運動会ごっこ③(年少 年長)

カテゴリー: 年少, 年長

2021年 11月

年少児、
年長児の使っていたポンポンやつなひきには、

相当な憧れを持っていたようです。



年長児も、玉入れもやりたかった…
という声が上がっていました。


 







今回は、年少児と年長児の交流です。







運動会でも、作品展でも、
感じとられたとは思いますが、
年少児と年長児……

歳はたったの二歳しか違わないのに、
幼稚園時代の、二学年の差は、
とても大きいですね。










年長児は、体つきも、顔つきも、
まだまだとてもかわいらしい年少児に対して、









注意深く接してあげないといけないという気持ちも
持っているようで、年中児と接するのとは、
また少し違った優しさが見え隠れするようでした。







つなひきする年少児も、なかなか
いいフォームでははないですか(^_^)v

二年後には、見応えのある、
素晴らしい戦いをするようになるでしょうね!



年長・年少コラボの、にんじゃ体操です。







さすが、年少児、
自分たちの種目だっただけに、
自信満々に活動してますね(*^_^*)







さぁ、最後は、運動会で年長児の
種目だったポンポンですよ!













年長児に混ざり、一生懸命に走る年少児。











年少児、日頃、遊び慣れない場で、
しかも、大人数の中での活動に…
ちょっぴり戸惑う姿はあれど、







みんなと同じ場で楽しみたい気持ち、
やってみたい気持ち。
年少児も、運動会ごっこを通して、
さらに意欲も増してきているのではないかしら?





年長児も、入園当初は、
泣いたり、幼稚園に行き渋ったり…
ということも経験済み!

年少児も、入園当初の姿が、
遠い昔のように感じませんか?






運動会当日は、他の学年の種目を見合うことで、
大人も子どもも、学びの多かった運動会。

だからこそ、コロナ禍であっても、学年ごとの開催でなく、
幼稚園全体で、喜びも、楽しさも感動も共感し合える
『みんなで一緒のうんどうかい』にしたかったわけです。

幼稚園全体で、一つの目当てに向かって
『みんなで心をひとつにする』という経験が、
運動会後にも、このように、
滑らかにつながっています。




運動会ごっこ②(年中 年長)

カテゴリー: 年中, 年長

2021年 11月

この日は、年中児と年長児の交流に重点を置いて、
一緒に運動会ごっこをしました。









参加したい子が中心に進めていったのですが、
実際に参加していなくても、
うんていや、さくらの森から客観的に眺めて、
演技の評価(笑)をしている年長児もおり、
苦笑してしまいました。










しかし、運動会までも、運動会当日も、
自分たちの種目を客観的に見る機会はなかったので、
『見て楽しむ』というのも、
とても良いすごし方だなと感じました。

 



   

ポンポンの数の関係上、
ポンポンを1個だけ持って踊りをしました。

 





年長児にとって、
かっこいいと感じていたポージングは、
見ている人にしっかりと、

そのかっこ良さが伝わっていたようで、
年中児のポージングも、さまになっています。




 

隊形変化は、無理に行わなくて
よかったようなものですが(>_<)

年長児は、その動きにまでこだわり、
一緒になって楽しみたかったようです。





 
曲のテンポが速いので、
「音楽に(隊形変化が)間に合わなかったね…」
「むずかしいもんね…」
そんな言葉を交わしている年長児もいました。



異年齢で、肩を組んだり、





年長児のように、思いきり走ったり、
みんな良い表情です。







退場場面は、何となくしんみりモード…
この雰囲気まで、年中児は、年長児を
模倣していたように見えました。

 







運動会で、『心を合わせる』ということを
学んだ年長児。

来年は、年中さん!年中さんの出番だよ!!



そのためにも、年長さん、引き続き
年中さんに、ステキな後ろ姿を見せてあげてください!!




運動会ごっこ①(年少 年中)

カテゴリー: 年中, 年少

2021年 11月

秋晴れのつづいた11月
初めての運動会を経験した年少さん、
他の学年の競技・演技にも興味津々でした。

そこで、連日、北園庭に降りてきて…
他の学年と一緒に遊ぶ機会を設けました。







年中さんの海賊体操!!
年少さんの姿も、いさましいですよ(笑)







体も伸びやかで、いいですね~~~







運動会でもご覧になられましたように、
年少→年中→年長への身体の成長発達の差、
とても大きかったですよね。







この日は、年中さんと年少さんだけの
活動にし、どちらの学年も、互いに
伸びやかな活動になるようにしました。
(ここに年長さんが加わると、
勢いに押されてしまいますものね…)








年中さんの中に、上手に入らせてもらって
年少さん、
バルーンの楽しさを味わうことができました。











赤・白、好きな玉を持って…
玉入れをしました。

自分たちの種目だった玉入れやバルーンに
年少さんが参加することで、
年中さんからはどことなく、
先輩風が吹いているように感じとられました。





一緒に運動会ごっこをした後、
しばらく北園庭で過ごした年少さんでした。



あちらを見ても、こちらを見ても、
年少さんと、年中さんとの、



かかわりが生まれていました。



同じバス停のお友だちがまじわり、
友だちの友だちがまた、友だちになり、



じわりじわりと人間関係が広がっていくのも、
見てとれました。



大きな行事と、日々のささやかなかかわりと。
そのどちらもがあって、子どもたちの生活は
素敵に積み重ねられているようです。