年中組 季節を感じて・・・

2019年5月

ダンゴムシやバッタ、てんとう虫など
日頃の遊びでも虫探しを楽しんでいる子どもたち。

そんな年中組の部屋に迷い込んだてんとう虫・・・
その背中は真っ白で、模様も色もなく、とっても悲しそう。

子どもたちはそんなてんとう虫を見て
「模様、つけてあげるよ!」「かわいくしてあげる~」
クレパスと絵の具を手に大張り切り!

まずはクレパスで模様をグルグル~

その上から絵の具を塗りました。
「クレパスが消えない!」「絵の具をはじいてる~~」
描くだけではない楽しさも発見!

後日、足や顔をつけて、完成♡
模様も色も十人十色・・・素敵なてんとう虫ができましたよ。

それから数日・・・
食べるものや、お家があると喜ぶのでは・・・と
絵の具でクローバーやピーピー豆の草など描きました。

丸をいっぱい描いてクローバーにしようっと♡

長い草があったら隠れられるかな?

イメージしたことを伸びやかに
思い思いに表現していく子どもたち。

絵の具ならではのダイナミックさを楽しみながら
完成させました。

最後の仕上げ♡

クレパスでダンゴ虫やバッタ、アリにちょうちょなど
てんとう虫の友だちや家族(?)を描いたり

虹や迷路、お日さまに雨・・・
てんとう虫が今にも動き出しそうな雰囲気です。

自信満々に作品を持ってくる子どもたちの顔はキラキラ輝いています☆
自分が作ったものを「いいのができた♡」と言えるのっていいなぁ・・・
そこに共感してくれる人がいる嬉しさも
しっかり感じながら過ごせるようこれからも支えていきたいです。

コメントは停止中です。