年少さんのごっこ遊び

カテゴリー: 年少

2021年 11月

実りの秋と言われるだけあって、
園生活の遊びも、とても実ってくる時期です。

年少さんのお部屋では……、




黙々と、はさみで紙を切っている姿が。
実は、お月見のススキを作って遊んだ時に…
紙をジョキジョキ切る楽しさを味わいながら、





ススキが、「焼きそばみたい~~~」に
見えた子がいたようで…(笑)

担任が、いいタイミングで、食べものを作って遊べる
環境を整えてあげたいなと、思っていたようです。
 

作品展前に、持ってきてくれた
廃材も集まったことだし…と、

温めていた遊びができる環境を整えてみたところ、



パスタに焼きそば、素麺にうどん、
ありとあらゆる(笑)麺類が出来ていきました。





ちょっとした、カップを使うと、
ポテトもできました。
お花紙を丸めると、アイスやゼリーまでできました。





こ~んなに、お料理が出来ちゃった!
このお料理どうしたい??と投げかけると、
他の組の人たちに買いに来て欲しい!
という返答があったそうで…





早速、他のクラスの担任に持ちかけたところ…



うわ~~~い、お客さんだ~~~(^_^)/



年少さん、子ども同士の、
やりとりが始まりました。




外遊びの時にも、このようなやりとりが
ゼロではなかったのですが、


このように、コック帽まで身に着け、
お金まで持参して…のやりとりは初めて!





いらっしゃいませ~~~



  これ ください!!


楽しそう~~~

子どものやりたいと思うことは、
子どもだけの考えで、実現することは難しいこともあり、
ある程度のところまで、下準備を整えておくことで、
楽しい遊びへと展開されていきます。

この楽しかった遊びを通して、大きな経験を得ました。
今日、買い手だった組の子ども達も、
早速クラスに戻って~~~始まりました。



 

まねっこから始まった遊びでしたが、
アイスはダブルにしてみた~~~!(*^_^*)など、
自分なりの工夫も見られ、
新たな発想の中での
遊びが展開され始めていきました。






う~~~ん、こんなレストラン、行ってみたい(^_^)v

図書室、読み聞かせ 再開

カテゴリー: 未分類

2021年 11月

10月、緊急事態宣言も取り下げられましたので、
図書室での、ボランティアさんの
読み聞かせが再開しました。


(すくすくでの様子)






(在園児の様子)


















この日は、前半グループの保育参加もあり、
幼稚園に、少しずつ以前のような活気も
戻ってきたように感じました。

ボランティアさんも、子どもたちには、
「これ!!」という一冊を、渾身の思いで、
選んできて下さってきているのが、
良く伝わり、しみじみ有難さが伝わってきました。

読み聞かせボランティアさん、
本当にありがとうございます。