夏休み最終日

カテゴリー: 全体

2021年 8月


今日は夏休み最終日です…

広島県にも緊急事態宣言が
出ていて、テルも、タネコも
毎日こんな感じ……

窮屈な生活だけど仕方ない…

 

 あ、リカせんぱいも、
ゴウ君も…

マスクは欠かせないよね…




あ~あ…みんなそろってこんな感じ…(>_<)


気持ちが塞いじゃうから、事務室の
デスクの上には、植物をたくさんおいたのよ(*^_^*)
ドラセナに…



アイビー…(*^_^*)…… あれ?



中央クローズアップしてみたら…見えます?
元気づけに来てくれたのでしょうか?




戸外にも、夏の花がきれいに咲いています!
明日から二学期!
この植物たちにたくさんの力をもらい、
心身ともに元気に過ごしましょう!



体調のすぐれない時には、
早めに休息をとってくださいね。



出来る限りのコロナ感染症拡大防止に努め、
気を引き締めていこうと思っています。



どうぞよろしくお願いします。

雨ニモマケズ コロナニモマケズ

カテゴリー: 全体

2021年 8月

夏休みもあと5日となりました。

おはよう!あさがお

この夏休みは、大雨・長雨、
コロナ感染症拡大で、
家庭生活でも、多くの制約があり、
窮屈な時間も多かったことでしょう。



そんな中でも、園の自然物はとても元気に
夏休み生活を過ごしてくれました。
https://fb.watch/7CUk9XJ_9k/
(園の自然物動画)



一学期になくなったカエルのゲコちゃんも
しっかり子孫を残してくれています。



水草にはきれいな花がついています。
耳を澄ませると、セミもうれしそうに鳴いています。
ヌマエビもたくさん数を残し、イチジクは実を太らせ、
アサギマダラ(蝶)を呼ぶフジバカマも
しっかり根付いてくれています。

観葉植物は、
一つ大きい鉢に植え替えしてあげました。



卒園児(現在高校三年生!)の保護者の方が、
コクワガタと産卵セットを
持ってきてくださいました!






園の自然は、雨ニモマケズ コロナニモマケズ
いきいき のびのび どきどき 育ち、
園のみんなとの再会を待ち侘びています。

2021オープンキンダーガーテン(第二回目)

カテゴリー: 未就園児

2021年 8月

幼稚園では、8月21日(土)
感染症
拡大防止対策をしっかりとりながら、
2022年度就園年齢(2歳児)親子を対象として、
第二回目のオープンキンダーガーテンを
開催しました。




今回は、リトミックの活動も楽しみました。

ゆ~~らり、ゆらり


ゆ~ら ゆ~ら 気持ちいい (*^_^*)


各教室での、製作コーナーや積み木コーナーなど、
参加者の方々には、密にならないように
分散して参加いただきました。





子どもはもちろん、お家の方も、
遊びの世界にどっぷりと浸かり、
楽しんでくださいました。






大人の湧き上がる楽しさや喜びが
子どもと「共鳴」し、

その『響鳴』が、マスク越しではありますが、
伝わってくるようですね。







短時間で制約のある中での
活動でしたが、
参加者皆様のご理解のもと、
進めていけましたこと、
本当に感謝致します。

ありがとうございました。



今後も感染予防には、しっかり留意しながら、
日々を過ごしていきましょう。

日に日に、感染状況が落ち着きますように…。






 

職員の研修③

カテゴリー: 全体

2021年 8月

幼稚園では、県主催の研究協議会に
オンラインで参加しました。


オンライン講演での、講師は、
当大学短期大学部教授 七木田方美先生でした!



講演内容では、
当園の『こんなことがあったよ』のブログも

引用してくださいました。





当園の保育内容や子どもの育ちについて、
理論も交えながら、お話し下さったのですよ!



