めざせ、オーレリアンの庭(年中)

カテゴリー: 全体, 年中

2021年 11月

幼稚園のビオトープ施行者カジオカL.A.の梶岡先生が
生き物好きな当園の子どもたちを見て、
10月、このような提案をしてくださいました。
 
『めざせ!オーレリアンの庭』



オーレリアンという言葉、
聞いたことあおりですか?

ラテン語に由来する言葉で、
『蝶を愛する人』という意です。






写真家で、切り絵作家でもあります
今森光彦さんが、
滋賀県琵琶湖を臨む田園に
『オーレリアンの庭』という名の
美しい庭を自ら作られています。












花が咲き乱れ、色鮮やかな蝶をはじめ、
たくさんの昆虫や鳥たちが集まる
他に類を見ないお庭






そのお庭を目指してみよう!!という試みです。



その第一歩として、今年5月、年長児が、
梶岡先生とフジバカマを植えて、
旅する蝶「アサギマダラ」を呼ぼうと奮闘しました。





今年一年では、到底難しかったことを、
次年度に引き継いでいこうと、
今回は、次年度に年長に進級する年中さんが、
いろいろな蝶の好む、植物を植えました。



草に栄養分をとられないように、
草除けのダンボールをかぶせておこう!



この花の苗がしっかり根付き、来年の春には
きれいな花々が咲き乱れ、たくさんの蝶が子どもたちに
舞いを見せてくれることを夢見ながら…





幼稚園にも、今森光彦さんのご著書があります。
子どもたちも、今森さんの本はとても好きで、
教室の本はボロボロになるほど、よく見ています。
図書室で借りて帰る子もいます。





梶岡先生、今までに、
この今森さんとのご交流もおありだとか…。


幼稚園の、オーレリアンの庭計画が、進んでいったら、
是非、今森光彦さんを当園にご招致して、
当園の『子どもオーレリアン』と交流したいな……
という願望を、密かに、心の片隅で抱いております(*^_^*)





梶岡先生、中川先生、今回もありがとうございました。









花の苗が、しっかり生き付いて来春、共に
オーレリアンとして、美しい蝶を一緒に見ましょう!