プラネタリウム見学(年長)

カテゴリー: 年長, 行事

2022年 7月

6月下旬、
年長組の子どもたちが

指折り数えて待っていたプラネタリウム見学☆

天候にも恵まれ
張り切って出発しました!

子どもと先生だけで乗るアストラムラインは
ちょっぴりドキドキ。

車内は朝の混雑した時間で乗客も多かったです。
でも、子どもたちは公共の場ですごすマナーを

守ろうとする姿がありました。

たまたまそこに居合わせた卒園児のお母さん。
「懐かしいなぁ~」と言いつつ、
そっと子どもたちの体を支えてくださったり、

近くにいた方も「気を付けてね」と
そっとリュックに手を添えてくださったりしてくださいました。

緊張気味だった子どもたちの心も
見知らぬ人の温かさに触れ
ほぐれていったように思います。

こども文化科学館に到着したら
早速、プラネタリウムのお部屋に☆

投影が始まる前から
今か今かとワクワクしながら
期待している子どもたち。

中には部屋が真っ暗になることに
不安を感じている子もいました。

いざ始まると
星座、星の色、星の明るさ、星の大きさなどに
目を奪われ
薄暗くなっていくことに
怖さを感じている暇もありませんでした。

七夕の話しを聞いたあとで
彦星と織姫の星を探すクイズでは
先ほど聞いたお話を思い出しながら
一生懸命探す子どもたち。

いろいろなプログラムに
笑ったり、驚いたり、
30分の投影はあっという間に終わりました。
終了後も、少し余韻に浸りながら、
ドームの天井を見ている子もいましたよ。

その後は、お楽しみタイム♡
1階と2階の遊びコーナーで
たっぷり遊びました!

遊びながら
「なんで~なんかね?」
「これ、〇〇ってことじゃない!?」
なんてやり取りも聞かれました。
見たり、聞いたり、動かしたりして
科学への好奇心が膨らんだかな?

そして、楽しみにしていた
ピクニック弁当!

外で食べるって特別感が満載♡

食後は近くの広場で遊びました。
バッタを探したり
四葉のクローバーを探したり
ひたすらに走ったり
楽しい時間はあっという間。

帰りのアストラムラインは人があまりおらず
ゆったり座らせていただきました☆

無事に園まで帰ってきた時の
ホッとしたような子どもたちの顔♡
園外に出るというのは
楽しみでもあり、緊張感もあり…
私たちには計り知れないほどの
エネルギーを使ったことでしょう。

ミッション大成功!
子どもたち、おつかれさま☆