芸術家の年長さん(パート2)

2019年 7月
年長児の製作に取り組む表情・姿勢・心…は
いつもとても素敵で、

ついつい小さな芸術家…と
呼んでしまいたくなります。


6月にも、収穫野菜の玉ねぎを描いた年長さん
https://www.hijiyama-u-youchien.jp/dekigoto/?p=19471

今回は、グループごとに植えていた夏野菜
https://www.hijiyama-u-youchien.jp/dekigoto/?p=18001

とてもたくさん
収穫できたので、
早速絵に描いて
見ることにしました。

『よ~~~く見て描く』



 


さぁ、下書きができたら…
色付けをしていこう!!

 
きゅうり・ナス・ピーマン…
スーパーでは、見ることのない
大きなお化けきゅうりや、クネクネきゅうり…


描いていく中で…塗っていく中で…
まだら模様に気付いたり、
いぼいぼがあることが見えたり、
  

「よく見て描く」ことを通して、
今まで見えていたようで
実は見えていなかった部分にまで
気付きもあったようです。
 
最後は、前回に準じて紙の空きスペースに
作品の出来上がりをしるし、
自分の作品であることを表わす落款印…


いつもは、元気印いっぱいの年長児ですが、
神経を研ぎ澄ませながら
表現に取り組む子どもたちの姿からは、
無音の息遣いが響いてきます。

 
どんな遊びを通しても、
子どもの熱中度・夢中度が感じられる年長児です。

コメントは停止中です。