咲いたよ、フジバカマ

カテゴリー: 全体, 年長

2021年 9月

朝、登園後の戸外遊びで、
「大変よ~」という子どもの声。




「どうしたの?」
「フジバカマが咲いてるんよ!」

「え?それは、大変!!」



「ええ??」
あちらこちらで、好きな遊びをしていた子どもたちが、
その鶴の一声(笑)で、一気に集まってきました。



「どこ?」「どこ?」「ここよ~」
「ほんとじゃ…かわいい~」


 

友だちの興味は、自分たちの興味へと
素早い速さで広がっていきました。





自分の植えたフジバカマはどうなってるかな?と、
見に行っていました。



みんな、自分の植えた場所もよく覚えていて、
小さな花を覗きこんでいました。





時間差で登園してきた子も、フジバカマに直行!



フジバカマの開花 = アサギマダラ(蝶)の飛来?
早くも、大喜びの子どもたちでした…が…




そんなに簡単にいくものでしょうか…(>_<)



アサギマダラさん、ここにきれいなフジバカマと、
生き物好きな子どもたちが待っていますよ!



どうかどうか、幼稚園に寄り道行ってほしい…
願うような気持ちです。

今日、園では、
今年度二回目のビオトープ観察会です。














朝顔製作(年少)

カテゴリー: 年少

2021年 9月

テラスの花壇に植えた朝顔が、ぐんぐん育ち、
開花を喜び、観察を楽しみ、



枯れた花を使っての、
色水遊びも楽しんだ年少さん




きれいな朝顔が、折り紙でも作れるんだよ…
と教えてもらい、「作ってみた~い」



四隅を、ピョンピョン、と折って…



中心部分に 白い模様を貼って…







葉っぱを貼っていくと…
花壇で見たのと同じような朝顔が…





仕上げは、クレパスで、たくさん伸びた
つるをグルグルグルグル…
 






思い描いたものが、形になる喜びを感じます。







やってみたい!という気持ちを大切にしながら、







いろいろな素材や用具に触れる
経験を重ねていく中で、

その扱いにも慣れてきました。







そういった活動の中で、
自分なりの表現が生まれます。





一人ひとりが伸びやかで、自由な表現を
大切に引き出していけたら、と
思っています。