もうすぐ運動会!(年長)

カテゴリー: 年長

2021年 11月

年長児は、今年度が、幼稚園最後の運動会





という思いもあってか、
自分にあるだけのすべての力を注いでいるのでは?
と感じられるぐらい、熱い毎日を過ごしています。







作品展の時の、宇宙の興味に関する、連日の熱心さが、
すっかり、運動会モードに切り替わりました。







連日、リレーやつなひきの必勝法を考えたり、
自分の目当てを、日に日に引き上げたりして、
子どもの放つオーラは、とても眩しいです。







友だちと共に励んでいた鉄棒、
先に友だちができるようになった日、
出来ない自分に悔しくて、涙した子もあります。





リレーでは、転んだ痛みで、
バトンを持てずにその場で泣き崩れた子、
友だちに、クラスのために、
バトンを繋ぐ大切さを
知った日もありました。







バトン渡しがうまくいかなくて、
相手に大きな差を作られて
悔しい思いもありました。


 

たくさんの悔しさを味わいながらも、
来る日も来る日も、挑戦し続けている年長児



 
その原動力は何かな?とふと感じることがあります。



日頃の子どもたちの言動を見ていて、
『お家の人が見に来てくれること』ということも、
その原動力の大きな一因であると感じられます。

 

初めての観客は、すくすくの参加者の方々。
正面から、応援されることに、
照れくさいやら、うれしいやら、
ついつい、ほおが緩んでしまう子も多くいました。



でも、これが、
自分のお家の方であったとしたら…





……これ以上は、当日のお楽しみということで……
一生懸命で、健気な子どもたちの姿を見ていると、
汗ふきタオルが、涙吹きタオルに
なってしまう毎日でした。

当日、よろしくお願いします。

もうすぐ運動会!(年中)

カテゴリー: 年中

2021年 11月

年中さんは、昨年度の経験もあって、
運動会は楽しいもの!ということを知っているので、
当日がとても待ちどおしそうです。



 



9月のある日、年長児より、引き継いだバルーン、
大切にしていたはずのバルーンが、
ある日、何者かに(?)奪われ、
それを取り戻すために、自分磨きを頑張った年中児








階段ジャンプでは、跳んでみたい…でも怖い…
でも、できるようになりたい…
二段目、三段目を行き来しながら、
そのような心の葛藤も多く見られました。

やる気と元気とガッツで、階段ジャンプの
トレーニングもこなし、
バルーンが手元に戻ってからは、
バルーンを使って、運動遊びに精を出しました。








バルーンは、年中全員の力を合わせなければ、
思うようにきれいに膨らみません…

 



 



初めは、ただバルーンに触れて遊ぶことが
楽しかった
年中さんでしたが、
回を重ねるたびに、
シュークリームがうまく膨らまない…

パラシュートの技は難しい、うまくいかない…
ということも、思うようになりました。


 



年中の担任と、子どもたちとで、
上手くいく方法を先輩に聞きに行く姿もありました。









先輩は、そのコツを、しっかり伝授していました。
また、うまくいかずに転びながらも、
精一杯取り組む年中さんを
年長児は、とてもよく見ていました。


 



 

「これは、みんなの強い力が必要だからね…」
「シュークリーム(技の一つ)が、
ちょっとパンケーキだったね、残念」
などなど、うまくいかない姿が見えても、
その頑張りを、称えてあげていました。

 



そんな先輩に、見守られながら、
少しずつコツをつかんでいくようになった年中さんは、
開始早々と違って、
上手く膨らんでいくようになったことや、





みんなの力で、成功し始めたことを、
感じ取るようになっていきました。



(↓はじめは、このシュークリームも、本当にパンケーキのように平べったい形だったのですが、何度もやっていくうちに、膨らんでいくようになりました。)



 バルーンは簡単そうに見えて、
本当に多くの力が必要で、難しいのです。





このすこし難しいことへのチャレンジが、
楽しさと、満足感、そして、自信につながるのですね。 

年長の先輩!見ていてくれた?
上手くできるようになったでしょ(^_^)v

バッチリだよ、年中さん(*^_^*)



運動会当日は、一つ一つの技の取り組みに、
熱い拍手で、声援してほしい…と願っています。

もうすぐ運動会!(年少)

カテゴリー: 年少

2021年 11月

2020 東京オリンピックならぬ
2021 比治山うんどうかいが、
もうすぐやってきます。










子どもたちは、運動会が近づくのを、
指折り数え、楽しそうに待っているようです。







年少さんは、初めての運動会です。
運動会に向けて…というよりも、
日頃の遊びを、教室や、園庭、下園庭…
所を変えて、楽しんでいるという感じです。






その中で、年長児や年中児の姿を見て、
年少さんも、チャレンジの気持ちがむくむく…



 

「たんぽぽ(組)だけど、豚の丸焼きが
(鉄棒の技)できた!」と、

うれしそうに知らせてくれる年少さんもありました。





頑張る上級生の姿に触発されて、鉄棒……
やってみたのですね、すごいです。







また、「たんぽぽ(組)だけど……」という
言葉に込められた気持ち…





年少さん、大きくなりつつある自分を、
遊びを通して、感じ取ったのでしょうね。





大きくなりつつあるということ…、
自分で、自分をそう感じられること…、
集団生活を自分の力でしっかりと、
切り拓いているたくましさが見えたようでした。



運動会当日は、それも、併せて
感じ取っていただきたいです。