(卒園児のアルバム渡しの様子)


『新型コロナウィルス感染症対策にも配慮した
 幼稚園 保育所 認定こども園の活動』と題しての講演。
 



各幼稚園の事例研究発表されました。
チャット形式での質疑応答
(時代が進んでいて…(>_<))




どこの園でも、感染拡大予防に努めながら、
活動や行事縮小中止をせざるを得ない状況。



その中で改めて、
子どもの発達に必要な体験とは…?
子どもに何を体験させたいか…?
どんな子どもに育ってほしいか…?
ということに、他園でも、頭を悩ませながら、
試行錯誤しながら、考えを深め
保育にあたっている様子がうかがえました。




七木田先生の言葉で深く印象的だったのは、
『コロナ禍だからこその
レジリエンス
ネガティヴケイパビリティー』
という言葉でした。


レジリエンスとは、回復力・復元力、
ネガティヴケイパビリティーとは、
答えの出ない事態に耐える力


そういった力は、
自分一人で頑張って備わるものではないのだ
と実感しました。
他園の頑張りを知り、私たちもとても
元気づけられた研修会となりました。




子育てを頑張っておられるお家の方々!

私たちはお家の方と一緒に、痛みやしんどさ、
悩みや不安も分かち合って、
レジリエンス、ネガティヴケイパビリティーが
育ち合う関係になれるといいなと感じています。

最後に研修会をしめてくださったお言葉。
またこれも、グッと心に響く言葉だったので、
掲載させていただきます。


ニーバーの祈り

神よ、
変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、
変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。

ラインホールド・ニーバー(大木英夫 訳)

雨のお盆

カテゴリー: 全体

2021年 8月

夏休み、前半が過ぎました。
皆さま、お元気でお過ごしでしょうか?



ここのところ、雨が続きますね。
テルくんも、お空見てごらん…



どうか、ひどい被害になりませんように…


 
幼稚園は、13日(金)~17日(火)まで、
お盆休みに入ります。



コロナ感染症も、なかなか落ち着かず、
気持ちもふさぎますが、
健康に安全な毎日をお過ごしください。

 




夏休み(職員の園内研修)

カテゴリー: 全体

2021年 8月

職員たちは、園内で研修会も行いました。
この日の講師は、
鳴門教育大学大学院の湯地宏樹先生です。




去年に続いて今年も、
オンラインでのWEB研修会でした。




湯地先生は、以前
当大学短期大学部の幼児教育科で

多くの学生さんの、
ご指導に当たっておられました。




もちろん、当幼稚園にも、
何度も足を運んでくださって

職員たちも、
多くのことを学ばせていただきました。




当園のことをよくご存じの先生ですから、
幼稚園の教育目標、方針とも絡めながら、



『指導計画と保育の展開』ということをテーマに
お話し下さいました。
 

お話の中に、
倉橋惣三先生のお言葉も引用されました。



うしろ向き


わたしが子どもをじっと見るのは、そのうしろ向きだ。
まえ向きに相対しては、笑み交わすか、話しあうか、
手をとりあうか、戯れに争う形をとるか、
なににして、相互いの交渉であって、
じっと見る暇も隙も隔てもない。
ただ、うしろ向きだけは、心をこめて眺めることが出来る。
(中略)

前に回っても見たいが、目を合わせては、
その無心を紊(みだ)すおそれもある。
せめて横顔をとも思うが、いえいえ、そっと、しかし、
じっとうしろから眺めさせて貰おう。
そこでは、子どもの心の動きに、ただ同じ方向にのみ
追随していることも出来るのであるし。

(倉橋惣三 「幼児の教育」第38館 第12号)

二学期からの日々、今まで以上に、
より深く考えた保育をしていけるように
努力していこうと思います。

湯地先生、ありがとうございました。

夏休み(職員の救命講習)

カテゴリー: 全体

2021年 8月

みなさん、毎日本当に暑いですね!
お元気ですか?

幼稚園の先生たちも、元気に過ごしていますよ!



