年長お泊り会 その3

2019年 7月
年長お泊り会 一日目夜

親元から離れて寝ることを
初めて経験する子もおり

なかなか寝付けなかった子や、
お家の方に会いたくなった子もいました。

それでもちゃんと、朝はやってきました!!
「お~~~い、朝ですよ~~~」

「よく眠れた??」 「全然寝れんかった…」
(よく寝てたじゃない…(笑))

小鳥のさえずりと共に(CDです(笑))
目覚めた子どもたち



早速、身支度を始めていました。

誰が何を言ったわけでもないのに…

自ら主体的に…友だちの姿も見ながら…
使っていた寝床をきれいにしていきました。


朝の挨拶の係の人です。

「みなさん、おはようございます」
「よく眠れましたか?」

「今日も一日、頑張りましょう!エイエイオー!」

朝のラジオ体操です!!


朝ご飯の係の人が準備をしてくれました。

では、みなさんいただきます!!

「お泊り会、どう??」 「めっちゃ楽しい!」
 
朝食には、クリームパンにヨーグルト、
それに…

昨夜のカレーとおにぎり…盛りだくさん

朝からみんなよく食べました。


朝食の後は、フリータイム!
自分の好きなことをして
ゆったり過ごしました。



 
ドキドキだった一夜を無事に過ごし、
無意識に安堵感も出てきたのでしょうか、
家庭のようなリラックスした雰囲気が
漂っています。





一学期で転園になる友だちがいます。
みんなでお別れ会をしました。

みんなで一緒に映画を見て、

NHKソング『パプリカ』でのダンス大会

ステージに上がっちゃう子まで…




退園のお友だちに、
一人ずつ言葉をかけたりハグしたり

  

お引越しは、
とっても寂しいのだけど、
一学期最後の一大イベントを
みんなで一緒に乗りきれたことは、
とても大きな心の宝物です。

さぁ、身支度を整えて、
お家の方のお迎えを待ちます。

 
一緒に過ごした先生たちも
とても楽しかったよ!


あっという間の一泊二日のお泊り会でしたが、
一回りも二回りも大きくなった子どもたち!
お家の方の目に
子どもの姿はどう映るでしょうか?



夜中に目が覚めて
「お母さんに会いたくなっちゃった」

と言った女の子
 
「ごめんね、今日は先生で我慢してね…」と言うと
「うん、夢で逢う…」と
自分に言い聞かせるかのように呟き、

眠りについた場面もありました。

子どもにとっては、一言では言い表せない
色々な心情体験をたくさんしたように思います。



楽しい・嬉しいばかりではないその気持ちも、
子どもの心をとても
大きくしてくれたのでは…
と、感じています。




最後におうちの方々と共に、
星空をもう一度見ました。

子どもにとっては昨夜の見え方とは、
また違った見え方だったのでは…

子どもたちの充実したお泊り会になったのも、
保護者の方々のご協力あってこそです。
本当にありがとうございました。
    
       
      

コメントは停止中です。