作品展に向けて(年中組②グループ活動)

2019年 10月
年中さんでも、グループ活動が始まっています。

クラスでは、同じグループの友だちと、
食事前のテーブル拭きをしたり
お弁当の挨拶をしたり、という活動から…

そこで、今回の作品展示でも、
グループのみんなが集まって
活動してみることにしました。


いつも、あまりまじわることの少ない友だちとも、
接する機会になればいいなという教師の願いをもって
構成しているグループのメンバー



これらの遊びや、生活を通して、
友だち関係が広がっていくといいなと考えています。

 

まだまだ年長児のように、
『考えを出し合う』というような

活動まではいきませんが、


「ちょっと寄ってね!」とか、
「〇〇ちゃん、こっちおいで!」などなど、
友だちを思いやりながらの
活動にもなっていたようです。



同じ紙に一緒に絵を描いていく中で、
友だちの描く絵に感心したり、
楽しくて笑い合ったり…



個人製作では、感じとれない様々な思いも
経験しているようです。


こうやって、年長児のような
協同での活動が進めていけるようになるのですね!
その第一歩です!!!

コメントは停止中です。