トンボ製作②(年中)

カテゴリー: 年中

2021年 10月

ヤゴの観察をしたり、遊んだりを楽しんだ年中さん。
何トンボになるのか?想像しながら作ったトンボ!

今度は、そのトンボが、気持ちよく
飛び回れる
お空がいるね~~~





 二学期から始まったグループ活動。
そのグループのみんなが集まって
大きな空に仕上げていきました。



真っ青な空を飛ぶトンボもいいけれど…
今回は…赤と黄色の絵の具を用意して…

 



 

それぞれに塗った赤色と黄色とが、混ざり合って、
きれいな夕焼け空になりました。





夏の水遊びでも、混色遊びをしっかり
楽しんできた
年中さんです。

今回は、『描く』『塗る』中での混色の楽しさ…





友だちと一緒に混ざりあっていく過程を、
共に喜び合いました。





その様子を…同じ並びで生活する年長児が
ちらっと見たようです。





「先生、年中さん、
トンボと、夕焼けの空を描いてたよ!」

「作品展で、生き物の世界を作るんじゃない…?」

年中さんは年中さんで、年長児の怪しげな動き(笑)、
製作活動に、興味津々…

にわかに、作品展モードになってきましたよ…
どのような展示になるのか?楽しみです。



ヤゴの脱皮・トンボ製作①(年中)

カテゴリー: 年中

2021年 10月

年中さんの教室には、
ビオトープから、生き物を連れてきた、
ミニミニビオトープが置いてあります。



戸外のビオトープには、そこまで関心を
大きく示さない子も、
室内環境に置いておくことで、
興味が膨らんでくる子もおり、
毎日、子どもたちは、
観察をしています。






 
ヤゴがきれいに脱皮する様子を、
目の当たりにすることが出来ました。



脱皮したてのヤゴは、
透き通るようにとてもきれいで、

その美しさに、目を奪われているようでした。



ヤゴが、メダカを捕食している場面にも、
遭遇しました。
ヤゴも何かを食べないと、生きていけない…


 
このヤゴは、何トンボになるんかねぇ?
赤トンボかな?シオカラトンボかな?
それともオニヤンマ?



子どもたちは、このミニミニビオトープに
頭を突き合わせながら、
ヤゴの生長に、思いを馳せていました。







ヤゴは、どんなトンボになるのかな?
どんなトンボがいるとうれしいかな?







いろいろなことを思い描きながら、
トンボの製作をしました。







羽は、画用紙をはさみで切って作ったのですが、
慎重にきれいに切ろうとする姿が印象的でした。

 

最後に、羽や体に模様を描いて、完成です。





自分の作ったトンボには、思い入れもあり、
まるで、トンボの友だちができたような気持ちで、

 



仕上がったトンボを見せてくれました。

 



教室の、ミニミニビオトープの中にいる
成長途中のヤゴに、話しかける姿が…



お兄ちゃんトンボですよ~~



わたしは、お姉ちゃんトンボよ♡



まぁまぁ、大賑わいです。



自分の身近にいる自然物が、
子どもたちの製作意欲を掻き立ててくれました。

先生、トンボは空飛んでるから、空も作ってあげようよ~~
まだまだ活動は続いていきそうです。
(→つづく)