作品展の余韻③(年少・年長)

カテゴリー: 年少, 年長

2021年 11月

年少さんにとっては、少々難しかったかな?と感じた
今回の年長児『宇宙』というテーマの作品展でしたが、
作品展当日も、それはそれは、とても楽しそうに
作品鑑賞してくれていました。

今回の、初の作品展示部屋での遊びも、
どんなことがあるのか?10月のある日、
ドキドキとワクワクで
参加してくれた
年少さんでした。










年長児につれられ歩く年少さん、
それぞれのコーナーに行っても、
何をするのかは分かりません。









でも、このように遊びが進んでいくのは、
連れて歩いてくれる年長児、
惑星のところで待ってくれている年長児が、
きちんと説明をしてくれているからです。









説明で難しい時には、動きでやって見せてあげて、
やり方を示してあげている場面も。
年長児には、そんなことまで指導はしておりませんが、
しっかり役割を分かって動いていました。









年長児と年少児が、
直接的に関わることは少ないですが、

年少さんの背丈に合わせて、
年長児が身をかがめ、話したり手をつないであげたり、
とても親しみをこめて接していました。









球を投げたり、輪っかを投げたりするところでも、
事前研究がよくされて(笑)、改良しただけあって、
遊びにくそうにする年少さんもいなくて、
年長児、やった!と、満足そうでした。









































年長児、自分たちの作った宇宙の世界で、
年中・年少さんが楽しんでくれたことが、
自分たちの大きな喜びとなったようでした。



この、交流を通して、またひとつ、
どの学年も、それぞれに大きくなったようです。

作品展の余韻②(年中・年長)

カテゴリー: 年中, 年長

2021年 11月

年長児にとって、念願の作品展後の遊び!
(10月に行いました)

年長さん、今日は、頑張るぞ!と、
意気込みも満タンでした。


 











年中さんは、予告通り、
とても楽しみに待機してくれていて…
さぁ、年中さんは、年長児のペアが、
このスタンプラリーに案内してくれます。






人の多そうなコーナーは、後回しにして、
空いているコーナーを見つけて、
臨機応変に対応する年長児、さすがです。







どこのコーナーでも、年長児は、年中さんに
好きなスタンプを選ばせてあげたり、
遊び方を伝えたりして、
楽しそうに遊びが進んでいきました。

年中さんが、困って固まってしまうことのないよう、
ナイスサポートの年長児(^_^)v



 



年長児も、友だちと順番に交代しながら、
役割をしっかり果たしていました。

















出口を出たところでは、
プレゼントをもらえるコーナー。

このロケット転がし案は、年長児が、年少の時に、
恐竜の世界に招待してもらった記憶をたどり、
その経験をもとに、今回の遊び方になりました。
何を…?って、これを一番やってあげたかった!と
言っても過言ではなかった年長児です。



転がっていくロケットのプレゼントを、
とてもうれしそうにキャッチしてくれた
年中さん、年長児も満足そうでした。



今回のこの経験が、年中さんにも継承され、
年中さんの考えのヒントになれば…。

幼稚園では、先輩たちからいろいろなことが
継承され、後輩たちはそれをしっかり活かしながら
遊びを豊かなものにしています。

園の大事な文化です。





年中さん、楽しんでくれてよかったね!
次は年少さんだね!

作品展の余韻を味わいながら、
明日へ楽しみを繋いでいく幼稚園生活です。