この日は、
広島市東消防署より、岩﨑様を講師として招聘し、
先生たちの救命講習研修会でした。

 

呼吸停止が確認されたら、
心臓停止と判断し胸骨圧迫、心肺蘇生を始めます。



足は肩幅に拡げ、手をクロスにし、
からだに対して垂直に行います。



先生たちからも積極的な質問をし、
講師の先生に教わった内容で、
職員もいざ実地訓練です。




『つよく はやく たえまなく』と言われましたが、
なかなかやり続けることは難しい…



AEDや、救急車が来るまで、
近くの人と交代しながら
行い続けます。



続いて、AEDを使った訓練です。



緊急時、AEDが手元に届いたら、
電極パッドを装着するなどの、
具体的な方法を
丁寧に教えてくださいました。


AEDと、胸骨圧迫を組み合わせて
練習してみましょう。

内容が内容だけに、先生たちからも
とても緊迫感が漂いました。










講師の先生が、近くでそのつど、
適切なご助言してくださいます。





私たちは、その一言一言を聞き漏らすまい…と、
肩に力も入りながら、
他の職員たちの練習も見守りました。






当園に設置してあるAEDです。
(使わなければならないことがありませんように…)



最後は、窒息の解除、異物除去の方法を
教えてくださいました。



見ているだけでは、簡単そうに映りますが、
これがなかなか難しかったです。

背部叩打法
 

腹部突き上げ法(ハイムリック法)



乳児の心臓マッサージの方法も
教えてくださいました。





様々なことを、実体験しながら
進めていきましたが、
大きな緊張感を伴う講習となりました。


講師の先生も、実際このようなことに直面すると、
緊張や焦りがあって当然!だと思うけれど、
人命救助のため、
『背中を向けずに一歩前に進む勇気を…』と、
話して下さったこともとても印象深く
心に刻まれました。



最後に熱中症の話もしてくださいました。

朝ご飯に頂く味噌汁一杯の効果、そして、麦茶も
ミネラルがたくさん含まれていていいですよ!と。



また、スポーツ飲料も悪くはないけれど、
粉末を1/2で溶いたものも、いいですよ、と。



あと、高温は留意しやすいですが、
合わせて多湿にも気を付けてください、
とのことでした。




大切な命を預かる幼稚園として、
身の引き締まる講習となりました。
たくさんのことを教えてくださった東消防署の岩﨑さん、
大変お世話になりまして、ありがとうございました。

2021オープンキンダーガーテン(第一回目)

カテゴリー: 全体, 未就園児, 行事

2021年 8月




幼稚園では、7月31日(土)
新型コロナウイルス感染症
拡大防止対策をとりながら、
2022年度就園年齢(2歳児)親子を
対象として、第一回目の園開放、
オープンキンダーガーテンを
開催しました。
 
 











三密を防ぐために、各クラスに
遊び場を設置し、自分のやりたい遊びから
始めていきました。





積み木や汽車、ままごとコーナー。
園に何度か遊びに来て下さっているお友だちは、
使い慣れた玩具にまっしぐら…



絵本を通して、おうちの方と
ゆったり語らう時間も
とってもステキでした。

 

 

 

 


魚釣りコーナーでは、子どもも大人も真剣(笑)

うまく釣れたかな~??







アイスクリーム作りでは、トッピングあり、
ダブル・トリプルの贅沢アイスあり…
なかなかおいしそうに作っていました。







戸外では、水遊びも楽しみました。
とても暑かったので、まさに水遊び日和(^_^)/







時間・人数制限をしながらの水遊びでしたが、
皆さんのご協力の甲斐あって、







短時間ではありましたが、
どの方も楽しく充実した水遊びの時間を
過ごして頂けたように感じます。





子どもの弾ける笑顔は最高!!
まさに、当園でとても大切にしているモットー
『いきいき のびのび どきどき』な姿でした。







ご参加いただきました方々、
本当にありがとうございました。

次回、8月21日(土)には、
二回目のオープンキンダーガーテンを
予定しておりますので、どうぞご参加ください!


お待ちしております!!(*^_^*)