年長さん、本番に備えて(大学の先生ありがとう)

2019年 11月

年長組では、焼き芋会に向けての活動を
実習の大学の先生と共に進めて来ていましたが、
実際の焼き芋会当日は、実習が終わっています。


焼き芋会を見ることの出来ない大学の先生のために
焼き芋会本番前に、年長児だけで
焼き芋ごっこをしてみようということになりました。


「おイモはどうやって作る??」
折り紙での作り方を
大学の先生が教えてくれました。



二枚の紙を使って、ふたを外すと、
中身が出てくるという仕組み…面白い!!



「ここは、こうやって折るんだよ…」
こういった子どもの姿…愛おしいです。


形が折れたら、
ほっくほくのおイモらしくするために、

マーカーで色付けしましたよ!


ん~~、まるで安寧イモ(笑)


さぁ、いよいよ年長児、
焼き芋屋さんごっこの開始です!!
買い手はもちろん、大学の先生!!


年長児も順番に売り手になりました!


一週間、共に過ごしてきた子どもたちが、
自分たちのために店を開き、
おイモを売ってくれる…



大学の先生は、とてもうれしそうでした。 



(大学の先生とは、今日でお別れなんだな…)
楽しい活動の中に、子どもの心にも、
学生さんの心にも、何だかちょっぴり複雑な
鼻の奥がツンとくるような
焼き芋屋さんごっことなりました。




子どもたちの心の込もった焼き芋は、
きっと今までに食べたことのない
幸せの味がしたことでしょうね。
学生さん、ステキな先生になってくださいね!
そして、一週間、実習お疲れ様でした。

コメントは停止中です。