~~~
私たち、笹採りに来てたんだった~~(>_<)

新校舎玄関先では、働きおじちゃんが…

さっきまで、声が聞こえていたのに、
姿が見えなくて、どこに行ったのかと思ったよ…
「ほんまに、ごめんなさい(>_<)」



ちょうどいい笹を準備しておいたよ!
みんな、頑張って持って帰ってくださいね!



は~い!! 任務を思い出した年長児、
再び士気を高めて、いざ、幼稚園へ…!!

 





年長児が、笹採りに行ったのを
見送ってくれた年少さん、
まだかな?まだかな?と、待ち侘びています。



一足早くついたゆり組さんが、



きく組を出向かえ、声援してくれました。



ありがとう!きく組も戻ってきたよ~



おかえり~~~(^_^)/ 年長さん、ありがとう!!



まかせておいて!
こんなに大きい笹、採ってきたよ!

(行きに、寄り道してた…
なんて(>_<)到底言えなかった(笑))




さぁ、これでばっちり! 笹飾りつけしようぜ!