有々(ゆうゆう)の会

2019年 2月下旬
*この日は、保護者会講演会を開催いたしました。
保護者の方も有意義な時間が過ごせますように
という願いを込めての
有々の会(保護者会講演会)で、
保護者の方対象のお勉強会!です。

今回のテーマは、

「こども達に、語り継ぎたいこと」
  ~ 親からの贈りもの ~

講師の先生は、
比治山大学 現代文化学部 
子ども発達教育学科

教 授  川上 みどり 先生


子育てで大切なことは、
信頼できる愛着関係から…

というお話から始まり


就学前の保育・教育は「生活と遊びを通して」
~非認知的能力~ を育てることに
力を入れる必要があるとお話されました。

非認知能力とは:
心の部分と記憶する部分の相互作用
それは→生活と遊びを通した実体験から

そして、実体験に大切な4つの柱は…
 ・愛されること(安心なところ)
 ・遊ぶこと   
 ・寝ること(生活リズムを整える)  
    ・食べる事(命につながる:おとなが準備しないといけない)

「3つのT」と「三項関係」のお話 

保護者の皆様、とても熱心に聞き入っておられました。

 
 ★チューン・イン:子どもに注目する
 ★トーク モア:おとなが子どもの興味に沿って話す
(どれだけおとなが沢山のありがとうを届けるか・・・大切)
 ★テイクターンズ:子どもと相互に対話すること

子育て真っ最中の保護者にとって、
川上先生のお話は、とても興味深く
そして、柔らかくス~~~ッと
心に入っていかれているようでした。

親からの贈り物「お話を楽しむ」

耳から聞いて心地良いことが大切!とも
言われていましたね。

子どもは、
お腹の中にいた時からず~~と聞いていた

お母さんの声は特に大好きなはずですよ。

 途中、
日本昔話「寝太郎」の素話を
披露してくださいました。
この素話は、
市原悦子さんかと
思うほどで、

みなさんうっとりでした。
もっと聴きたかったですね。



最後に子育てのコツ…として、
いま、おとなが子どもに一番にしてあげること
:外で遊ぼう!!

まずは、親子で歩くことからはじめましょう!と
締めくくられました。

             



保護者のみなさま、
今できるところから、できることを早速

実践していこうとされる気持ちも
湧き上がられたようで、

保護者の日頃からの意識の高さが
感じられる有意義な時間でした。

講師の川上先生、貴重な時間を幼稚園のために
どうもありがとうございました。

コメントは停止中です。